えびすの つぶやき

2010年(平成22年)9月20日
御蔵前船着場
その一

平成十六年度から国土交通省緑川下流出張所は、加勢川護岸工事の一環として、損傷の激しい御蔵前船着場の解体修復工事に着手しました。この時「もしかして築造年の手がかりが出れば」と、私なりに期待を膨らましました。
歴史に記録ほど大切なものはありません。全長百五十メートル、十四段からなる埠頭がいつ構築されたのか分からない。江戸時代中頃の絵図にやっと現在の様子が描かれている程度で、多くの疑問を抱きながらもその絵図で納得するより他はありませんでした。
工事は私の予想以上に周到な計画で、船着場前三十メートルほどの所を土砂で堰止め、船着場側の水を完全に無くしてから始まりました。
まずトレンチ調査です。トレンチとは、工事場所全体を掘り返さずに、ある部分を帯状(幅、約三メートル)に掘り下げて、その付近の状況全体を推察する部分調査です。
この調査で下から十三段目までの石と十四段目(最上段)の石の質が全く異なっていました。十四段目は明らかに近頃積み増したものでした。
十三段目までの石段は金峰山周辺で採れる安山岩※で、専門家の話によりますと、島崎周辺の島崎石は青、白、赤とさまざまな色調をしており、松尾周辺の松尾石はアカイシと言われる赤系統の石、また高野辺田(独鈷山)は白系統ということです。それを聞いて、その目で見ると確かに金峰山周辺から運んできた石材であると判りました。
さて、第一回トレンチ調査の跡を見て驚きました。私は思わず「版築※だ」と心の中で叫びました。搗き固められた粘土の段々が姿を現したのです。素人の私には、そのまま石を載せても良いような損耗のかけらを感じさせないものでした。 その粘土層を保護する内部は木杭を打ち、土留柵を設け、粗朶を敷き、胴木(太い木材、丸太)を並べる堅牢な仕組みで、先人たちの優れた工法にはただただ驚くばかりでした。

※安山岩とは、南アメリカ大陸のアンデス山中の火山岩に付けられた名に由来する命名です。
※版築とは、粘土を杵でつき固める方法ですが、御蔵前の船着場は「版築ではない」ということでした。



川尻文化を考える会   代表 西 輝喜

2009年(平成21年)4月20日
~船の魅力その二~
幕府の大船への怖れは的中しました。関ヶ原の戦いから二百五十三年後の嘉永六年(一八五三)六月、ペリー提督に率いられたアメリカ東洋艦隊の黒い大船四隻が突如江戸湾に進入してきたのです。途方もない大きい黒船の到来に国中は騒然となり、幕府はその弱さを世間に露呈し、幕府崩壊への第一歩となりました。 この頃、志ある人々は「尊王攘夷だ、佐幕開港だ、公武合体だ」と国の行く末を論じ、さらにその主張を行動に移すなど国内は騒然たる雰囲気に包まれて行きました。 さて、土佐高知藩の郷士坂本竜馬は十八歳の嘉永六年(一八五三)、江戸に出て千葉道場で剣術の修行に励み、仲間と時節について研鑽を積んだ後、土佐に帰国して土佐勤王党に参加しました。翌年脱藩して再び江戸に出た坂本竜馬は赤坂の勝海州邸を訪ねます。血気に逸る竜馬は、成り行きでは勝を斬る覚悟でした。
その年、文久二年(一八六二)に幕府の軍艦奉行となっていた勝安房守は、そんな竜馬を見ると、ゆったりした表情に時折微笑を浮かべながら二年前、遣米使節の随行艦として、オランダから購入した咸臨丸という蒸気軍艦に乗り組み、太平洋を横断した時の「感動、そして知った世界の広さと文化」を語り、日本人が今急いでなすべきことは航海術の習得であり、これが海軍力の強化となり、日本の国益につながると「国防と国益を兼ねた開港論」を諄諄と説いた。〝目から鱗が落ちる〟とはこのことだろう。「攘夷」を叫ぶ己の視野の狭さが恥ずかしく、竜馬はその場で勝安房守に入門を乞いました。

