2018年(平成30年)3月20日 「かわしり遍路」5

 

清正寺と言われるお寺

  

 バス通りの川尻四ツ角交差点を東に折れ、川尻電車終点の記念碑を通り過ぎると通称、横町筋に入る。この一帯は、一昔前まで鍛冶屋町と言われ、川尻の代名詞とされる川尻包丁を作る鍛冶屋さんが軒を連ねていたところです。この横町の路地に沿って白い長塀が続きます。四百年以上の歴史を持つ日蓮宗の常妙山法宣寺(ほうせんじ)(川尻五丁目四―二十五)です。

 

 清正公(せいしょうこう)さんで親しまれる加藤清正(1562~1611)は、知・仁・勇の三徳兼備の名将として、また築城、治水で名を馳せますが、熱心な仏教徒でした。日蓮聖人に始まる「法華経(ほっけきょう)」を「帰依(きえ)」の対象(*1)とする日蓮宗への信仰心は人一倍強く、清正公ゆかりの日蓮宗のお寺は、浄池廟(じょうちびょう)のある熊本市西区の本妙寺を始め、東京の覚林寺・清正公寺、名古屋の妙行寺・妙延寺、京都の本圀寺(ほんこくじ)、尾道の妙宣寺、鶴岡の天澤寺、そして広島県福山市と熊本市川尻の法宣寺など全国各地にあります。川尻町の法宣寺は、加藤清正の正室となった徳川家康の養女、かな姫(1582~1656)が清正の武運長久を願い、現在の宇土市三拾町(丁)に建立したものを清正が現在地に移転したと言い伝えられています。釈迦牟尼仏を本尊とする法宣寺は、明治期以降荒廃してしまいますが、昭和期に本妙寺から三十三世智随(ちずい)上人を招いて再興が行われたと言います。

 

 大きな楼門を抜けると、本堂前の境内の一角に供養塔があります。明暦二年(1656)に建てられたという清正の正室、清淨院(せいじょういん)(かな姫)の供養塔です。法宣寺が清正公と清淨院を祀っていることが清正寺と言われる所以でしょう。清淨院は清正死後、二代忠広を支えますが、加藤家改易後は清正の菩提寺、京都山科の大光山本圀寺門前に移り住み余生を過ごし、死後、本圀寺の清正廟に埋葬されます。

 

 ところで、法宣寺の広い境内には、いろいろな方々が眠っています。川尻の風景を五言絶句や七言絶句の漢詩で表した漢学者の山田怡雲(たいうん)、「犬追物(いぬおうもの)」(*2)を伝えた肥後の儒学者、江良英林・仲文(1745~1789)兄弟の墓もあります。

 

 そして、楼門入口には、川尻小学校創立の石碑が静かに佇んでいます。碑文には「明治七年四月広瀬・大野の二私塾を合併し、法宣寺本堂を仮校舎に当て、川尻小学校を開設。翌八年に河陽小、河東小の二校を設立して学童を二分した」と記されています。明治の早い時期から教育にかける地域住民の熱意が感じられます。終日、鋼を鍛える槌音が響いていたという鍛冶屋町。時代は変って保育園から元気な幼児の声が響きわたる横町となりました。                          

荒金 錬一

 

 

(*1)インド大乗仏教に始まる経典のひとつ、法華経(妙法蓮華経)を唱えることにより善悪、男女、老若、貴賤、貧富の差別なく、すべての人が成仏できるという教え。

(*2)犬追物は、鎌倉時代に始まったとされ、流鏑馬、笠懸と共に日本弓道の作法(騎射三物)のひとつで、武芸の鍛錬とされた。四十間四方の馬場に百五十匹の犬を入れ、三十六騎の騎手が特殊な鏑矢でこの犬を射る競技。京都の神社等で盛んに行われ明治時代まで続いた犬追物は、大慈寺河原や椎田で正月行事として行われた文献が残る

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。