今昔着物と古布展

 


 

*内容
日本の染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わってきました。今回は、「琉球紅型木綿着物(昭和初期)」をはじめ、結城紬・大島紬・久留米絣、他、日本各地の染めと織りの着物を中心に展示いたします。また、明治から昭和初期にかけての絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、着れる着物・帯からリメイク用着物まで約300点を展示即売。手間と思いを込められた手づくりの温かみのあるものたち。そこには年を経て色褪せても、失われない深い味わいがあります。
ぜひご覧下さいませ。


*場所 くまもと工芸会館 企画展示室「創」
    熊本市南区川尻1丁目3-58
    TEL 096-358-5711

*期日 9月24日(水)~28日(日)
     10:00-17:00(最終日15:00迄)

*連絡先 福岡県太宰府市宰府5-16-18
ククル 中島貴利  ☎092-555-3323  ☎090-4999-1352

 

祭りばやし 工芸作品展


 

 

会 期 平成26年 9月 9日(火) ~ 10月19日(日)
     午前9時 ~ 午後5時まで                                   

主 催 熊本市くまもと工芸会館

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  
            熊本市くまもと工芸会館 1階 常設展示場

内 容 
 秋の風物詩である『祭り』をテーマにした工芸品を一堂に集めた作品展を開催します。熊本の職人がつくる肥後てまりのかんざしや布花の花かんざし、ちょっと小粋な根付や帯飾りなどくまもと工芸会館ならではの作品約50点を展示・販売します。また、東京浅草を象徴する投網の柄「山道」は、漁師が浅草の観音様を投網で救い出したことに由来します。この「山道」をモチーフにした手ぬぐいや祭りの小物をあわせて出品いたします。

  
出 品
○一般社団法人くまもと工芸協会
・肥後象がんの根付 / 東 清次、稲田 憲太郎、坂元 明子
・かんざし / 鶴田 美知子(肥後てまり)、森 由美(布花)
・屏風、掛け軸 / 浜田 和代(押絵)
・タペストリー、コースター / 福永 幸夫(藍染)
・ショルダーバッグ / 上野 良子(染織)
・竹皮の草履、雪駄 / 歌津 十紀雄
・竹 笛 / 宮本 一男
・帯飾り / 野口 圭(とんぼ玉)、福山 秀市(とんぼ玉)

○い草の草履 / い草縄工房(八代市)

○手ぬぐい、小物 / 浅草お祭りミュージアム(東京都)

 

久留米かすり 藍華 田中絣工房展


日 時  平成26年 9月10日(水)~15日(月・祝)
      午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時まで)

主 催  田中絣工房 田中 寛(比呂司)

場 所  熊本市くまもと工芸会館
熊本市南区川尻1丁目3-58

内 容   国指定の伝統的工芸品久留米絣は、風合いと肌触りの良さが魅力で
す。久留米絣の着物や洋服は、『夏は涼しく冬は温かい』ため1年を通して着ることができます。
 今回の展示会は藍染・手織りの絣を使い、着物や洋服、小物など約150点を展示・販売します。展示会にお気軽にお越しください。 

宝箱 x GUNV 合同展示会


 

 日時:平成26年9月06日(土)~9月7日(日) 

平成26年9月06日(土)12:00~18:00まで
平成25年9月01日(日)09:00~17:00まで
(※展示準備は9/06AM9:00より)
会場:熊本市くまもと工芸会館 2F企画展示室「創」

主催:模型サークル宝箱

展示会名「宝箱&GUNV 合同展示会」

内容「熊本の模型サークルのジョイント展示会。プロの雑誌作例も展示」

詳細・・・
今年も、宝箱とGUNVという2つの模型サークルの合同展示会としております。
新しい作品も多数展示されますので、お気軽に遊びに来てください。
また、昨年に引き続き、プロモデラーの作品を展示いたします。
電撃ホビーマガジン、ホビージャパン等でご活躍の方々です。
プロも来場されますので、いろいろ質問が可能です。
お楽しみにしてください。

 今回の展示会では宝箱が『懐ロボ』をテーマにした作品を。
ガンVが『未完成・・・制 作過程を見てほしい』といったテーマで行います。

プロモデラー紹介
小林和史 氏 (9/6夕方~7来場予定)
松本尚文 氏  (9/6~7来場予定)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連絡先・・・
宝箱/池田 090-9409-8490
GUNV/長島 090-9793-6935

 

くまもと工芸会館夏まつり開催変更のお知らせ (8月7日12:00)


 

8月8日(金)~10日(日)に開催予定をしておりました「くまもと工芸会館夏まつり」は、台風11号の接近に伴い一部開催内容を変更いたします。
ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、来館者の安全を考慮しての変更ですので、ご理解とご協力をよろしくおねがいいたします。


変更前
8月8日(金)
・革の小銭入れづくり
・ロアッソくんの団扇づくり
・陶器の風鈴づくり

8月9日(土)
・ロボットのプラモデルづくり
・キャンドルづくり
・TVアナウンサーの四方山話(TKU荒木アナウンサー)

8月10日(日)
・革の名札づくり
・ロアッソくんの団扇づくり
・TVアナウンサーの四方山話(RKK福島アナウンサー)


変更後

8月8日(金)
・革の小銭入れづくり
・ロアッソくんの団扇づくり
・陶器の風鈴づくり

 

8月9日(土)
台風11号の接近に伴い翌10日に変更

 

8月10日(日)
・プラモデルのロボットづくり
・キャンドルづくり
・TVアナウンサーの四方山話(RKK福島アナウンサー)

 

2014 SoDA × 川尻

崇城大学芸術学部大学院芸術研究科美術専攻生による展示会

 


日時:平成26年7月29日(火)~8月8日(金) 10:00~17:00

会場:熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館 2F企画展示室 

○出品者 斉藤恵  森山祐樹 杉本佑太 石川美由紀 谷川春美 

杉山麗子 田中千翔 富永健斗 永山佳寿美

    

 

 

 

 

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。