寒蘭花展示会

 

- 土佐愛蘭会中九州支部 -

 

 


 

 

 

1.日 時   令和3年11月23日(火)~25日(木)

        午前9時 ~ 午後4時

        ※23日(火)の一般公開は午後1時から

        ※25日(木)の一般公開は正午まで 

 

2.場 所   熊本市南区川尻1丁目3-58

        熊本市くまもと工芸会館

 

3.主 催   土佐愛蘭会中九州支部

 

 

4.内 容

 平成28年1月、寒蘭(東洋蘭)を愛する人たちが「土佐愛蘭会中九州支部」を立ち上げました。現在、会員は鹿児島、佐賀、長崎、宮崎、福岡、熊本の各県合わせて38人です。 

 寒蘭は洋蘭のような華やかさや艶やかさはありませんが、凛とした葉姿と花容は、わび・さびの世界に通じる雰囲気を持っています。会員が愛情をかけて育てた作品を一堂に展示し、多くの方々が楽しめる花展示会が出来ればと思っています。会場では余剰株(苗)の販売も行います。          

 

5.入 場   無 料

※新型コロナウイルス感染状況次第では、イベントの中止及び入場制限を行います。

 

≪お問い合わせ先≫

宮本 睦士

上益城郡益城町上陳462-2

TEL  096-286-7139

携 帯 090-4517-1488

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。