日 本 の け ん 玉 展


 

1.会 期 平成28年 8月 2日(火)~ 31日(水)
      午前9時 ~ 午後5時

 

2.会 場 熊本市くまもと工芸会館 1階 常設展示場
    

3.主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

4.内 容 

 古くからけん玉は世界各地にあり、日本のけん玉は、江戸時代後期(1809)の義浪編「拳会角力図会・下」に登場します。当時のけん玉は、玉を皿にすくい入れて競い合い、吉凶の占いにも利用したとされています。現在のけん玉の形(日月(にちげつ)ボール)は、大正時代に広島県でつくられ、それが次第に普及したものです。
 今回の展示会には、日本の伝統技術で作った木製のけん玉からアルミニュウム、紙等の素材で作った新しいけん玉約50点を出展します。また、トナカイの骨で作ったデンマークのけん玉など外国のけん玉も特別展示します。
 さらに、8月13日(土)・14日(日)は、けん玉の実演と体験を行います。

 

 


5.出 品

○熊本県 ・・ 井芹眞彦(彦一こま)/一般社団法人 くまもと工芸協会

○福岡県 ・・ 独楽工房 隈本木工所

○広島県 ・・ 砂原夢企画 砂原 宏幸

○三重県 ・・ 畑井刳物工房 畑井 和也

6.入 場    無 料

日光街道の工芸品めぐり


 

平成28年 7月21日(木) ~ 31日(日)
午前10時 ~ 午後5時まで (最終日は午後4時まで)                       

主 催 熊本市くまもと工芸会館

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容 江戸日本橋から日光に至る旧日光街道沿いには、今もその当時から伝承されている工芸品が数多く残されています。今回の展示会は、旧日光街道沿いの市町村で、伝統技術を守り続けている職人の作品約100点を展示・販売します。日光彫の木地師が余技でつくったと言われるミニチュアの茶道具や越谷だるま、東京打刃物などを出品いたします。また、金工、漆工、染織皮革などの技術を結集した越谷甲冑も展示いたします。その中には、大河テレビドラマで放映している真田幸村公が当時着用していた同型の鎧があります。さらに、日光街道の道中名物として親しまれてきた草加せんべいを特別販売いたします。
        
入 場    無 料

 

 

 

  出 品    

 

東京都

・東京七宝:畠山七宝製作所 
・東京打刃物:三代目長太郎 石塚 昭一郎
                 
埼玉県  

・越谷甲冑:株式会社 忠保 大越保広
・越谷だるま:越谷市だるま組合

 

・草加せんべい ・・ 草加せんべい振興協議会


茨城県

・笠間焼:笠間焼協同組合

 

栃木県

・日光下駄:日光伝統工芸組合協議会 栃木県伝統工芸士 山本 政史
・郷土玩具:日光茶道具 日光彫協同組合 安久都工芸 安久都 敏男
・日光彫:日光彫協同組合 有限会社村上豊八商店
             日光彫ながみ
             株式会社五十嵐漆器
             歌ヶ浜 山田屋
             有限会社ゑびすや

 

 

SOJO Design & Art  2016 SoDA × 川尻

崇城大学芸術学部 大学院芸術研究科 美術専攻生による展示会


 

会 期  平成28年 7月 2日(土)~17日(日) 
     午前10時 ~ 午後5時(最終日は午後4時まで)

主 催  熊本市くまもと工芸会館

共 催  崇城大学 芸術学部 大学院芸術研究学科

場 所  熊本市くまもと工芸会館  

          熊本市南区川尻1丁目3-58

内 容  崇城大学芸術学部大学院芸術研究科美術専攻生の洋画、日本画、彫刻約30点を展示いたします。

出 品  

○洋 画 ・・ 貞永 幸一朗、牧角 香奈子、福田 真子、堀川 このみ

○日本画 ・・ キノシタユウスケ、井添 將仁、佐藤 加奈
           
○彫 刻 ・・ 安森 大樹

入 場  無 料

 

2016 夏 の 風 物 展


 

1.会 期 平成28年 6月 1日(水)~ 7月31日(日)
      午前9時 ~ 午後5時

2.会 場 熊本市くまもと工芸会館 1階 常設展示場
    
3.主 催  熊本市くまもと工芸会館

4.内 容 
 「2016 夏の風物展」は、“涼”をテーマに風鈴やうちわ、竹工芸、ガラス工芸など夏の風物を集めた作品展です。注ぐ飲み物によりグラスの中の富士山の色が変化する富士山グラス(江戸硝子)をはじめ、京都のガラス工芸作家の美しい金魚や透き通った音色の南部風鈴など約60点を展示・販売します。また、金子實氏(東京都)の珍しいひょうたん型の砂時計もあわせ出品します。
         
