北陸福井の民工芸品展


 

 

平成29年11月15日(水)~19日(日)
午前10時~午後5時 (最終日は午後4時まで)                                      

主 催 熊本市くまもと工芸会館

共 催 福井工芸産業振興協議会

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

 

 

内 容 
  熊本市の姉妹都市、福井市の福井工芸産業振興協議会とくまもと工芸会館の交流事業です。
 肥後熊本藩の十代藩主細川斉(なり)護(もり)公の三女勇姫は、越前福井藩主の松平慶永(春嶽)公へ嫁ぎます。そして、肥後の政治、思想家である横井小楠は、松平慶永(春嶽)公に招かれ、福井藩の藩政改革に当たりました。このように福井市と熊本市は、歴史的に縁の深いところです。
 今回の展示会では、木工や染物、和ろうそくなどの福井県の工芸品約100点を展示・販売します。また、ガラスペンや水引細工、草木染、織ネーム、裃製作などは、この展示会に初めての出品です。福井の工芸職人たちの技を一堂に集めた展示会へ、是非お越し頂きたいと思います。

 

入場料 無 料

 

出 品 木  彫  ・・ 岸下 順一
      漆塗り   ・・ 細川 義弘
      和ろうそく ・・ 大津 伊平
      染  物  ・・ 栗山 千鶴代
      木  工  ・・ 三原 繁一、田中 照雄
      ビーズ織り ・・ 小林 千保
      和紙人形 ・・ 高橋 輝代
      紋章上絵 ・・ 山内 義隆
      傘      ・・ 橋本 平吉
      織ネーム  ・・ 柳澤 治久
      草木染   ・・ 石川 雅夫
      裃製作   ・・ 柿本 京子
      硝子工芸 ・・ 田嶋 嘉隆
      水引細工 ・・ 東野 睦美

 

 

第23回 KKC熊本ナイフショー


 

 

日 時 平成29年11月11日(土) ・ 12日(日)
      午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時30分まで)

 

主 催 KKC熊本ナイフクラブ

 

場 所 熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58 

 

内 容 熊本ナイフクラブ会員が作る1本1本の個性的なナイフをこの機会にご覧ください!刃物は危ない、ナイフは何に使うの?使い方がわからない?などの疑問やナイフを怖いと思われる方は、ステンレスの板と天然・人工の材料がなぜこんな形になるか、近くで見て、触れて下さい。今回の展示会は、全国で活躍中のナイフメーカーが参加予定です。自分でナイフを作りたい方、手入れ方法などが分からない方は、是非この機会にご来場ください。

 

【KKCからのお願い】
ナイフショーに来場される際は、「正当な利用のない携帯」と扱われる場合があります。そのため、会場にご自身のナイフなどの刃物を持参されるのはご遠慮ください。

入 場 無 料

 

2018干支展 ~戌~


 

日 時 11月1日(水)~ 1月8日(月・祝)
     午前9時~午後5時                                      

 

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

 

内 容
 2018年の干支「戌」をテーマに、県内外の工芸作家の作品を集めた展示を開催します。熊本県内からは、おばけの金太製作者のからくり干支人形をはじめ、肥後象がんや革、布、陶器など11人の工芸作家の作品約40点を出品します。県外からは、「子供の成長を願う」大豆を入れた戌の張子(埼玉県)や竹の特徴を活かして創った越前竹人形(福井県)など約30点を併せて出品します。

 

入場料 無 料

 

 

出 品 

熊本県 一般社団法人くまもと工芸協会員 10人
       肥後象がん ・・ 河口 知明、坂元 光香
       陶 器 ・・ 岩本 久美惠(千金甲窯)、前田 和(蒼土窯)
       下村 雅子(工房あねもね)
       からくり干支人形 ・・ 厚賀 新八郎(おばけの金太)
       木の葉猿 ・・ 永田 禮三
       押 絵 ・・ 浜田 和代
       七宝・彫金 ・・ 鷹端 璃未
       革工芸 ・・ 出 玲子

     まゆ人形 ・・ やまが門前美術館

 

福岡県 博多人形 ・・ 後藤博多人形株式会社
     博多人形伝統工芸士会有志一同

 

三重県 伊勢一刀彫 ・・ 岸川 行輝

 

埼玉県 張子・練物 ・・ 鈴幸人形店  鈴木 謙

 

