今昔着物と古布展


内容
日本の染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わってきました。
今回は、結城紬・大島紬・久留米絣、他、日本各地の染めと織りの着物を中心に展示いたします。
また明治期の筒描をはじめ、明治から昭和初期にかけての絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、
着れる着物・帯からリメイク用着物まで約300点を展示即売。
手間と思いを込められた手づくりの温かみのあるものたち。
そこには年を経て色褪せても、失われない深い味わいがあります。
ぜひご覧下さいませ。


*場所 くまもと工芸会館 企画展示室「創」
    熊本市南区川尻1丁目3-58
    TEL 096-358-5711

*期日 3月25日(水)~29日(日)
     10:00-17:00(最終日15:00迄)

*連絡先 福岡県太宰府市宰府5-16-18
ククル 中島貴利092-555-3323
          090-4999-1352

 

 

筑前博多の伝統工芸品展


                                                         

会 期    平成27年 2月25日(水) ~ 3月 8日(日)
        午前10時 ~ 午後5時まで (最終日は午後4時まで)                                      

主 催    熊本市くまもと工芸会館

共 催    はかた伝統工芸館

協 力    博多織工業組合、博多人形商工業協同組合、博多伝統職の会    

会 場    熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

 

 

 

内 容     くまもと工芸会館とはかた伝統工芸館の交流事業『筑前博多の伝統工芸品展』を開催いたします。この展示会は、国指定の伝統的工芸品の博多人形や博多織をはじめ、博多鋏、博多独楽、 博多張子、博多曲物、マルティグラスなど昔から博多で育まれていきた工芸品約200点を集めた作品展です。


出 品   国指定の伝統的工芸品
○博多人形      ・・・    博多人形伝統工芸士会
○博多織        ・・・     博多織工業組合

       福岡県特産民工芸品
○博多独楽     ・・・    筑紫 珠楽
○博多張子     ・・・    河野 正明、三浦 隆
○博多曲物     ・・・    柴田徳商店
○博多鋏       ・・・     高柳 晴一
○マルティグラス  ・・・     有限会社マルティグラス  

 

 

 

 

 

第三回 小代焼春陶祭


 

会期    平成27年2月17日(火)〜22日(日)
         午前10時〜午後5時 (最終日は午後4時まで)

会場    熊本市くまもと工芸会館
         熊本市南区川尻1丁目3−58

主催    小代焼窯元の会

内容     小代焼は寛永9(1632)年に細川忠利が豊前国から肥後国に転封となり、同行して来た牝小路源七(牝小路家)と八左衛門(葛城家)が小岱山に窯を開いたのが始まりと言われており、鉄分の多い小代焼粘土を使います。藁灰、木炭、長石などを使った上釉を「流し掛け」して、1,300度の高温で焼き上げる技法が特徴です。
今回は、『生活を楽しむ』をテーマにした12窯元の作品展です。小代焼の温かみのある茶碗や湯呑みなど作品約2,000点を展示・販売いたします。
期間中、福袋や小代焼の器での「おもてなし」を企画しています。

【 企画内容 】 
・暖の器  ほっこり温かくなる暖の器コーナー
・福袋 1,000円(数量限定)  2,000円以上の品が入っている福袋
・おもてなし 小代焼の器で、お茶とお菓子でおもてなし

【小代焼窯元の会】
平成14年    小代焼窯元の会発足
平成15年    国の伝統的工芸品の指定を受ける

【 会 員 】      
小代焼 ふもと窯    井上 泰秋
小岱焼  しろ平窯    城島 伸明
小岱焼 末安窯        末安 英介
小代焼 太郎窯        福田 安
小代焼  中平窯        西川 構生
小代     瑞穂窯        福田 るい
小代本谷 ちひろ窯    前野 智博
小代焼    岱平窯        坂井 理知子
松風焼    野田窯        野田 義昭
小代焼 一先窯        山口 耕三
小代焼 たけみや窯    近重 眞二
小代焼 松橋窯        長木 實

≪問い合わせ先≫
春陶祭実行委員会   代表 小代焼たけみや窯  TEL 096-285-7563

 

2015 川尻月間


 

