春のあけぼの ~旅立ち~


 

 

日 時 平成30年3月1日(木)~31日(土)午前9時 ~ 午後5時

 

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

 

内 容 

 熊本市とくまもと工芸会館では、熊本の工芸品づくりの担い手を育成する「工芸後継者の育成事業」を行っています。一人前の工芸家を育成するには、技術を修得するまでの長い歳月とそれを支える講師や多くの人たちの協力を必要とします。

 今回の展示会では、この後継者育成に当たっている講師と工芸家を目指す若者の作品約50点を展示します。熊本の伝統的工芸品のおばけの金太、川尻刃物、そして熊本友禅作家の若者と講師の作品を是非ご高覧下さい。

 

入場料   無 料

 

出 品   

○おばけの金太 ・・ 講 師:厚賀 新八郎

                             厚賀 俊男

 

 

      

○川尻刃物 ・・ 講 師:隈部 寛

                      琉子 雅紹

 

 

 

 

 

○熊本友禅 ・・ 講 師:島﨑 澄子

        安永 可奈子、湯田 容子、山川 由美子  

       

 

 

今昔着物と古布展

 

 


 

 

 

日  時   平成30年3月28日(水) ~ 4月1日(日)

       午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後3時まで)

 

会  場   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主  催   ククル 中島 貴利  

 

 

内  容   

 染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わってきました。今回は、大島紬・久留米絣・結城紬など日本各地の染織の着物などを中心に展示、また、明治から昭和初期にかけての絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、さらにアンティーク着物から現代に至る着物や帯まで約500点を展示即売します。

 「手間と思いを込めた手づくりの温かみのあるものたち」そこには年を経て色あせても、失われない深い味わいがあります。ぜひご覧ください。

 

入  場   無 料

 

 

【 連絡先 】    

ククル 中島 貴利 福岡県太宰府市宰府5-16-18

TEL 092-555-3323

携 帯 090-4999-1352

 

 

 

木のクラフト展

 


 

 

日  時   平成30年3月22日(木)~25日(日)

       午前10時~午後5時 ※22日は正午から、最終日は午後4時まで

 

会  場   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主  催   村岡 義明(村岡工房)

       佐賀県小城市三日月町織島2926-1

 

 

内  容    

 佐賀県在住の木のクラフト作家、村岡義明氏の4回目の個展。自然の木目を生かした「木の時計」や天然木の色で表現したオリジナルデザインの「木の絵」など約30点を出品します。

 また、自筆の絵や木のボタン、ストラップなども多数出品いたします。

 特に「ふくろうの木の時計」は、多くの方々に「縁起物(不苦(ふく)労(ろう))」の贈答品用として喜ばれています。木の香りに包まれた心癒される展示会場へお越し下さい。

 

入  場   無 料

 

お問い合わせ 村岡 義明 TEL 0952-73-4265

 

 

木目込人形展

 


 

 

日 時    平成30年 3月 7日(水) ~ 18日(日)

       午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後3時まで)

 

主 催    熊本市くまもと工芸会館

 

会 場    熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

 

内 容    

 熊本で活躍する木目込人形作家の作品を一堂に集めた展示会です。木目込人形は、江戸中期の1740年頃、京都の上賀茂神社に仕えた木工職人高橋忠重が、祭事用奉納箱の余り木で人形を作ったのが始まりと言われています。

 木目込人形には、歴史物語りがあり、着物の生地や人形の動きに至る細部にこだわって創ります。出展作品は、江戸時代の風物詩を題材にしたこだわりの人形や節句人形など約50点です。木目込人形が醸し出す歴史物語りをお楽しみください。

 

入場料   無 料

 

 

 

出 品   金子 ヒロ子

      

      木野本 千佳子

      

      田畑 真智乃

      

      松本 民子

      

      村田 加代子

      

       故福田 博子氏の作品を特別出品

 

 

花の輪・人の輪 -みんなの花展-

 


 

 

日  時   平成30年3月3日(土)・4日(日)

       午前10時 ~ 午後4時 

 

会  場   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主  催   (一財)小原流熊本南支部

 

