50号 2017年(平成29年)3月20日 新連載「かわしり遍路」

一隅を照らす 此れ則ち国宝なり

 

西大翁(西輝喜先生)に続いての執筆を依頼されたものの、小生は文才もさることながらこれといった識もなく、承諾したことを悔やむ日々が続いた。  

昨年の熊本地震が、数百年の時を刻み続けた十五指を超える川尻の仏閣に甚大な被害をもたらし、川尻の寺々の悲惨な状況に驚愕、私は世界文化遺産の比叡山延暦寺詣に出かけた。

眼下に古都、京都の街並みと琵琶湖を一望する比叡山は、「世の中に山てふ山は多かれど、山とは比叡の御山(みやま)をぞいふ」と崇め詠まれていますが、織田信長による焼き討ちでも知られます。

古代より大山咋神(おおやまくいのかみ)が鎮座するとされたこの比叡山に延暦七年(788)、(でん)(ぎょう)大師(だいし)最澄(さいちょう)上人(しょうにん)が草庵(一乗(いちじょう)止観院(しかんいん))を創建しました。そして、上人の没後の弘仁十四年(824)元号「延暦」を寺号として賜ったのです。以来、延暦寺は国家安泰と人材養成の道場となり、鎌倉時代に入ると日本仏教各宗派の禅師を輩出しました。

 比叡山まではいくつものルートがあるが、私は京都から京阪電車、叡山電車そして急勾配を上る叡山ケーブル、叡山ロープウェイと幾つもの駅を乗り降りして山頂を目指した。

 最盛期には三千余の堂塔があったと伝えられる比叡山延暦寺(現在は百五十余の堂塔)は、山の東に東塔(とうとう)、西に西塔(さいとう)、北を横川(よかわ)という三つの地区に分け、それぞれが本堂を持つ三塔と呼ばれています。

 これら三塔にある各禅師の年譜を見てみますと、天台宗の祖・伝教大師最澄(767~822)相應(そうおう)和尚(おしょう)831~913)、慈恵(じえ)大師(たいし)(912~985)、中略、浄土宗の開祖・(ほう)(ねん)上人(しょうにん)(1133~1212)、臨済宗の祖・栄西(えいさい)(ぜん)(1141~1215)、浄土真宗の祖・親鸞(しんらん)聖人(しょうにん)(1173~1262)、曹洞宗の祖・道元(どうげん)禅師(ぜんし)(1200~1253)、日蓮宗の祖・日蓮(にちれん)上人(しょうにん)(1222~1282)等ほぼ同時期に各宗派の禅師を輩出し、日本仏教文化の隆盛期を創ったとされます。

 総本堂の根本中堂(こんぽんちゅうどう)内の壁面には、伝教大師聖訓(天台法華宗年分学生式)が記されています。「国宝とは何ものぞ 宝とは道心なり 道心ある人を名づけて国宝となす」 故に古人言う経寸十枚、是れ国宝に非ず「一隅を照らす 此れ則ち国宝なり」とあります。

「ひとり一人が思いやりの心を持って、一隅を照らす人になる。ひとり一人が相手の立場に立って考え、自分のできることを精一杯行う。そのことが周りを良くすることになる」ということでしょうか。

 比叡山堂めぐりは、一万五千歩を超え、疲労困憊で足取りは重かったが、川尻町と寺社の復興祈願を終えた私の心は軽かった。次号からは、川尻の仏閣訪ね歩きを記したい。

※伝教大師最澄上人 767年に現、滋賀県大津市坂本に生まれ、得度の後14歳の時、最澄の名を頂いたと言われる。一乗止観院を建立し「仏の教えが永遠に伝え続けられる」ことを願い、灯明を供えました。この灯明は大切に受け継がれ、今日も「不滅の法灯」として燦然と光り輝いています。804年、桓武天皇に願い出て、(げん)学生(がくしょう)として中国に渡り、現、浙江省の天台山の各寺院で禅の教えを受けます。同時期に日本に仏教を伝えたもう一人の高僧がいます。高野山を開いた真言宗の弘法大師(空海)です。二人の友愛と決別は余りにも有名ですが、比叡山はこのような古の歴史を私たちに語り掛けてくれます。

                                   荒金 錬一

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。