秋風とともに 布展


 

1.会 期   平成28年 9月 1日(木)~ 10月23日(日)
          午前9時 ~ 午後5時

2.会 場   熊本市くまもと工芸会館 1階 常設展示場
    
3.主 催   熊本市くまもと工芸会館

4.内 容   

 繭から糸を引き染色した糸で機を織ってつくる染織のテーブルセンターやコースター。ろーけつ染めで熊本の阿蘇を描いた高津明美氏の作品など熊本の工芸作家たちの作品約50点を集めた布の工芸作品展を開催します。
また、県内の工芸作家の他にも国指定の伝統的工芸品の西陣織の美しい帯やバッグ、小物などもあわせて出品します。
         
5.出 品   熊本県 / 一般社団法人くまもと工芸協会
         機織り ・・ 沖田 松子、上野 良子
         染 織 ・・ 堀 絹子、長田 照恵
         染 色 ・・ 高津 明美
         手描き友禅 ・・ 内空閑 円子
         熊本友禅 ・・ 中川 さよ
         藍 染 ・・ 福永 幸夫
         布 花 ・・ 森 由美
            
京都府  西陣織 ・・ 西陣織会館

6.入 場    無 料

 

 

第33回 熊本トムキャッツ飛行機模型作品展
~2016年テーマ「蛇の目の翼」~


 

日 時 平成28年 8月27日(土)~28日(日)
    午前9時 ~ 午後5時(最終日は午後4時まで)

場 所 熊本市南区川尻1丁目3-58
    熊本市くまもと工芸会館

主 催 熊本トムキャッツ

テーマ 蛇の目の翼

展示機数 約100点

内 容
 「第33回 熊本トムキャッツ飛行機模型作品展」は、会員15人が「蛇の目の翼」イギリス軍機を中心とした飛行機模型約30点を展示します。また、テーマ作品の他にも、色々な時代につくられた世界各国の航空機模型約20点も出展します。
 さらに、熊本県外の参加者20人の作品もあわせて展示しますので、皆様どうぞお気軽に会場へお越しください。
        

入 場  無 料

≪お問い合わせ先≫
  
熊本トムキャッツ 担当 大塚康紀
熊本市南区近見2-2-7 TEL 096-359-6824

 

家族劇団 天然木の公演


 

 

会 期 平成28年 8月13日(土)~14日(日)
    午後1時30分 ~ 午後3時

主 催 熊本市くまもと工芸会館
 
場 所 熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

内 容
 熊本県を中心に活躍する劇団天然木のミュージカルの公演を行います。劇団天然木は、脚本が母と次女、音楽と演奏が母、美術が父、振り付けが長女、そして息子2人を加えた熊本県山都町在住の家族劇団です。
        
演 目 8月13日(土)  あっちゃんの龍
    8月14日(日)  ・ミュージカル死神 (古典落語「死神」より)
              ・どけいくな 

入 場  小・中高校生/100円、高校生以上/200円
    ※未就学児は無料。但し、保護者同伴

ばあちゃんと孫の工芸展


主催 嶋本 慶之介

 

会期 平成28年8月4日(木)~7日(日)
     午前10時~午後4時

 

場所 熊本市くまもと工芸会館
   熊本市南区川尻1丁目3-58

 

内容 
  祖母(故嶋本 順子)のパッチワークと孫(神垣 悠人)のチャレンジブロックのジョイント作品展を開催します。
  この展示会は、昨年秋に亡くなった嶋本順子の遺作展でもあり、パッチワークのタペストリーや小物、動物のチャレンジブロックなど約30点を出品します。

 

連 絡 先  
嶋本 慶之介  熊本市南区会富町  TEL096-227-1800

 

 

2016 くまもと工芸会館夏まつり


 子供たちに「ものづくり」の楽しさや素晴らしさを体験してもらう「2016 くまもと工芸会館夏まつり」を開催します。

  子供たちが自由な発想でつくる陶器の絵付けや作って遊べる竹の水鉄砲づくり、水に浮かべて楽しむキャンドルづくりなど8種類の工芸品づくりが出来ます。
  さらに、この期間中の8月13日(土)・14日(日)は、熊本県山都町在住の「家族劇団天然木のミュージカル公演」と「けん玉の実演と体験」を特別開催します。

