ペルシャ絨毯 & キリム展
~2014年 Autumn Sale~


会期   平成26年11月19日(水)~24日(月・祝)
      午前10時~午後5時 (最終日は午後4時まで)


会 場  熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催  有限会社シャディ・ベア

 

内 容  ペルシャ絨毯がある生活は、日常と芸術を繋げ、悠久の歴史と今を、そして世代を重ねた家族愛を繋いでいきます。それこそが本物の証でありペルシャ絨毯が愛される所以です。
 この秋、皆様にシャディ・ベアのコレクションを幅広くご覧頂きたく、遊牧民絨毯や有名工房の逸品などを多数揃えました。遊牧民絨毯はギャッペをはじめ、新着の絨毯を多数ご用意しております。また、展示会ではペルシャ絨毯の目利きの方法や産地、使い方まで丁寧にご説明いたします。この機会にシャディ・ベアのペルシャ絨毯への愛を皆様に繋いでいければ幸に存じます。

 

 

≪問い合わせ先≫
有限会社シャディ・ベア
東京都江戸川区小松川1-5-10
TEL 03-5609-5976
E-Mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

 

 

 

 

国指定の伝統工芸品 肥後象がん展


会 期   平成26年11月17日(月)~12月2日(火)

       午前10時 ~ 午後6時 (初日は午後1時から)

主 催   はかた伝統工芸館

共 催   熊本市くまもと工芸会館

場 所   はかた伝統工芸館 1階 企画展示室
       福岡市博多区上川端6-1

内 容    

 肥後藩主細川忠興が奨励し刀の鐔や刀装金具類の製作から始まった肥後象がんは、重厚で美しい図柄の香合や文鎮、現代のニーズに合ったアクセサリーなどの作品があります。
今回の展示会は、布目、彫り込み、据紋象がんの三技法でつくった瓢箪の香炉をはじめ、ネックレスやネクタイピン、ストラップなど約80点を展示・販売いたします。また、会期中、肥後象がんの実演を行い、肥後象がん職人の技を是非ご覧頂きたいと思います。


≪ 出 品 ≫ 
一般社団法人 くまもと工芸協会会員 7人
○河口 知明
○東  清次
○大住 裕司
○坊田 透
○稲田 憲太郎
○坂元 光香
○麻生 翼

 

≪肥後象がん実演日程≫  午前10時 ~ 午後4時

11月17日(月)  坂元 光香
11月18日(火)  坂元 光香

11月22日(土)  麻生 翼
11月23日(日)  麻生 翼
11月24日(月)  麻生 翼

11月29日(土)  稲田 憲太郎
11月30日(日)  稲田 憲太郎

   注、11月17日(月)の実演は午後1時からです

 

姫路革かばんと工芸バッグ展


 

会 期  平成26年11月12日(水)~16日(日)
       午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時まで)

場 所  熊本市くまもと工芸会館   熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催  熊本市くまもと工芸会館

内 容   姫路革かばんとバッグ展は、古来より皮革産業が盛んだった姫路の江戸時代~明治時代にかけてつくられた皮革かばんと現代の工芸作家のバッグをコラボレーションした作品展です。
姫路市の林 久良氏の収蔵品「鯉図かばん(手乱下げ)」は、日本最初のかばんと言われています。バッグの愛好者にとっては、歴史的貴重なかばんを見ることが出来るまたとないチャンスです。また、現代の工芸作家がつくる革や竹、羊毛でつくったバッグなど約30点もあわせて展示・販売いたします。

出 品  姫路革コレクション / 林 久良(兵庫県姫路市)
     竹工芸  / 別府竹製品協同組合(大分県) 国指定伝統的工芸品
     姫路革細工 / 有限会社キャッスルレザー(兵庫県) 兵庫県伝統的工芸品
     優佳良織 / 北海道伝統美術工芸村(北海道旭川市) 
   
     一般社団法人 くまもと工芸協会 / 熊本県
     ・布工芸・・福永 幸夫(藍染)、上野 良子(染織)
     ・肥後革ローケツ染め・・牧野 利枝、梅林 富美子、中野 るみ子
     ・革工芸・・出 玲子、玉永 久美子、久保田 豊
     ・ビーズ織り・・野々口 千晶

 

第21回 KKCナイフショー


会 期  平成26年11月8日(土)・9日(日) 

