27号 2011年(平成23年)12月20日

 

伝統産業の町川尻の諸識

鍛 冶    その一

鍛冶は室町時代の応仁年間(一四六〇~一四六九)に薩摩の刀工、波平行安が、焼き入れに使う良質の水を求めて各地を訪ね歩き、川尻の水を得て当地で刀鍛冶を始めたのが起源と伝えられています。

伝承によれば川尻の横町天満宮北側に刀工の祠(神を祀った社)があり、その付近から波平氏の名を刻んだ石灯籠と無数の金屑、使い古した「ふいご」などが発見されたといいます。なお、石灯籠は、鍛冶の上達を祈願したものです。

この由緒ある横町には鍛冶屋が軒を並べ、通称「鍛冶屋町」と呼ばれ、刀だけでなく各種の用具を作り、商港川尻の盛んな水運とともに発展します。

(専門分野)

鍛冶はそれぞれの専門業者に分かれていました。昭和初期一七軒のうち刀鍛冶・鍔鍛冶・野鍛冶(農具を中心)・包丁鍛冶・船釘・大工釘・馬車・蹄鉄などの分野がありました。

(弟子入り)

高等小学校を卒業(一四歳)すると伝を頼って弟子入りを希望する「徒弟制」でした。弟子入りが決まると親は酒一升と手土産を持ち、子供を連れて親方の家を訪ねて、親方と約束固めをしました。これは本人に厳しい修行の自覚を促す儀式でした。

その日から始まる親方と弟子の主従関係は年季明け後も長期に亘るのが通例でした。昔の年季は技術の習得が目安でしたが、昭和期になると年季はほぼ五、六年で「徴兵により年季明け」とするのが一般的となります。年季の間は無給で、時々小遣い銭が貰える程度でした。

(弟子の仕事)

鍛冶屋の仕事は普通朝の八時頃から夕方六時頃までしたが、新入りは皆より一時間程早くから仕事場の掃除、水床の水替え、炭割り、ほど(火床)の火起こしなどをして親方や兄弟子を待っていなければなりませんでした。

仕事が始まれば、包丁や鎌などの柄作り、刃物研ぎ、水汲みと休む暇は無く、その合間に親方や先輩たちの仕事を覚えていく「鍛冶は見て技術を覚える」の生活でした。

真っ赤に熱した玉鋼を小槌(親方)大槌(兄弟子)で交互に打ち鍛えるさまに目を走らせる。仕事場は薄暗い。暗くしているのは、焼き入れの火の色を見るため。温度は鉄の焼けた色で見る。鍛冶は経験と勘が頼りで、焼き入れには全神経を使うという。

昔の「火床」には松炭が使われ、宇土半島や天草から船で船着場に運ばれて来ていました。炭には大小あるので、大きい物を割って粒揃えをする「炭割り」という仕事もありました。

しかし、燃料は明治二十七(一八九四)年、鉄道が敷かれると、より熱量の高い石炭を使うようになります。河尻神宮前にあった葦原商店が三池の石炭を貨車で注文し、駅から馬車に積替え配達していたといいます。

西 輝喜

2009年(平成21年)4月20日
~船の魅力その二~
幕府の大船への怖れは的中しました。関ヶ原の戦いから二百五十三年後の嘉永六年(一八五三)六月、ペリー提督に率いられたアメリカ東洋艦隊の黒い大船四隻が突如江戸湾に進入してきたのです。途方もない大きい黒船の到来に国中は騒然となり、幕府はその弱さを世間に露呈し、幕府崩壊への第一歩となりました。 この頃、志ある人々は「尊王攘夷だ、佐幕開港だ、公武合体だ」と国の行く末を論じ、さらにその主張を行動に移すなど国内は騒然たる雰囲気に包まれて行きました。 さて、土佐高知藩の郷士坂本竜馬は十八歳の嘉永六年(一八五三)、江戸に出て千葉道場で剣術の修行に励み、仲間と時節について研鑽を積んだ後、土佐に帰国して土佐勤王党に参加しました。翌年脱藩して再び江戸に出た坂本竜馬は赤坂の勝海州邸を訪ねます。血気に逸る竜馬は、成り行きでは勝を斬る覚悟でした。
その年、文久二年(一八六二)に幕府の軍艦奉行となっていた勝安房守は、そんな竜馬を見ると、ゆったりした表情に時折微笑を浮かべながら二年前、遣米使節の随行艦として、オランダから購入した咸臨丸という蒸気軍艦に乗り組み、太平洋を横断した時の「感動、そして知った世界の広さと文化」を語り、日本人が今急いでなすべきことは航海術の習得であり、これが海軍力の強化となり、日本の国益につながると「国防と国益を兼ねた開港論」を諄諄と説いた。〝目から鱗が落ちる〟とはこのことだろう。「攘夷」を叫ぶ己の視野の狭さが恥ずかしく、竜馬はその場で勝安房守に入門を乞いました。

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。