えびすの つぶやき

2010年(平成22年)8月5日
開懐世利(かわせり)


開懐世利とは? 川尻は、明の時代に出版された「図書編」の中に「開懐世利」の名稱で紹介されています。 これは中国の明の地理学者、鄭若曽が日本の永禄四(一五六一)年に出版した「日本図纂」に開懐世利(川尻)・高瀬・八代・宇土・天草などと記されているからです。 少し堅苦しいですが辛抱して読んで下さい。鄭若曽は「朝鮮通信使」の一員として来日しました。朝鮮通信使とは日本と朝鮮の友好使節団で、通常、日本の将軍が替わる度に来日しています。一行は、総勢三百人から五百人にものぼり、中には学者・画家・医師などもいました。 この通信使は、記録として日本図纂を書いています。予め日本の有名な国と港の場所を知っておくため、略図を書き、記入していたのです。
当時、朝鮮との正式貿易を行うには朝鮮国から図書を授かることが必要でした(授図書の制)。図書とは貿易を希望する人の名前を刻んだ銅製印のこと、つまり朝鮮国との「貿易許可申請印」です。 貿易を行う際には、対馬の宗氏から朝鮮国への書簡(間違いないという証明書)を書いてもらい、その書簡に授かった印を捺したものを持参することになっていたのです。
朝鮮や中国との貿易は利益が大きいので、多くの西日本の国々が、その利権を得ようと競い合っていました。また、正式な貿易希望国と、海賊行為をはたらいている倭寇とを区別するためにも、こんな面倒な決まりを作ったのでしょう。
河尻氏もこの貿易に参加していたことにほぼ間違いないと思いますが、今残っている記録では、文明二(一四七〇)年、菊池為邦(菊池氏二十代)が図書を授けられています。申請要項は、肥後国の守護で、二千の兵を擁していると記してあります。 河尻実昭は、菊池兼朝(菊池氏十八代)に亡ぼされますので、この時はすでに河尻氏は滅亡していました。 ちなみに八代では、当時の城主名和氏が文明九(一四七七)年から明応二(一四九二)まで毎年のように朝鮮へ船を出しています。 次の城主相良氏は天文八(一五三九)年、渡唐船市木丸を建造して、翌年琉球と通商しています。また、弘治元(一五五五)年四月八日に、八代徳淵港を出発した渡唐船十八艘が嵐で吹散らされた惨状の記録も残っています。 さて、高瀬津の積み出し荷は、主に武具や銀細工で、朝鮮からの輸入品は、繭糸や麻などでした。貿易港に指定された朝鮮の都市、三浦地域(斉浦・釜山浦・塩浦)に行く高瀬氏(菊池氏の一族)の船数は年間五十隻と定められていましたが、十五世紀後半には四百隻ほどにも膨れ上がり、貿易に従事する日本人居留民と現地の人々との紛争が起きます。困った朝鮮では、居留日本人の活動を抑制する政策をとったため、日朝戦が起きました。結果は居留民の敗北となり日朝貿易は途絶しました。しかし、貿易で得る利益が忘れられず、二年後には再開されますが、日本人の居留は禁止されたままでした。 その後、菊池氏の滅亡により、高瀬氏も衰退し、さらに豊臣秀吉の天下統一により西国領主たちの日朝貿易・日唐貿易は終わりました。 古代から近世までの長い期間、肥後屈指の水の道の起点として活躍し、また近隣諸国には貿易港、開懐世利の津と呼ばれ親しまれた川尻です。この呼び名も遺産として大切にしたいものです。

