当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

肥後象がん・彫金

肥後象がん・彫金のご紹介

肥後象がん・彫金

肥後象がん

肥後象がんは、江戸時代初期に肥後藩主に仕えていた鉄砲鍛冶が銃身や刀の鍔に象がんを施したことに始まるとされ鉄地に金、銀をはめ込み、さまざまな模様を描きだす工芸品です。

現在では、布目象がん技法でペンダントやネクタイピンなどの装飾品を中心に製作され、盛り上がりのある重量感と鉄地の美しさが特徴です。(国指定の伝統的工芸品)

指輪やペンダント、ストラップなどの体験ができます。

工芸体験の講師

東 清次 カテゴリー肥後象がん

稲田 憲太郎 カテゴリー肥後象がん

坂元 光香 カテゴリー肥後象がん

麻生 翼 カテゴリー肥後象がん

体験作品

日替わり体験・実演 カテゴリー