5.出 品   

「熊本県」/一般社団法人くまもと工芸協会

陶 器 ・・ 前田 和(蒼土窯)
肥後てまり ・・ 鶴田 美知子
押 絵 ・・ 浜田 和代
機織り ・・ 上野 良子
竹工芸 ・・ 沖 靖幸
七宝・彫金 ・・ 鷹端 璃未
布 花 ・・ 森 由美

「京都府」

ガラス工芸 ・・ 網野 篤子

「東京都」

江戸硝子 ・・ 彫刻ガラス ワタベ 
砂時計 ・・ 有限会社 金子硝子工芸

「岩手県」
南部風鈴 ・・ 南部鉄器協同組合
                

6.入 場    無 料

 

おとこ達の職人技展


 

平成28年 6月21日(火) ~ 26日(日)
午前10時 ~ 午後5時まで (最終日は午後4時まで)

主 催 熊本市くまもと工芸会館

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容 
 今年は一般社団法人くまもと工芸協会創立25周年を迎え、男性工芸作家の工芸作品とそれをつくる道具を一堂に展示いたします。国指定の伝統的工芸品の肥後象がんや小代焼をはじめ、熊本の職人たちが丹精込めてつくった17種類の工芸品約100点の展示・販売と道具約30点を展示いたします。
そして、期間中、毎日3人の工芸作家による工芸品づくりの実演と満﨑藤一氏の川尻桶の道具を特別展示いたします。

入 場    無 料


出 品   
河口 知明(肥後象がん)、東 清次(肥後象がん)、大住 裕司(肥後象がん)
坊田 透(肥後象がん)、稲田 憲太郎(肥後象がん)、麻生 翼(肥後象がん)
島田 敏和(木工)、青木 定夫(能面)、近重 眞二(小代焼)
前田 和(蒼土窯)、厚賀 新八郎(おばけの金太)、永田 禮三(木の葉猿)
井芹 眞彦(彦一こま)、竹原 栄太郎(肥後こま)、東 日出夫(竹工芸)
藤谷 幸也(竹工芸)、桑原 哲次郎(竹工芸)、宮本 一男(尺八)
沖 靖幸(竹工芸)、岩下 圭介(ステンドグラス)、福山 秀市(とんぼ玉)
野口 圭(とんぼ玉)、久保田 豊(革工芸)、林 昭三(川尻刃物)
隈部 寛(手打ち刃物)、吉村 好明(葦ペン)

 

 

期間中は工芸家が作った竹カップ(写真)でコーヒーのおもてなしがあります。

(無料、マドラー付きカップの持ち帰りも出来ます)

ゴールデンウィーク特別企画
みんなで工芸品づくり


会  期 平成28年 5月 3日(火)~ 5日(木)

     午前10時 ~ 午後3時  

場  所 熊本市南区川尻1丁目3-58 
     熊本市くまもと工芸会館

主  催 熊本市くまもと工芸会館
                                                  内  容 
熊本市くまもと工芸会館では、ゴールデンウィーク特別企画として、子どもたちの「楽しい体験」「思い出の体験」をテーマに、『みんなで工芸品づくり』を開催いたします。肥後こまやとんぼ玉、陶芸、竹工芸、機織り、キャンドル、革工芸、革のローケツ染、ステンドグラス、ミニチュアづくりなど11種類の工芸品を日替わりで体験することが出来きます。また、期間中、ミニチュアアートの作品展も同時開催いたします。
   
入  場   無料

《 日替わり工芸品体験スケジュール 》

  
対象:小・中・高校生  時間:午前(10時~正午) 午後(午後1時~3時)

※事前に電話予約要 (先着順) 4月26日(火)午前9時より受付
※当日の工芸品づくりは、原則として1人1作品です。
※受講者の年齢により、保護者同伴の場合があります。
※はた織りでコースターづくりの作品は、後日郵送となります。
(郵送代は講師負担)

日  時

体験作品

材料費(円)

定員(人)

5月3日(火)午前・午後

陶器の絵付け

1,000

各10

ステンドグラスのサンキャッチャーづくり

1,000

各10

革に絵を描く(ローケツ染)

800

各5

はた織りでコースターづくり

500

各4

ミニチュアアートの小さなパン屋さんづくり

1,000

各5

5月4日(水)午前・午後

とんぼ玉づくり

1,000

各8

革のストラップづくり

500

各10

肥後こまづくり

500

各10

竹の体操人形づくり

300

各5

ミニチュアアートの小さなパン屋さんづくり

1,000

各5

5月5日(木)午前・午後

陶器の絵付け

1,000

各10

革のコインケースづくり

1,000

各10

キャンドルのケーキづくり

700

各10

はた織りでコースターづくり

500

各4

ミニチュアアートの小さなパン屋さんづくり

1,000

各5

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。