川尻文化を考える会   代表 西 輝喜

2009年(平成21年)4月20日
~船の魅力その二~
幕府の大船への怖れは的中しました。関ヶ原の戦いから二百五十三年後の嘉永六年(一八五三)六月、ペリー提督に率いられたアメリカ東洋艦隊の黒い大船四隻が突如江戸湾に進入してきたのです。途方もない大きい黒船の到来に国中は騒然となり、幕府はその弱さを世間に露呈し、幕府崩壊への第一歩となりました。 この頃、志ある人々は「尊王攘夷だ、佐幕開港だ、公武合体だ」と国の行く末を論じ、さらにその主張を行動に移すなど国内は騒然たる雰囲気に包まれて行きました。 さて、土佐高知藩の郷士坂本竜馬は十八歳の嘉永六年(一八五三)、江戸に出て千葉道場で剣術の修行に励み、仲間と時節について研鑽を積んだ後、土佐に帰国して土佐勤王党に参加しました。翌年脱藩して再び江戸に出た坂本竜馬は赤坂の勝海州邸を訪ねます。血気に逸る竜馬は、成り行きでは勝を斬る覚悟でした。
その年、文久二年(一八六二)に幕府の軍艦奉行となっていた勝安房守は、そんな竜馬を見ると、ゆったりした表情に時折微笑を浮かべながら二年前、遣米使節の随行艦として、オランダから購入した咸臨丸という蒸気軍艦に乗り組み、太平洋を横断した時の「感動、そして知った世界の広さと文化」を語り、日本人が今急いでなすべきことは航海術の習得であり、これが海軍力の強化となり、日本の国益につながると「国防と国益を兼ねた開港論」を諄諄と説いた。〝目から鱗が落ちる〟とはこのことだろう。「攘夷」を叫ぶ己の視野の狭さが恥ずかしく、竜馬はその場で勝安房守に入門を乞いました。

えびすの つぶやき

2010年(平成22年)6月20日
~川尻小学校~その三
二宮金次郎像

第二次世界大戦で敗北するまで、日本の小学校には例外なく「薪の束を背負い、書物を手にして歩む二宮金次郎(尊徳)の石像、銅像」が校門近く、しかも一番目につきやすい所に置かれていた。
私が小学生の時、修身の時間に金次郎が「子供の頃、わらじを編んでお金を稼ぎ、父のために酒を買った話」や、「両親の死後、叔父の家に預けられると寝る間も惜しんで本を読み、油代が勿体ないと叔父に叱られると、道端や荒地に菜種を撒き、採れた種と菜種油と交換し、それを皿に入れた灯明で勉強を続けた話」を聞かされ、こんな人間になれと教えられた。唱歌の時間には

一、芝刈り、縄綯(なわな)
いわらじをつくり、
親の手を助(す)け弟
(おとと)を世話し、
兄弟仲良く孝行つくす、
手本は二宮金次郎。
二、骨身を惜しまず、
仕事を励み、
夜なべすまして、
手習読書
せわしい中にも、
たゆまず学ぶ、
手本は二宮金次郎。

と三番まである歌詞を歌いながら、自分もこんな人になれたらと思った頃もあった。
天明七年(一七八七)二宮金次郎は小田原藩領、相模国足柄上郡栢山(かやま)村(現神奈川県小田原市栢山)に百姓利右衛門の長男として生まれた。天明期は浅間山の大噴火以来、洪水と飢饉に相次いで見舞われ、百姓一揆が頻発していた時期である。
十四歳で父が死去。その二年後に母も亡くなり、叔父二宮万衛門の家に預けられ、農業に励む傍ら、寸暇を惜しんで読書に耽(ふけ)った。「薪を背負った金次郎の姿はこの頃のもの」である。
荒地を耕して、田植え後の田圃に捨てられている余った苗を集めて植え、収穫するなど収入の増加を図り、災害で没落した生家を二十歳の時に再興した。三十二歳の時、かつての主家服部家財政立て直しの依頼を受け、成し遂げた。

