秋の宵を楽しむ 磁器とあかり展

 


 

 

 

日 時 平成30年9月1日(土)~10月21日(日)午前9時 ~ 午後5時                                      

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容 秋の宵のひと時を磁器と和のあかりで楽しみませんか。天草の高浜焼や波佐見焼、有田焼、鍋島焼など九州の磁器が勢揃いします。

 また、西嶋和紙(山梨県)の凸凹模様の卓上ランプをはじめ、竹や木、かずら、ひょうたんなどの美しいあかりが秋の宵を彩ります。さらに、お彼岸に欠かせ ない和ろうそくや創作キャンドルなどをあわせて出品します。

 

入場料 無 料

 

 

出 品   

◆磁 器

○天草白磁器 … 高浜焼 寿芳窯 / 熊本県 

○有田焼 … 有限会社 大日窯 / 佐賀県  

○鍋島焼 … 鍋島虎仙窯 / 佐賀県

○波佐見焼 … 永峰製磁株式会社 / 長崎県 

 

◆照 明

一般社団法人くまもと工芸協会 / 熊本県

   ○木 工 … 島田 敏和 

   ○竹工芸 … 沖 靖幸、園田 陸海

   ○かずら … 村上 由美子

                    

○生野(ぐみの)らんぷ … ニョマン・サカ、松本 雅代 / 熊本県

○水俣和紙 … 水俣浮浪雲工房 金刺 潤平 / 熊本県

○西嶋和紙卓上ランプ … なかとみ和紙の里 / 山梨県

  

◆キャンドル

○上村 敏子、内野 隆 / 一般社団法人くまもと工芸協会 / 熊本県 

 

◆和ろうそく

○株式会社 小大黒屋商店  大津 伊平  / 福井県

 

             

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。