内  容   

 室町時代に始まったとされる「いけばな」は、江戸時代に入ると一般へ広く浸透し、明治以降に数多くの流派が生まれました。

 小原流は、小原雲心が創流し、「盛花(もりばな)」という形式のいけばなを創始し、近代いけばなの道を切り開いてきました。

 毎年小原流では、地域に根差したいけばな展として、「花の輪・人の輪 -みんなの花展-」を日本各地で開催しています。今回の展示会は、親しみやすい展覧会をコンセプトに、いけばな経験の浅い方々にも参加を頂き、多くの皆様に楽しんで頂ける作品展にしていきたいと思います。

 

   

 

入  場   無 料

 

お問い合わせ (一財)小原流熊本南支部 TEL 0964-23-1661

 

 

2018 筑前博多の伝統工芸品展


 

 

1 趣旨・目的

 くまもと工芸会館とはかた伝統工芸館との交流事業「筑前博多の伝統工芸品展」は、今年で6回目の開催になります。今年も福岡・博多の伝統工芸品の素晴らしさを熊本県民へ広く紹介し、伝統工芸品の振興発展と両都市間の文化交流を図ります。

 

2 作品展

(1)名 称    2018 筑前博多の伝統工芸品展

 

(2)日 時    平成30年2月21日(水) ~ 25日(日)  

          午前10時 ~ 午後5時(最終日は午後4時まで)

 

(3)場 所    くまもと工芸会館   熊本市南区川尻1丁目3-58

 

(4)主 催    主 催  くまもと工芸会館、はかた伝統工芸館、福岡市

          共 催  博多織工業組合、博多人形商工業協同組合、博多伝統職の会

 

(5)内 容      国指定伝統的工芸品の博多織や博多人形をはじめ、博多張子、マルティグラスの

          作品約200点を展示・販売します。

 

      

 

博多織  

博多織工業組合 / 国指定の伝統的工芸品

 

博多人形

博多人形伝統工芸士会  / 国指定の伝統的工芸品

 

博多張子

三浦 隆 / 福岡県知事指定特産民工芸品

 

マルティグラス 

有限会社マルティグラス / 福岡県知事指定特産民工芸品

 

 

その他の記事...

  1. 2018 ハンドクラフト フェアー IN 川尻
  2. 第六回 小代焼春陶祭
  3. (2018/02)2月のイベント
  4. (2018/03)3月のイベント
  5. 年末年始休館のお知らせ
  6. 2018 民工芸品まつり
  7. 西南戦争と川尻
  8. 2018 かわしり春ものがたり
  9. 2018 桃の節句展
  10. 手づくり竹細工 合同教室展
  11. 2017 熊本の女性工芸作家展
  12. 波うさぎ教室展 ~古布・紙と遊ぶ~
  13. 2017 肥後の民工芸品展
  14. 北陸福井の民工芸品展
  15. 第23回 KKC熊本ナイフショー
  16. 2018干支展 ~戌~
  17. 2017 工芸品フェスタ
  18. 伝統工芸サミットin博多×交流都市コラボ展
  19. 古布 手作り6人展
  20. 大政奉還150周年記念 プロジェクト参画都市物産展
  21. ペルシャ絨毯&キリム展
  22. 和風の癒し展&苔玉作り体験会
  23. ナイトイベント 月あかり ~うさぎの遊園地~
  24. 第参界 博多人形妖怪展
  25. 今昔着物と古布展
  26. 宝箱 × 肥後モデリングクラブ 合同展示会2017
  27. 七宝焼と彫金展
  28. 熊本の名水百選写真展
  29. お菓子ふれあい絵巻~夏の陣~
  30. 川尻精霊流し
  31. 熊本トムキャッツ2017作品展
  32. 2017 くまもと工芸会館夏まつり
  33. ものづくり・匠の技の祭典2017
  34. 日本の玩具 てまり展
  35. 第13回 暮らしの工芸展
  36. 瀬戸内の民工芸品展
  37. おとこ達の職人技展
  38. 熊本のガラス工芸展
  39. 野の花をいける
  40. 2017 夏の風物展
  41. 2017 くまもと工芸会館教室展
  42. 藍華 田中絣工房展
  43. みんなで工芸品づくり
  44. SoDA × 川尻
  45. ジャパンブルー 藍染展
  46. 古布 5人展
  47. 手編みの手提げ籠展
  48. 木のクラフト展
  49. 今昔着物と古布展
  50. 日本のこま 世界のこま

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。