川尻文化を考える会   代表 西 輝喜

2009年(平成21年)4月20日
~船の魅力その二~
幕府の大船への怖れは的中しました。関ヶ原の戦いから二百五十三年後の嘉永六年(一八五三)六月、ペリー提督に率いられたアメリカ東洋艦隊の黒い大船四隻が突如江戸湾に進入してきたのです。途方もない大きい黒船の到来に国中は騒然となり、幕府はその弱さを世間に露呈し、幕府崩壊への第一歩となりました。 この頃、志ある人々は「尊王攘夷だ、佐幕開港だ、公武合体だ」と国の行く末を論じ、さらにその主張を行動に移すなど国内は騒然たる雰囲気に包まれて行きました。 さて、土佐高知藩の郷士坂本竜馬は十八歳の嘉永六年(一八五三)、江戸に出て千葉道場で剣術の修行に励み、仲間と時節について研鑽を積んだ後、土佐に帰国して土佐勤王党に参加しました。翌年脱藩して再び江戸に出た坂本竜馬は赤坂の勝海州邸を訪ねます。血気に逸る竜馬は、成り行きでは勝を斬る覚悟でした。
その年、文久二年(一八六二)に幕府の軍艦奉行となっていた勝安房守は、そんな竜馬を見ると、ゆったりした表情に時折微笑を浮かべながら二年前、遣米使節の随行艦として、オランダから購入した咸臨丸という蒸気軍艦に乗り組み、太平洋を横断した時の「感動、そして知った世界の広さと文化」を語り、日本人が今急いでなすべきことは航海術の習得であり、これが海軍力の強化となり、日本の国益につながると「国防と国益を兼ねた開港論」を諄諄と説いた。〝目から鱗が落ちる〟とはこのことだろう。「攘夷」を叫ぶ己の視野の狭さが恥ずかしく、竜馬はその場で勝安房守に入門を乞いました。

えびすの つぶやき

2010年(平成22年)4月20日
御蔵考

御蔵は藩政時代から造り始められたのではなく、それ以前、鎌倉時代の河尻氏、更にずっと遡って律令国家形成の七世紀後半以来、形こそ違え必要建造物であった。それは租・庸・調の収納蔵が必要であったからである。 十禅寺町と平田町の境に印にゃく神社と呼ばれる小社が鎮座している。八代郡鏡町の印にゃく神社の御神体は八代郡の印と、郡倉を開く鍵であるといわれている。 肥後の国府である託麻国府は、中央の都が京都の平安京に移ったのちの八四二年ごろ、現熊本市二本木に移ったともいう。飽田国府の蔵を開く鍵が印にゃく社に祀ってあったのかもしれない。 さて江戸時代、幕府も諸藩の大名も年貢米の徴収に、保管に腐心したことは確かであろう。 肥後細川藩、手永の納入量は寛永十一年(一六七一)の「所々御蔵入之御郡」には

熊本御蔵入 拾八万俵程。
山本、菊池、合志、南郷。 *山本は植木町と鹿央町の南西部
川尻御蔵入 弐拾万俵程。  飽田、託摩、上益城、下益城、宇土。
八代御蔵入 拾弐万俵程。  八代、葦北
高瀬御蔵入 弐拾五万俵程。 玉名、山鹿
大津御蔵入            阿蘇谷、小国
鶴崎御蔵入            久住、野津原、鶴崎

これらの年貢米は、藩の役人によって品質・桝量・俵装などについて厳重な検査が行われていた。ある年、阿蘇郡布田村(現西原村)では熊本城の東蔵(現県伝統工芸会館辺り)に百三十俵を納入した内八十三俵が不合格となり、納入し直さなければならなくなった。仕方なく検査の役人に賄賂を贈ったり、町の米屋から米を購入して詰め直しなどをして、やっと七日目に納入を終えた。「お米納めほど恐ろしき事はなく」と当地では語り継がれたという。 また、次のような事件もあった。 延宝八年(一六八○)までは、知行取は自分の知行地から直接年貢米を受け取っていた。 宇土郡は松山手永と郡浦手永の二つだった。松山手永に知行地を持つその武士は、ここ四、五年凶作続きで予定通りの年貢が貰えず心を痛めていたが、今年は知行地に何回か出向き豊作を感じ楽しみにしていた。同僚間の噂でも豊作だと皆喜んでいた。

