2016 肥後の民工芸品展


会 期 平成28年11月14日(月)~23日(水)

    午前10時 ~ 午後6時
        ※初日は午後1時~、最終日は午後3時まで

主 催 はかた伝統工芸館

共 催 熊本市くまもと工芸会館

場 所 はかた伝統工芸館 1階 企画展示室
    福岡市博多区上川端6-1

内 容 
 はかた伝統工芸館とくまもと工芸会館の交流事業「2016肥後の民工芸品展」を開催します。福岡県民や博多を訪れる観光客などに、熊本の伝統的工芸品などを紹介するこの交流事業は、今年で5回目です。今回は革工芸をはじめ、熊本の各種工芸品や物産品の販売の他に、福岡県で大人気の革のくまモンストラップづくり教室を行い、熊本の魅力を発信します。

≪ 出 品 ≫ 
一般社団法人 くまもと工芸協会会員 21人
○肥後象がん・・大住 裕司、稲田 憲太郎、坂元 光香、麻生 翼
 象がんの「象」は、かたどる「がん(嵌)」は、嵌め込むことを意味する。
 鉄の生地に金鎚とタガネで細かい刻みを入れ、鹿の角で金銀を打ち込みます。
 ※国指定の伝統的工芸品

○陶芸・・岩本 久美恵(千金甲窯)、前田 和(蒼土窯) ※熊本県伝統的工芸品

○肥後てまり・・鶴田 美知子 ※熊本県伝統的工芸品
 伝統の模様から創作模様に至るまで刺繍糸でかがり製作

○肥後まり・・山隈 政子、水野 停子 
 13の模様を草木染めの綿糸で製作
 ※熊本県伝統的工芸品

○おばけの金太 / 厚賀 新八郎 ※熊本県伝統的工芸品
 おばけの金太は、加藤清正が熊本城の築城に携わった足軽の金太がモデルと言われる

○木の葉猿・・永田 禮三 ※熊本県伝統的工芸品
 型を使用せず粘土をこねて素焼きするひねりの芸術と称され、素朴な玩具

○彦一こま・・井芹 眞彦 ※熊本県伝統的工芸品
 肥後の民話に登場する彦一が、傘、頭、胴、台の4つのこまに分解される玩具

○肥後こま・・竹原 栄太郎
 人間の五臓を色で表現し、絵付けした肥後伝統のこま

○竹工芸・・山田 庸介、桑原 哲次郎 ※熊本県伝統的工芸品

○肥後革ローケツ染・・牧野 利枝、梅林 富美子、中野 るみ子
 ロウや松ヤニを溶かし、水にしめした革に図案を写す。色染めした染料で、
 ロウ描きしながら色を染める。

○革工芸・・出 玲子、玉永 久美子、久保田 豊
 牛革の表面に図案を写し、図案の線に添って切込みを入る。
 工具を使って図案を浮き立たせ、手縫いで仕上げる。

※一般社団法人くまもと工芸協会会員の作品は、「くまもと市推奨工芸品」です。


○花ござ・・社会福祉法人 清香会    ※熊本県伝統的工芸品
 注、一般社団法人くまもと工芸協会会員ではありません。

 

ペルシャ絨毯 & キリム展
~2016年 Autumn Sale~


 

    

平成28年11月2日(水) ~ 6日(日)
午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時まで)

会 場  熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催  有限会社シャディ・ベア

内 容  
 ペルシャ絨毯を数多く取り揃えているシャディ・ベアだからできる販売価格で、高品質のペルシャ絨毯・キリム・ギャッペ約100点を展示・販売いたします。20~50%OFFのお買得商品も豊富に揃えています。

≪お問い合わせ先≫
有限会社シャディ・ベア
東京都江戸川区小松川1-5-10
TEL 03-5609-5976
E-Mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

 

 

2017 干支展 ~酉~


1.会 期  平成28年11月 1日(火)~ 12月27日(火)

      午前9時 ~ 午後5時

 

2.会 場 熊本市くまもと工芸会館 1階 常設展示場
    

3.主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

4.内 容 
 来年の干支「酉」をテーマにした熊本県内外の工芸作家たちの作品展を開催します。熊本市の厚賀 新八郎氏のからくり干支人形や山鹿市のまゆ人形、そして、思わず手のひらにのせて眺めたくなる栃木県のきびがら細工など約50点を展示・販売します。
 また、和歌山県の郷土玩具「導きの八咫烏」や福岡県の可愛い博多人形などもあわせて出品します。
         

5.出 品

熊本県
一般社団法人 くまもと工芸協会

 陶 器 ・・沢田 一葉・下村 雅子(陶房テラロッサ)
       前田 和(蒼土窯)
 からくり干支人形 ・・ 厚賀 新八郎
 木の葉猿 ・・ 永田 禮三
 押 絵 ・・ 浜田 和代
 七 宝 ・・ 和田 鈴子、鷹端 璃未(七宝・彫金)
 革工芸 ・・ 出 玲子
 
まゆ人形 ・・ やまが門前美術館 / 山鹿市
       

福岡県  
 博多人形 ・・ 後藤博多人形株式会社
 博多人形伝統工芸士会

宮崎県
 久峰うずら車 ・・佐土原町伝統的工芸品保存会

和歌山県
 導きの八咫(やた)烏(がらす)など ・・ 文左

栃木県
 きびがら細工 ・・ きびがら工房 丸山 早苗


6.入 場    無 料

 