      午前10時 ~ 午後5時まで  ※19日は午後4時まで

場 所  熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催  KKC熊本ナイフクラブ

内 容   展示会は、KKC熊本ナイフクラブ会員のナイフに加え、全国各地のナイフメーカーのナイフが出品されます。作品はナイフの他に刀匠の作品やナイフ製作過程の実物展示、肥後象がん、ナイフ関連商品、革工芸などです。
会場ではナイフ製作過程を紹介するDVDの上映やヤスリを使った削り出しの説明、厚革の手縫いの体験なども行われます。また、ナイフ用鋼材、ハンドル材、革などのご質問に会員がお答えします。 

入 場  無 料
  


《問い合わせ》
KKC熊本ナイフクラブ
会長 薮内 和雄
携帯 090-2711-5984
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

肥後の民工芸品展


会 期  平成26年11月1日(土)~3日(月・祝)
      午前10時 ~ 午後4時

場 所  桜の馬場 城彩苑 多目的交流施設 2階
      熊本市中央区二の丸1-1-3

主 催  熊本市

協 力  熊本市くまもと工芸会館

出 品  一般社団法人くまもと工芸協会

お問い合わせ 一般社団法人くまもと工芸協会 096-358-5633

          くまもと工芸会館 096-358-5711

内 容  

 熊本の工芸作家たちが精魂を込めつくった工芸品と職人の技を見ることが出来る「肥後の民工芸品展」を開催します。出品作品は、国指定の伝統的工芸品の肥後象がんや小代焼をはじめ、美しい模様でかがった肥後てまりなど38種類の工芸品約50点を展示いたします。また、特別企画として、熊本の工芸作家25人が、毎日日替わりで工芸品づくりの実演を行います。来場者の皆様には、熊本の伝統工芸品から現代工芸品まで幅広くご覧頂けます。

 

○実演スケジュール

11月1日(土) 11月2日(日) 11月3日(月・祝)
肥後象がん 肥後革ローケツ染 肥後てまり
肥後まり 陶 芸 押 絵
熊本友禅 葦ペン 肥後象がん
染 織 肥後まり 肥後こま
革工芸 尺 八 七宝・彫金
肥後革ローケツ染 肥後象がん 染 織
陶 芸 肥後こま 革工芸
七 宝 七宝・彫金 肥後革ローケツ染
木 工 染 織 陶 芸
布 花 革工芸

ビーズ織り

 

 

 

2014 工芸品フェスタ


 

 伝統工芸品を愛用される方々へ感謝の気持ちを込めた年に一度の大感謝祭を下記のとおり開催いたします。期間中、一般社団法人くまもと工芸協会の会員70人が製作した全工芸品約1,000点を通常販売価格の2割引きで販売します。国指定伝統工芸品の肥後象がんや小代焼をはじめ、川尻刃物、玩具、竹工芸、革工芸など様々な工芸品を出品いたします。
 また、大人気の包丁研ぎや家庭用まな板削りの割引サービスをはじめ、「大鯛どっこい!」「工芸職人のお宝バーゲンセール」などくまもと工芸会館ならではの催し物が盛りだくさんです。

会 期  平成26年10月24日(金)~26日(日)
      午前10時 ~ 午後5時

場 所  熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

主 催  熊本市くまもと工芸会館
  
入 館  無 料

催 し 物   ◆10月24日(金)~26日(日)午前10時 ~ 午後4時

・工芸品萬(よろず)相談所 / 工芸家たちが工芸品に関するご相談を受けます。  ※お一人様1件まで
・包丁研ぎ割引サービス / 薄刃包丁のみ1本400円(通常600円)で研ぎます。 ※お一人様2本まで
・家庭用まな板削り割引サービス / 800円(両面・1枚) ※各日30人様、お一人様1枚まで(先着順)※まな板は後日お渡し
・大鯛どっこいに挑戦! / 工芸品を3,000円以上購入された方が対象
・工芸家のお宝バーゲンセール / 工芸家の押入れに眠っていたお宝を大廉価で販売
・和菓子の実演・販売 / 開懐世利六菓匠による和菓子の実演・販売

   ◆尺八とお琴の演奏会
      10月25日(土)午後2時 ~
      尺八:宮本 一男  お琴:井上 洋子

   ◆季節の体験教室
    ○とんぼ玉のネックレスづくり  / 講師:福山 秀市
     10月24日(金) 
     ①10時~ ②11時~ ③13時~ ④14時~ ⑤15時~ /計5回
       定員:各2人、対象:18歳以上、体験料:1,500円

    ○からし蓮根づくり  / 講師:森からし蓮根店
     10月25日(土) 午後2時~4時
     定員:20人、対象:18歳以上、体験料:1,500円
     持参物:エプロン

    ○肥後てまりのストラップづくり /  講師:鶴田 美知子
     10月26日(日) 午前10時~正午
     定員:10人、対象:18歳以上、体験料:900円

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。