ところが知行地の各百姓とも「今年も不作でした」と僅かの年貢米しか届けなかった。不審に思い藩に訴えた。藩が責任者の惣庄屋・関系庄屋八名を吟味した結果、惣庄屋は検見役の藩役人を出来柄の良くない土地に案内し、この地方は不作だと告げ、収穫の上前をはね、庄屋たちには口止めをしていたことが判明した。 惣庄屋松山吉兵衛は打ち首、庄屋八名には惣庄屋の指示故罪はないとし、年貢米皆済後釈放している。 川尻・高瀬・八代の御蔵は津端三倉と呼ばれ、川尻弐拾万俵のうち拾五万俵は大坂中の島の蔵屋敷へ運ばれる。千石積みの船を緑川河口に停泊させ、川尻船着き場から二百石積み程度の船で運搬し、沖合で積み替えをしていた。「肥後川尻町史」によれば、宝暦・明和頃の川尻所在の御米船は

幸寿丸(千二百石)
御米船
白梅丸 松梅丸(弐拾反帆)
老松丸 十七反 弐拾反帆
十五反 十五反 十五反
十八反 十三反       計 拾壱艘
   *廻船問屋の御米輸送は省略

五万俵は内陸水路で熊本の東蔵へ運ばれた。内陸水路とは川尻~熊本間の物資輸送の大動脈で、鎌倉期まで川尻地区へ流れていた白川の跡を、初代細川藩主忠利公が掘り上げ、水路としたものある。当時、川尻港に着いた物資は、城下町熊本へ馬で運ばれていた。熊本へ船で運べば便利だと考えた忠利が、そのことを家臣に話すと「水路を造れば駄賃馬が少なくなり、戦のとき困る」と反対者が多かった。だが忠利は幕府に高瀬船が通行できるよう拡張したい旨を願い出、寛永十七年(一六四○)に認可を得たのある。 水路は「郵便局」とか「くらし館」のある川尻市道バイパス(旧川尻電車軌道)を通り、河尻神宮の東側(現在小さい水路となっている)から市道沿いをJR線路に沿うように通り、上の郷の三本松から白川にでて遡上し二本木まで。ここで水夫は俵を担ぎ塘を越えて、坪井川で待つ船に荷(俵)を積み替え、現在の熊本市役所前厩橋まで運び、ここから東蔵へ担ぐなどして運んだという。 内陸水路の川幅は約七~九メートル。両岸の小道を、一艘に四十一俵を積み、数隻の船を繋ぎ、船頭は舵を取り、水夫が両側の小道岸からロープで船を引っ張って運んでいた。 運ぶ方法は坪井川も同じだが、坪井川は川幅が狭いので小舟であった。一艘に何俵積んだかは不明である。


