歴史読本 『ふるさとの歴史 川尻』発刊のお知らせ


  伝統と史跡の町として知られる熊本市南区川尻町の歴史と伝統、史跡をまとめた「ふるさとの歴史 川尻」が発刊されました。
この「ふるさとの歴史 川尻」は、地元の歴史等を研究している川尻文化の会が熊本市南部地域歴史研究会の方と一緒になり、2年間をかけて編纂した歴史本です。
  限定版のこの本は、124ページのカラー写真刷りで川尻町の歴史は勿論、伝統行事や寺社仏閣・地蔵尊などが詳しく紹介されています。そして、この本は川尻校区の自治会やくまもと工芸会館1階の売店で、1冊1,100円で購入できます。

お問い合わせは、お電話(096-358-5711)もしくはメールフォームから「くまもと工芸会館」までお願いいたします。

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。