福井県 越前竹人形 ・・ 越前竹人形協同組合

 

栃木県 きびがら細工 ・・ 丸山 早苗

 

秋田県 しんこ細工  ・・ 佐藤 雅三

 

 

 

 

2017工芸品フェスタ


 

 恒例の年に一度の大感謝祭を開催。会期中は、全工芸品約1,000点の2割引き販売と包丁研ぎや家庭用まな板削りの割引サービスなど、工芸会館ならではの催し物が盛りだくさん!さらに、工芸品を3,000円以上購入された方には、工芸品が購入出来る商品券などが当たる「大鯛どっこい」に挑戦して頂きます。また、川尻の開懐世利六菓匠による和菓子づくりの実演・販売や10月29日(日)には、ゴスペルのライブコンサートも行います。

 

会 期  平成29年10月27日(金)~29日(日) 午前10時 ~ 午後4時

場 所  熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

主 催  熊本市くまもと工芸会館
  
入 館  無 料

 

 

 

 

≪ 催 し 物 ≫

◆10月27日(金)~29日(日) 

・包丁研ぎ割引サービス / 家庭用の薄刃包丁のみ、1本400円(通常600円)で研ぎます。

※お一人様2本まで

 

・家庭用まな板削り割引サービス / 500円(両面・1枚)
※各日30人様、お一人様1枚まで(先着順)
※まな板は当日お渡しですが、一部後日になる時があります。

 

・大鯛どっこいに挑戦! / 工芸品を3,000円以上購入された方が対象

 

・和菓子の実演・販売 / 開懐世利六菓匠による和菓子の実演と販売

 

・工芸家のお宝バーゲンセール / 工芸家が所有している未使用の家庭用品の大バーゲンセール

 

・お食事処 / 軽食、コーヒーなどを販売

 

◆ゴスペル ライブコンサート
10月29日(日)午後1時 ~   出演者 ・・ M.V.S

 

 

 

伝統工芸サミットin博多×交流都市コラボ展


 

 

1:趣旨・目的
 福岡市のはかた伝統工芸館では、伝統的工芸品の「博多織」、「博多人形」をはじめ、福岡県特産民工芸品の振興を行っています。そして今年は、これまでに交流を深めてきた熊本市や釜山広域市、台南市、有田町などから工芸士や関係者を博多に招き、「伝統工芸サミットin博多×交流都市コラボ展」を開催します。熊本市くまもと工芸会館もこの交流展に参加します。

 

2:会期
平成29年10月26日(木)~11月7日(火)
午前10時~午後6時

 

3:場所
はかた伝統工芸館 福岡市博多区上川端町6-1

 

4:出品
福岡市 ・・ 博多織、博多人形、福岡県特産民工芸品など
国内、海外参加都市 ・・ 熊本市、釜山広域市、台南市、有田町

 

古布 手作り6人展


 

 

会 期

平成29年10月17日(火)~ 22日(日) 午前9時 ~ 午後5時
※17日は正午~、最終日は午後3時まで

 

場 所

熊本市くまもと工芸会館
熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   谷口 美智子(松家ノ子)

 

内 容

  新しい布では出せない風合いある古布を使い作品を作りました。着物や帽子、ハギレ、着物服など約1,000点を展示・販売します。期間中、ちりめん箱や魔女人形作りの教室(有料)を開きます。

 

出 品

四着飛白(さくらこ) ・・ 着物服、ハギレ
布花の森 ・・ 創作人形
松家ノ子 ・・ 古布染(柿渋、墨染め)、小物パーツ
他、出展予定あり

 

体験教室

○ちりめん箱作り教室 
日 時 ・・ 10月20日(金)午前10時 ~ 11時
定 員 ・・ 5人 / 先着順受付
参加料 ・・ 5,000円(材料費込)

 

○魔女人形作り教室 
日 時 ・・ 10月21日(土)午前9時 ~ 午後3時頃
定 員 ・・ 10人 / 先着順受付
       参加料 ・・ 4,000円(材料費込)
       持参物 ・・ 裁縫道具 / 長目の針、綿糸(赤・白・黒)
                     ハサミ

 

連絡先   

古布創作小物 染め 松家ノ子(谷口 美智子)  
鳥栖市鎗田町299-1 携帯090-2088-2366

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。