川尻文化を考える会   代表 西 輝喜

2009年(平成21年)4月20日
~船の魅力その二~
幕府の大船への怖れは的中しました。関ヶ原の戦いから二百五十三年後の嘉永六年(一八五三)六月、ペリー提督に率いられたアメリカ東洋艦隊の黒い大船四隻が突如江戸湾に進入してきたのです。途方もない大きい黒船の到来に国中は騒然となり、幕府はその弱さを世間に露呈し、幕府崩壊への第一歩となりました。 この頃、志ある人々は「尊王攘夷だ、佐幕開港だ、公武合体だ」と国の行く末を論じ、さらにその主張を行動に移すなど国内は騒然たる雰囲気に包まれて行きました。 さて、土佐高知藩の郷士坂本竜馬は十八歳の嘉永六年(一八五三)、江戸に出て千葉道場で剣術の修行に励み、仲間と時節について研鑽を積んだ後、土佐に帰国して土佐勤王党に参加しました。翌年脱藩して再び江戸に出た坂本竜馬は赤坂の勝海州邸を訪ねます。血気に逸る竜馬は、成り行きでは勝を斬る覚悟でした。
その年、文久二年(一八六二)に幕府の軍艦奉行となっていた勝安房守は、そんな竜馬を見ると、ゆったりした表情に時折微笑を浮かべながら二年前、遣米使節の随行艦として、オランダから購入した咸臨丸という蒸気軍艦に乗り組み、太平洋を横断した時の「感動、そして知った世界の広さと文化」を語り、日本人が今急いでなすべきことは航海術の習得であり、これが海軍力の強化となり、日本の国益につながると「国防と国益を兼ねた開港論」を諄諄と説いた。〝目から鱗が落ちる〟とはこのことだろう。「攘夷」を叫ぶ己の視野の狭さが恥ずかしく、竜馬はその場で勝安房守に入門を乞いました。

えびすの つぶやき

2010年(平成22年)3月20日
~川尻小学校~
その二
川尻鎮撫隊本営址
戦禍から川尻を救った奉行
上田 休(やすみ)


ある日、官軍方に付いている旧藩士から休のもとに密書が届いた。「榊原伍長を斥候として川尻に出したが捕われたらしい。助けて頂けないか」とあった。休は一瞬ためらったが薩軍の基地に出向くと、一人の若者が立木に括り付けられていた。休は咄嗟に「この人は鎮撫隊の者です」と告げ身柄を引き取った。 八代の者だという榊原庄一に印鑑(鎮撫隊員の証明書)を与えて帰隊を諭した。然るに榊原は印鑑を得たので、再び薩軍基地に潜入してまたもや捕えられた。上田は詫び榊原庄一を深く戒め、帰隊を約せしめて還したが、榊原は尚帰隊せず三度薩軍に捕えられた。薩軍は間諜の嫌疑を益々深くして、「鎮撫隊は中立ではない、上田は敵とすべし」と決定したという。
若し休が榊原庄一を斬らなければ、川尻鎮撫隊は薩軍の攻撃を受ける。上田の目的は川尻地方の治安維持である。已む無く休は、長男の勤をして薩軍に請い、之を斬らしめた。
四月十一日、川尻町は官軍に包囲されつつあるとの噂が飛び交い始めると、休は町民にかねての手筈どおり避難を指示した。 翌四月十二日、南の宇土方面から進撃してきた官軍は川尻総攻撃を準備しているらしく、富合側の緑川土手では、点々と炊煙が立ち上り、人影も見える。試し撃ちにか砲弾を打ち込んできた。 休は殺気立った薩軍基地に隊長を訪ね、川尻町での戦闘の無益さを説き、早急に川尻を立ち退き薩軍本隊と合流するように勧め、その日のうちに門下生を率いて半田村へ退いた。 薩軍が熊本から去って平和は、を取り戻した五月五日、休は突然山崎町に政府が設けた臨時裁判所から呼び出しを受け、出頭すると調べも受けずに獄舎に収容された。獄中、一回の尋問、裁判もなく、家族との面会も許されず、紙、筆の所持さえ禁じられた。うす暗く、狭苦しい牢獄で呻吟する休は「何故こんな処置をするか」と日夜気も狂わんばかりに繰り返すのみであった。脳裏に浮かぶのは榊原庄一斬殺であったが、このことは四月十三日に川尻へ進駐した山田少将を訪ねて榊原斬殺のいきさつを報告し、賞賛を受けている。自分の行動に何ら疾しいことはない。 悶々とした日々を送るうちに、この気持ちを家族に伝えたいが紙も筆もない。休は窮余の策として、日頃使用していた箸の漆を噛み砕いて溶かし、こよりを解き開いた小紙片に爪楊枝を噛み柔らかくして認めた辞世の歌 「みだれ世に   みだれぬものは 白糸の   ただひとすじの                誠ならまし」 明治十年九月三十日、賊名を蒙って休は斬首された。享年四十八歳。惜しむべき人傑は幽界の人となった。 事前に東京にて上田が処刑されるらしい噂を耳にされた前藩主、前知事の細川韶邦公は、すぐに上田休助命嘆願の使者を熊本へ派遣したが、その着熊を待たず、また妻子にも告げずに斬られたという。 休の斬罪を悼んだ川尻町民を始め、各村々の有志は献金により、明治二十二年、休が眠る飽田郡横手村高麗門(現熊本市横手町)の禅定寺境内左手にその徳を偲んで大頌徳碑を建立し、休の功績を讃え冥福を祈った。 直系の御子孫、上田四郎さんは千葉県に、その娘、香さんはスウェーデンに在住されている。