「川尻月間」
  川尻月間は、熊本市内の伝統的工芸及び工芸産業の振興と川尻校区のまちづくりの核として建設された「くまもと工芸会館」と地域の団体等が連携し、例年、2月に開催される「和菓子とのふれあい工房」から、3月に開催される「かわしりの酒蔵まつり」の間の期間を「川尻月間」として位置付け、川尻校区に今も残る町並みや史跡などを活かした催しを、その期間中、リレー形式で開催するもので、平成13年に始まり、今回が15回目です。
 川尻月間は、この期間中に開催される催し物を通して、熊本市にある工芸や伝統的工芸及び川尻校区の魅力を再発見するとともに、川尻校区の活気と魅力あるまちづくりを推進することを目的としています。

期 日:平成27年 2月 7日 (土)~ 3月 8日(日)
 
主 催:川尻月間実行委員会 

共 催:熊本市くまもと工芸会館

後 援:川尻校区自治会連合会、熊本市南部地域歴史研究会、開懐世利六菓匠、川尻六工匠、瑞鷹株式会社、川尻商店街連合会、川尻校区婦人会、加勢川開発研究会、川尻青年協議会、くまもと工芸協会、川尻文化の会、その他川尻校区諸団体

 

 

 

●和菓子とのふれあい工房2015 (開懐世利六菓匠)
 と き : 2月7日(土)・8日(日)10:00~17:00
 ところ : くまもと工芸会館 2F特設会場
 内 容 : 今年は「くまもとの彩」をテーマに行います。工芸菓子や盆景の展示、和菓子づくり実演・販売、茶席などを設けます。

 

           
●「南園太鼓」 (県立熊本農業高校)
 と き : 2月7日(土) 12:00~12:30
 ところ : くまもと工芸会館 中庭
 内 容 : 南園太鼓部は平成元年に発足し、今年で26年目を迎えます。 今回は川尻月間のオープニングとして1年生と3年生が主体で4曲を演奏いたします。

 

●加勢川川下り (加勢川開発研究会)
 と き : 2月7日(土)・8日(日)、3月8日  / 3日間  13時 ~ 15時  
 ※ 3月8日 10:00~、12:00~、14:00~
 ところ : 国史跡船着き場跡   ※要予約
 内 容 : 国史跡船着き場跡から中無田閘門まで往復3kmの川下りを行います。
        乗船料:大人500円、小学生以下無料
        ※雨天時は中止になります。(当日午前8時に決定)

 

●川尻史跡めぐり (熊本市南部地域歴史研究会)
 と き : 2月8日(日)、22日(日)、3月1日(日) / 3回    10:00~12:00
 内 容 : 川尻のまちなみや史跡を南史会会員の案内で散策します。
        ※事前の申し込み(くまもと工芸会館)が必要です。
         ※天候によっては中止します。(当日午前8時に決定)

 
●もっこすファイヤーと一緒に川尻寺めぐり(川尻商店街連合会) 
   と き : 2月8日(日) 9:00~11:30 
   ところ : 川尻地区・杉島一帯    ※くまもと工芸会館集合         
   内 容 : 川尻と杉島のお寺をめぐります。川尻お寺マップ使用。
          参加費:500円 / 1人 ※事前予約要
     受付:熊日川尻販売センター TEL 096-357-0211
     ※天候によっては中止します。(当日午前8時に決定)

●川尻漫才キッズ×よしもと住みます芸人 ドリームライブvol.2(川尻商店街連合会) 
 と き : 2月8日(日) 14:30~16:30 
 内 容 :九州の住みます芸人と地域の子供達による漫才
        中学生以上 1,000円 、 小学生以下 無料
       受付:熊日川尻販売センター TEL 096-357-0211 

 

●夢づくり体験学習 (城南中学校区さわやか推進協議会)
 と き : 2月11日(水・祝) 9:45~12:00
 ところ : くまもと工芸会館
 内 容 : 熊本市中学生地域交流推進事業の一環で、川尻小・城南小の児童たちが、ものづくりに挑戦します。

●日本建築の語り (川尻六工匠)
 と き : 2月11日(水・祝) 14:00~15:30
 ところ : くまもと工芸会館 2F 企画展示室
 内 容 : 大改造!!劇的ビフォーアフターの裏話。2014年11月2日に放映された三角町荒川邸の劇的ビフォーアフターを施  主荒川氏と匠が一年間の顛末と裏話を語る。

