2017 くまもと工芸会館教室展


 

日時 平成29年 5月24日(水) ~ 28日(日)
   午前10時 ~ 午後5時まで (最終日は午後4時まで)

 

主催 熊本市くまもと工芸会館

 

会場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

内容 くまもと工芸会館で工芸品づくりの基礎を1年間学んだ生徒たちと基礎を学んだ後も工芸品づくりに取り組んでいる方々の作品展を開催します。展示会には、肥後象がん、木工、陶芸、肥後こま、竹工芸、ビーズ織りの9教室の受講生たちの作品約100点を出品します。肥後象がんのペーパーウェイトや竹籠、肥後こまなど生徒さんたちの力作をご覧頂きたいと思います。

 

入場 無料

 

 

 

出品
○肥後象がん教室 ・・ 講師 : 東 清次、稲田 憲太郎
○木工教室 ・・ 講師 : 島田 敏和
○陶芸教室 ・・ 講師 : 陶房テラ ロッサ 沢田 一葉
             工房あねもね 下村 雅子
○肥後こま ・・ 講師:竹原 栄太郎
○竹工芸教室 ・・ 講師 :岡部 弥生、沖 靖幸
○ビーズ織り ・・ 講師 : 野々口 千晶

久留米かすり 藍華 田中絣工房展


 

 

日時 平成29年5月10日(水) ~ 14日(日)
     午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時まで)

 

会場 熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1-3-58

 

主催 田中絣工房 代表 田中 寛

 

内容 
  久留米絣の着物や洋服は、夏は涼しく冬は温かく着ることができます。また、久留米絣の着物や洋服などを長く着用することで、肌に馴染み、風合いが良くなってきます。
  今回の展示会では、藍染手織りの絣を使用した着物や洋服、小物など約100点を展示・販売します。皆様に藍の色合いや手織りの風合いをお楽しみ頂きたいと思います。

 

入場   無 料

 


問い合わせ  田中絣工房  福岡県筑後市高江442-1
TEL 0942-52-4423
FAX 0942-48-8355

 

ゴールデンウィーク特別企画
みんなで工芸品づくり


 


会期 平成29年 5月 3日(水)~ 7日(日)
     午前10時 ~ 午後3時30分

 

場所 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

主催 熊本市くまもと工芸会館

 

内容 
 熊本市くまもと工芸会館では、ゴールデンウィーク特別企画として、子どもたちの「楽しい体験」「思い出の体験」をテーマに、「みんなで工芸品づくり」を開催いたします。
 今年は、機(はた)の代わりに画用紙を使ってつくる麻糸のコースターや竹の箸置き、パッチワークキルトの敷物づくりなどを行います。また、期間中、「おばけの金太誕生祭」と同時開催のため、「おばけの金太」をテーマにした陶器や革工芸などの工芸品づくりの体験も行います。
 さらに、「おばけの金太誕生祭」の会場では、おばけの金太の製作者による製作実演を行います。


入場 無料

 

 

《 日替わり工芸品体験スケジュール 》

対象:小・中・高校生  時間:午前(10時~正午) 午後(午後1時30分~3時30分) 

日  時

体験作品

材料費(円)

定員(人)

5月3日(水)

午前・午後

おばけの金太のキーホルダー(革のローケツ染)

800

各5

とんぼ玉のストラップ

1,000

各4

5月4日(木)

午前・午後

おばけの金太の壁掛け(ステンドグラス)

1,000

各5

パッチワークキルトの敷物

500

各5

5月5日(金)

午前・午後

おばけの金太のブローチ(七宝焼)

1,000

各5

麻糸のコースター

300

各3

5月6日(土)

午前・午後

おばけの金太の絵付け(陶器)

1,000

各5

竹の箸置き(2個)

500

各5

5月7日(日)

午前・午後

おばけの金太のキーホルダー(革工芸)

800

各10

肥後こま

500

各5

 

 

※事前に電話予約要。4月25日(火)午前9時より受付開始
※当日の工芸品づくりは、原則として1人1作品です。
※受講者の年齢により、保護者同伴の場合があります。
※とんぼ玉のストラップづくりの体験時間は、10時、11時、13時、14時です。

 

 

 SOJO Design & Art  

SoDA × 川尻

 

崇城大学芸術学部大学院研究科生有志による展示会

 


会期  7月8日(土)~7月17日(月)

会場  熊本市くまもと工芸会館 2F企画展示室

出品者  

 

コウゲン(日本画)

 

安森大樹(彫刻)

 

井添將仁(日本画)

 

中島知宏(洋画)

 

福山大夢(デザイン)

 

廣津卓郎(洋画)

ジャパンブルー 藍 染 展


 

 

平成29年4月12日(水)~23日(日)
午前10時~午後5時まで(最終日は午後4時まで)

                                      

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

内 容 

  古くから日本人に愛されている「藍染」は、「ジャパンブルー」と呼ばれ、日本を代表する色となりました。
  この展示会では、蓼藍(たであい)を染料として、伝統技法で染めた青系統の色彩豊かなタペストリーや洋服、そして、沖縄県のキツネノマゴ科に属する多年草を染料として使用する琉球藍染の作品約100点を展示・販売します。

           

入場料   無 料

 

 

 

 

 

出 品 

北海道 ・・ 藍染坐忘
島根県 ・・ 長田染工場(筒描藍染)
徳島県 ・・ 長尾織布合名会社(阿波しじら織・藍染)
        有限会社 本藍染矢野工場(天然灰汁発酵建て本藍染)
福岡県 ・・ 工房夢細工
熊本県 ・・ 福永 幸夫
        上野 良子
沖縄県 ・・ 琉球藍製造所(藍染革細工)
        花藍舎(琉球藍染手織り)

 

 6月のイベント・展示会

◇2F企画展示室


◇1F常設展示場


◇1F実演・体験


     ● 6月の日替わり実演・体験スケジュール ※体験一覧表はこちら

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。