川尻文化を考える会   代表 西 輝喜

2009年(平成21年)4月20日
~船の魅力その二~
幕府の大船への怖れは的中しました。関ヶ原の戦いから二百五十三年後の嘉永六年(一八五三)六月、ペリー提督に率いられたアメリカ東洋艦隊の黒い大船四隻が突如江戸湾に進入してきたのです。途方もない大きい黒船の到来に国中は騒然となり、幕府はその弱さを世間に露呈し、幕府崩壊への第一歩となりました。 この頃、志ある人々は「尊王攘夷だ、佐幕開港だ、公武合体だ」と国の行く末を論じ、さらにその主張を行動に移すなど国内は騒然たる雰囲気に包まれて行きました。 さて、土佐高知藩の郷士坂本竜馬は十八歳の嘉永六年(一八五三)、江戸に出て千葉道場で剣術の修行に励み、仲間と時節について研鑽を積んだ後、土佐に帰国して土佐勤王党に参加しました。翌年脱藩して再び江戸に出た坂本竜馬は赤坂の勝海州邸を訪ねます。血気に逸る竜馬は、成り行きでは勝を斬る覚悟でした。
その年、文久二年(一八六二)に幕府の軍艦奉行となっていた勝安房守は、そんな竜馬を見ると、ゆったりした表情に時折微笑を浮かべながら二年前、遣米使節の随行艦として、オランダから購入した咸臨丸という蒸気軍艦に乗り組み、太平洋を横断した時の「感動、そして知った世界の広さと文化」を語り、日本人が今急いでなすべきことは航海術の習得であり、これが海軍力の強化となり、日本の国益につながると「国防と国益を兼ねた開港論」を諄諄と説いた。〝目から鱗が落ちる〟とはこのことだろう。「攘夷」を叫ぶ己の視野の狭さが恥ずかしく、竜馬はその場で勝安房守に入門を乞いました。

えびすの つぶやき

2010年(平成22年)2月20日
~川尻小学校~
その二
川尻鎮撫隊本営址
戦禍から川尻を救った奉行
上田 休(やすみ)

