2018年(平成30年)9月20日 「かわしり遍路」7

 

火伏地蔵を祀る寺

 

 川尻町に足を踏み入れた人々を古へ誘う瑞鷹通りを西へ進むと国史跡熊本藩川尻米蔵跡を構成する外(と)城(じょう)蔵跡が姿を現します。平成三十三年に修復が終えるというこの米蔵跡の西側に一本の路地があります。地蔵町筋です。名前のとおり、ここには火伏地蔵堂がありましたが、平成二十八年の熊本地震でお堂は倒壊しました。更地となった地蔵堂跡から20メートルほど北に見えるのが歓喜山 常(じょう)清(せい)寺(川尻三丁目四―五、第二十八世金井俊賢住職)です。本妙寺の末寺という常清寺は、1615(元和元)年に創建された日蓮宗のお寺(註1)で、この一帯は江戸時代に、地蔵町と呼ばれ、町屋、御船手(船頭)、御作事所(造船)、関係の屋敷が建ち並ぶ町でした。

 

 さて、常清寺という寺名の由来、そして火伏地蔵とは不思議な縁(えにし)があるのです。常清寺に残る記録(常清寺縁起)によれば、加藤清正の肥後国主時代(1589~1611)の家臣に安武市之丞(いちのじょう)好次という武士がいました。晩年出家して幸(こう)清(せい)と改名、川尻町の外城町近くに庵(いおり)を設けました。幸清は、ある夜「此の地の火災を免れんと欲せば、これより南方の観音寺(現、杉島御船手の観音寺)の林の中にある我が像を大事にせよという霊夢を見た」といいます。その林の中から地蔵菩薩の御首を見つけた幸清は、自宅敷地に地蔵堂を建てて朝夕礼拝に努めます。幸清の嫡子、常清は、父の志を継ぎ元和元年に常清寺を建立して、地蔵堂を守りますが、晩年には家屋敷、地蔵堂とも他人へ譲り渡します。

 

 現在、地蔵町には「地蔵さんのお告げ」が今も語り継がれています。「この地区で火災の兆(きざ)しがある時は、どこからか十二、三歳の小童(しょうどう)が現れ、走り回って火事を知らせる」というものです。信者の寄付で新築された地蔵堂は、先の熊本地震で失われましたが、地区住民の方々は、「地蔵さんのお告げ」を今も大切にされ、毎月二十三日に常清寺で法要を営んでいます。

 

 ところで、川尻町の各寺院は神宮とも手を携えて、毎年春に川尻お寺でフェスタ(註2)を繰り広げています。常清寺の金井俊行副住職らによる「日蓮宗提唱の行動の変革」へのチャレンジです。「お寺が、寺から飛び出して人々の中に入り、また本堂や境内を開放してより多くの人が寺に集まる」試みです。お寺での精進料理、入棺体験、コンサート、フリーマーケットなどです。

 

 最後になりましたが、肝心の火事除けの火伏地蔵さんは、現在、常清寺本堂に祀られています。地蔵菩薩が四百年の時を経て、再び常清寺に帰って来たのです。本堂に静かに佇(たたず)む地蔵菩薩のお顔は、「火災などの災害は、何時起きるか分からないもので、日頃から心を引き締めなさい」と私たちに語り掛けているかのようです。                         

 

荒金 錬一

 

註1.寛永年間(1624~1643)に圓妙院日及によって開基されたとも云われる。

註2.川尻お寺でフェスタは、毎年春先に実施されている「かわしり春ものがたり」の中で、宗派を超えてお寺同士が、本堂や境内を開放して人々が集える「触れ合いの場」にしようと行っているものです。今年のお寺でフェスタには、九つの寺院と川尻神宮が参加しました。

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。