2016 工 芸 品 フ ェ ス タ


 

会 期  平成28年10月28日(金)~30日(日)  午前10時 ~ 午後4時

場 所  熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

主 催  熊本市くまもと工芸会館
  
入 館  無 料

 

毎年恒例の年に一度の大感謝祭「工芸品フェスタ」。昨年までは会員70人が製作した全工芸品を通常販売価格の20%引で販売していました。しかし、今年は一般社団法人くまもと工芸協会創立25年周を記念して、通常販売価格の25%引で販売いたします。

  

国指定伝統工芸品の肥後象がんや川尻包丁、まな板、竹工芸品、革工芸品などの工芸品から肥後まりやおばけの金太などの郷土玩具など合わせて約1,000点を出品いたします。

 

また、大人気の包丁研ぎや家庭用まな板削りの割引サービス(包丁研ぎは野菜・文化包丁のみでお一人2本まで、またまな板削りは一般家庭用のみでいずれも、仕上がりは当日から3,4日間かかることがあります)

 

さらに、会場で3,000以上の工芸品を買われた方は「大鯛どっこい」に挑戦!商品券や果物などのプレゼントがゲットできます。そのほか、いろんなイベントをご用意しています。


◆10月28日(金)~30日(日) 

 

・包丁研ぎ割引サービス / 薄刃包丁のみ1本400円(通常600円)で研ぎます。 
※お一人様2本まで(先着順)
※包丁は、受付当日から~翌日に順次渡し
 
・家庭用まな板削り割引サービス / 800円(一般家庭用、両面・1枚)
※各日30人様、お一人様1枚まで(先着順)
※まな板は、後日お渡し(翌日~7日後)

 

・大鯛どっこいに挑戦! / 工芸品を3,000円以上購入された方が対象

 

・和菓子の実演・販売 / 開懐世利六菓匠による和菓子の実演・販売

 

・お食事処 / 軽食、コーヒーなどを販売

 

◆ギターの弾き語りコンサート
 10月30日(日)午後12時30分 ~
 演奏者 ・・ 添島 廣陸

 

木目込人形・天草四郎更紗・竹工芸 三人展

~ 故福田 博子・故有川 満知子・故東 日出夫を偲んで ~


 

平成28年10月 5日(水) ~ 16日(日)  ※11日(火)は休館日
午前10時 ~ 午後5時まで (最終日は午後4時まで)                                      

主 催  熊本市くまもと工芸会館

会 場  熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容  
  永年、工芸品づくりを続けられ熊本の伝統工芸振興に寄与された一般社団法人くまもと工芸協会の元会員故福田 博子氏(木目込人形)、故有川 満知子氏(天草四郎更紗)、故東 日出夫氏(竹工芸)の遺作品を一堂に集めて展示・販売いたします。木目込人形作家の故福田 博子氏の人形づくりは、人形に着せる織物にこだわりを持ち続けて来ました。また、天草四郎更紗の故有川 満知子氏のバッグは、軽さと使いやすさからご高齢の愛用者が多く、故東 日出夫氏の竹のバッグは、繊細な美しさと使いやすさを兼ね備え、県内の竹工芸品づくりの第一人者として名声を上げて来ました。
 この3人の遺作品を皆様に是非ご覧頂きたいと思い、展示会を企画しました。
        
入 場  無 料

出 品  一般社団法人くまもと工芸協会元会員

      ○木目込人形   ・・ 故福田 博子
      ○天草四郎更紗 ・・ 故有川 満知子
      ○竹工芸     ・・  故東 日出夫
            

 

ナイトイベント 月あかり

~ うさぎの遊園地 ~


 

期 間 平成28年9月23日(金)~25日(日)
    午後6時 ~ 8時 (ライトアップ型のナイトイベント)

主 催  熊本市くまもと工芸会館

会 場  熊本市くまもと工芸会館 1階 中庭

入 場  無 料

内 容
 今年は、一面に水を張った1階中庭で、うさぎたちが楽しそうに遊ぶ「遊園地」を創出します。そして、3世代のうさぎたちの周りには、ステンドグラスやキャンドルなどの美しいあかりが灯り、会場には、竹でつくった大きな満月(LED4,500球使用)が輝き、幻想的な風景を演出します。
 また、1階の館内では、様々な工芸品のあかりの展示と音楽のコンサートを行い、2階の展示会場では、若手博多人形師たちの「第弐界 博多人形妖怪展」を開催します。さらに、今年は、顔出しパネルで写真撮影が楽しめます。
今年の「ナイトイベント 月あかり」は、熊本地震で被災された多くの熊本県民に、心の安らぎを感じて頂きたいとの願いを込めて、この事業に取り組んでいきたいと思います。

≪月あかりコンサート≫
9月23日(金) 午後7時 ~ 午後7時30分
横笛コンサート / 古賀 清美

9月24日(土) 午後7時 ~ 午後7時30分 
ギターコンサート / 石橋 正一

9月25日(日) 午後7時 ~ 午後7時30分 
弦楽四重奏コンサート / TAIPI-EN

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。