47号 2016年(平成28年)1月20日

お伊勢参り道中記 その三(見原家古文書)

三月五日 見学地(※は注釈)

  淀御城    ※京都伏見区にあった近世の平城。宇治川と桂川の合流点  

    水車あり  にある水城。天正七年(1579)、豊臣秀吉が修築、側  

          室の淀殿が入った。伏見城の築城で廃城となる。

         ※淀城は淀川の中州にあり、北と西の二カ所に揚水用の水

          車((よど)水車(みずぐるま))を備えていた。

  七ツ時伏見着船、※七ツ時は現在の午前四時、若しくは午後四時

  (それ)より京都六条

  吉田院に泊り

三月六日

  六角堂    ※通称六角堂と呼ばれる頂法寺(ちょうほうじ)は、京都市中京区にある。四天王寺の建立に際し、聖徳太子がこの地に六角堂を建て、如意輪観音を安置した。嵯峨天皇の勅願所。

  清閑寺    ※京都東山にある真言宗の寺。長徳二年(996)、勅願寺に指定されたが、大治四年(1129)焼失。再建後、六条天皇、高倉天皇を寺内に葬る。

  

三月七日

  三拾三間堂  ※京都東山区にある天台宗のお寺、蓮華(れんげ)王院(おういん)の本堂。後白川法王が平清盛に命じて堂舎、等身大の千体観音像を造営させた。本堂三拾三間堂で知られる本堂は国宝。

  小町寺    ※京都市左京区にある補陀洛寺。小野小町終焉の地と伝えられ、境内には小町供養塔、姿見の井戸がある。

  西宗寺    ※山科の道なり。この裏手に月見の石あり。蓮如上人御秘蔵南殿月見の石とあり。

  二条城    ※京都市中京区にある近世の平城。世界遺産。

三月十二日晴

  四ツ頃より打立 ※四ツ時は現在の十時

  西山見物

  朱坂・桂川・嵐山 ※桂川のうち嵯峨(さが)から松尾にかけての流域を大堰(おおい)川と

  渡月橋など     いう。嵐山(あらしやま)・小倉山・()(げつ)橋などのある著名な景勝

   景趣難画筆    地。「けいしゅふでにえがきがたし」

  紫野大徳寺    ※京都市北区にある臨済宗の寺。

  神護寺      ※京都市右京区にある真言宗の古刹。高雄山寺とも言  

清滝川此辺有   われ最澄(さいちょう)空海(くうかい)がここで法会を開いた。勅願寺。

  北野       ※天満宮がある。

  平野       ※平野神社

  二条       ※二条河原の落書きで有名

三月十三日

  金毘羅社参詣   ※讃岐(さぬき)の国の()刀比(とひ)()宮、つまり金毘羅は香川県琴平なので、そこへ参詣する人々を運ぶ船の港ではないかと思われる。

  それより藪下   ※買い物に行く

三月十七日晴     

  西御本山御座敷拝見

虎の間 波の間 御対面処 鶴の間 雁の間 白書院 御能舞台 古惣絵見事

  遊行寺(ゆぎょうじ)(俗称)  ※清浄光寺(しょうじょうこうじ)。時宗の総本山

  東福寺      ※京都市東山区にある臨濟宗東福寺派の総本山。寺名       

            は東大寺と興福寺からとり、本尊の釈迦如来像は高      

            さ十五メートル。

   通天橋 紅葉の名所 秋は此処茶屋多く出来す 誠によき場所なり

藤の森       松高場と名つけし石あり(原文のまま)

                            西 輝喜

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。