明治十年二月十四日、薩摩の先発隊は「栄名敢えて好まねど 非道を売るは天の道もはやこの上忍ばれず せめては尽くす武士の数万の民を救わんと 京(今日)を限りの死出の旅」 当時薩摩ではやりだした唄を口吟みながら熊本へと軍を進めた。 二月二十日から川尻の町には続々と薩摩兵が集結した。町民は街に満ち溢れた薩摩兵に好意的で何かと便宜を図っていたようだった。二十一日、近見村辺りで熊本鎮台兵との小競り合いが続いているとの噂だったが、二十二日には薩軍の総勢が熊本城攻撃に向かい、川尻は後方基地として若干の兵士が駐留するだけの静けさに返った。 しかし、戦局がはかばかしくないのに苛立つのか、駐留軍は町民を軍夫として駆り出し、弾薬の運搬や兵糧の調達、炊き出し等、過酷な使役を強要した。逆らえば暴力を振るう。労働の代償は払わない。町民は恐怖のどん底に戦いた。頼りの戸長役場の役人たちは雲隠れ、混乱に乗じて各地からやって来るならず者は横行する。家を閉じ近郊へ引っ越す人も増え、残っている人々の不安は募るばかりであった。
途方にくれた町の有志、岡町で米屋を営む米村金八ら十数名は半田村に住む上田休を訪れ、救いを懇願した。
休は熟慮の末、二十六日門弟たちと長子勤を伴い川尻に赴くと、有志らを集めて、暫くの間、鎮撫隊の名で町民の保護に当たることを告げ、同時に休は薩軍駐留隊を訪れ、薩・官軍中立の立場で川尻の鎮撫に就くことの了解を得た。なお、車夫・軍夫の賃金等も定めている。「河陽保護日記」(河陽は川尻町)によると鎮撫の実動は即日、正月十四日(陽暦二月二十六日)からであるが、その條に賊匪侵暴の報あらば、札の辻の版を急打し、各寺是に応じて巨鐘を撃撞し、防火手、是を聞いて会所に集まり・・・・・。つまり消防夫を招集」し、義勇が隊長となって指揮する。自警団の結成で義勇には休の門下生が大部分であった。「人民保護概略」では、薩兵人夫を駆使す、若し是をきかざれば刀(銃)を掲げ是を脅す、市人甚恐懼してこれを告ぐ、休といえど、これに抗する力なければ、相当の代金を取りて是に応ぜせしむ。 また次の項には 夜、官軍の軍艦が二丁港に近付く、鎮撫の士をもって海岸を守って欲しいとの要請が薩軍からあったが、「鎮撫が本意・軍事は中立が原則です」と言ってきっぱりと断った。 休の綿密で迅速な采配により川尻の町はたちまち平穏を取り戻した。その噂は周辺の村々に伝わり、鎮撫依頼が相次いだ。休が各地に出掛ける日も多くなったが続々と鎮撫隊が結成され、休の庇護の下に結束を固め生業に励むことが出来るようになっていった。



川尻文化を考える会   代表 西 輝喜

2009年(平成21年)4月20日
~船の魅力その二~
幕府の大船への怖れは的中しました。関ヶ原の戦いから二百五十三年後の嘉永六年(一八五三)六月、ペリー提督に率いられたアメリカ東洋艦隊の黒い大船四隻が突如江戸湾に進入してきたのです。途方もない大きい黒船の到来に国中は騒然となり、幕府はその弱さを世間に露呈し、幕府崩壊への第一歩となりました。 この頃、志ある人々は「尊王攘夷だ、佐幕開港だ、公武合体だ」と国の行く末を論じ、さらにその主張を行動に移すなど国内は騒然たる雰囲気に包まれて行きました。 さて、土佐高知藩の郷士坂本竜馬は十八歳の嘉永六年(一八五三)、江戸に出て千葉道場で剣術の修行に励み、仲間と時節について研鑽を積んだ後、土佐に帰国して土佐勤王党に参加しました。翌年脱藩して再び江戸に出た坂本竜馬は赤坂の勝海州邸を訪ねます。血気に逸る竜馬は、成り行きでは勝を斬る覚悟でした。
その年、文久二年(一八六二)に幕府の軍艦奉行となっていた勝安房守は、そんな竜馬を見ると、ゆったりした表情に時折微笑を浮かべながら二年前、遣米使節の随行艦として、オランダから購入した咸臨丸という蒸気軍艦に乗り組み、太平洋を横断した時の「感動、そして知った世界の広さと文化」を語り、日本人が今急いでなすべきことは航海術の習得であり、これが海軍力の強化となり、日本の国益につながると「国防と国益を兼ねた開港論」を諄諄と説いた。〝目から鱗が落ちる〟とはこのことだろう。「攘夷」を叫ぶ己の視野の狭さが恥ずかしく、竜馬はその場で勝安房守に入門を乞いました。

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。