●川尻をどり (川尻をどり実行委員会) 
 と き : 2月15日(日)14:00~
 ところ : くまもと工芸会館 2F 企画展示室     
  内 容 : 子供たちによる本格的な日舞おどりの公演。川尻のお囃子、舞踊教室の子供たちが出演。  入場料:無料

第三回小代焼春陶祭 (小代焼窯元の会)
 と き : 2月17日(火)~ 22日(日)10:00~17:00
 ところ : くまもと工芸会館 2F 企画展示室
 内 容 : 小代焼の12窯元による展示販売会。

●JR酒列車 (JR九州)  
  と き : 2月22日(日) 
 内 容 : あったか温泉と日本酒を楽しむ特別列車、阿蘇地の旅  JR川尻駅発 
              午前8時30分頃 出発  大人:6,500円

筑前博多の伝統工芸品展(くまもと工芸会館)
 と き : 2月25日(水)~ 3月8日(日)10:00~17:00
 ところ : くまもと工芸会館 2F 企画展示室
 内 容 : 福岡県博多の伝統的工芸品の作品展を開催

博多人形の絵付け体験
  と き : 2月28日(土)・3月1日(日)  10:30~  13:30
 ところ : くまもと工芸会館 1F 実演工房
 内 容 : 博多人形やうさぎなどの絵付け体験。 体験料:1,000円    

●「うららコンサート」 (川尻小学校音楽部)
 と き : 2月28日(土) 11:00~12:00
 ところ : くまもと工芸会館
 内 容 : 川尻小学校音楽部の発表会。ルネサスSKY吹奏楽部が友情応援。

●JRウォーキング (JR九州)
  と き : 3月8日(日)8:30~15:00
 内 容 : 恒例となったオリエンテーリング形式の川尻ウォーキング

●臨時郵便局 (日本郵便㈱川尻郵便局)
  と き : 3月8日(日)11:00~15:00(受付終了 14:30)
 ところ : 瑞鷹 川尻本蔵  ※酒蔵まつり
 内 容 : 記念切手やはがきの販売、ゆうパックの引受も行います。

 

          
●川尻の酒蔵まつり 2015 (川尻の酒蔵まつり実行委員会)
 と き : 3月8日(日)11:00~15:00(受付終了 14:30)
 ところ : 瑞鷹 川尻本蔵、他
 内 容 : 「酒蔵まつり」は川尻月間の最後を飾るフィナーレ。川尻を満喫できる食と風土の祭典。

 

くまもと工芸会館 年末年始休館のお知らせ


 日頃より 熊本市くまもと工芸会館をご利用いただきありがとうございます。当館は下記期間は休館いたします。ご迷惑をおかけしますのがよろしくお願いいたします。

休館期間:12月28日(日)~1月5日(月)

※1月6日(火)より通常どおりの開館となります。

 

 

2015 雛 人 形 展


           

期間   平成27年 1月 7日(水)~ 3月 1日(日)
      午前9時 ~ 午後5時

会場   熊本市くまもと工芸会館 1階 常設展示場

主 催  熊本市くまもと工芸会館

内 容  
 女の子の健やかな成長を願い、雛人形を飾って祝う雛まつり。熊本の工芸作家が創る上品で美しい木目込人形や刺繍糸で雛人形をかがった肥後てまりなど約50点を展示します。
 また、福岡県の国指定伝統的工芸品の博多人形や鳥取県の流しびなもあわせて出品します。

出 品  
○一般社団法人 くまもと工芸協会(熊本県)
 
 陶 芸 ・・ 前田 和(蒼土窯)、岩本 久美恵(千金甲窯)
 肥後てまり ・・ 鶴田 美知子
 木目込人形 ・・ 福田 博子
 陶人形 ・・ 池田 尚子
 押 絵 ・・ 浜田 和代
 染 色(布) ・・ 高津 明美      
 手描き友禅 ・・ 内空閑 円子
 パッチワーク ・・ 前田 澄子
 藍 染 ・・ 福永 幸夫 
 七 宝 ・・ 和田 鈴子、鷹端 璃未(七宝・彫金)
 ステンドグラス ・・ 寺尾 清見、丹 美保子、秋永 尚子
 革工芸 ・・ 出 玲子
 キャンドル ・・ 上村 敏子

 博多人形 ・・ 博多人形商工業協同組合(福岡県)

 木工立ちびな・流しびな ・・ 信夫工芸店(鳥取県)
      

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。