会  期:平成27年 8月12日(金) ~ 14日(日)
    午前10時 ~ 午後3時30分 

※家族劇団天然木の公演とけん玉の実演・体験は、8月13日(土)・14日(日)に行います。


場 所:〒861-4115 熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館 

主 催:熊本市くまもと工芸会館


夏まつり 子供体験教室

※8月5日(金)午前9時からくまもと工会芸会館で電話予約受付開始

体験時間 ①午前10時~正午 ②午後1時30分~午後3時30分
対 象 : 小・中・高校生 ※汚れても良い服装で参加して下さい。

 

◆8月12日(金)

①陶器の絵付け(皿)

 

 

 講 師 : 下村 雅子さん
 材料費 : 1,000円
 定 員 : 各10人

 

②水に浮かぶキャンドルづくり(10個)
  講 師 : 上村 敏子さん
 材料費 : 700円
 定 員 : 各10人

 

③革の名札づくり(ローケツ染)
 講 師 : 中野 るみ子さん
 材料費 : 800円
 定 員 : 各5人
※小学4年生以下保護者同伴
            

 

◆8月13日(土)

①竹の水鉄砲づくり
 講 師 : 藤谷 幸也さん
 材料費 : 300円
 定 員 : 各10人
※小学3年生以下保護者同伴

 

②革のペン立てづくり
 講 師 : 出 玲子さん
 材料費 : 1,000円
 定 員 : 各10人

 

◆8月14日(日)

①木のイスづくり
 講 師 : 島田 敏和さん
 材料費 : 1,000円
 定 員 : 各5人

 

②竹のホイッスルづくり
 講 師 : 宮本 一男さん
 材料費 : 500円
 定 員 : 各10人
※小学3年生以下保護者同伴

 

③ステンドグラスの手鏡づくり
 講 師 : 丹 美保子さん
 材料費 : 1,000円
 定 員 : 各10人
※小学3年生以下保護者同伴
※軍手を持参してください

 


けん玉の実演・体験

日 時:8月13日(土)・14日(日) 午前10時 ~ 
会 場:くまもと工芸会館 
体験料:無料(但し、小・中学生のみ)


家族劇団天然木の公演

日 時:8月13日(土)・14日(日) 午後1時30分 ~ 午後3時
会 場:くまもと工芸会館 2階
演 目:8月13日(土)  あっちゃんの龍
    8月14日(日)  ・ミュージカル死神 (古典落語「死神」より)
              ・どけいくな 
入場料:小・中学生/100円、高校生以上/200円
※未就学児 : 無 料 (保護者同伴)
   

 

日 本 の け ん 玉 展


 

1.会 期 平成28年 8月 2日(火)~ 31日(水)
      午前9時 ~ 午後5時

 

2.会 場 熊本市くまもと工芸会館 1階 常設展示場
    

3.主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

4.内 容 

 古くからけん玉は世界各地にあり、日本のけん玉は、江戸時代後期(1809)の義浪編「拳会角力図会・下」に登場します。当時のけん玉は、玉を皿にすくい入れて競い合い、吉凶の占いにも利用したとされています。現在のけん玉の形(日月(にちげつ)ボール)は、大正時代に広島県でつくられ、それが次第に普及したものです。
 今回の展示会には、日本の伝統技術で作った木製のけん玉からアルミニュウム、紙等の素材で作った新しいけん玉約50点を出展します。また、トナカイの骨で作ったデンマークのけん玉など外国のけん玉も特別展示します。
 さらに、8月13日(土)・14日(日)は、けん玉の実演と体験を行います。

 

 


5.出 品

○熊本県 ・・ 井芹眞彦(彦一こま)/一般社団法人 くまもと工芸協会

○福岡県 ・・ 独楽工房 隈本木工所

○広島県 ・・ 砂原夢企画 砂原 宏幸

○三重県 ・・ 畑井刳物工房 畑井 和也

6.入 場    無 料

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。