本染手織 堀 絹子「真弓工房教室」展

 


 

    

 

日 時 平成30年10月17日(水) ~ 21日(日)
    午前10時30分 ~ 午後5時 

 

会 場 熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催 一般社団法人 くまもと工芸協会  

 

内 容  堀絹子氏の作品は、緻密に計算して作った図案を元に、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を組み合せて織ります。また、糸を染め、色糸を替えながら織るため、繊細で美しいグラデーションを織りなすことができます。
 展示会では、絹の着物や帯、洋服、小物など堀絹子氏と生徒たちの作品約40点を展示・販売します。「美しいものと一緒に暮らす生活」を追求し続ける堀絹子氏の作品展へ是非お越し下さい。

 

 

         ≪ 堀 絹子 経 歴 ≫
1946年生まれ
1969年  倉敷本染手研究所で染織を学ぶ
1970年  人間国宝 宮平初子氏より琉球絣を学ぶ
        国展工芸部入選、その他入選
        一般社団法人くまもと工芸協会会員
        国画会 準会員、熊本県美会員  

入  場   無 料

 

 

【 お問い合わせ 】
真弓工房 堀 絹子
熊本市南区田迎6―6―10
TEL&FAX 096-379-3662
携帯 090-4990-2776

 

 

くまもと工芸会館交流事業

第14回 暮らしの工芸展  in 福井

 


 

主 催 福井工芸産業振興協議会

 

会 場 福井市手寄1-4-1  アオッサアトリウム

 

入場料 無 料

 

内 容 くまもと工芸会館は、福井市で行われる福井工芸産業振興協議会主催「第14回 暮らしの工芸展」に、交流事業の一環として参加いたします。熊本からは肥後象がんをはじめ、陶器や郷土玩具など約80点を展示・販売します。会期中、吉村好明氏による「葦ペン」づくりの実演を行います。

 


1.熊本の工芸品販売
肥後象がん、木工、陶器、肥後まり、肥後こま、機織り、竹工芸、革工芸
葦ペン、下駄・草履など約80点 

 

 

2.工芸品づくりの実演 
工芸品名 … 葦ペン
実演者   … 吉村 好明

 

 

 

紙のアート パーチメントクラフトの世界

 


 

 

 

日時 平成30年10月3日(水)~7日(日)
   午前10時 ~ 午後5時

 

 

会場 熊本市くまもと工芸会館 

   熊本市南区川尻1丁目3-58

 

 

 

主催 ~プレズィール~ 金子美香(IPCA)  

 

 

 

 

 

 

内容 一枚のパーチメントペーパーから創り出される繊細で美しいペーパーアート。この展示会では、講師の金子美香と生徒たちの立体作品約80点を展示します。
 また、カードやキーホルダーの素敵な小物約100点をあわせて販売します。さらに、体験コーナーを設け(1作品500円)、皆様に楽しんで頂きます。

 

入  場   無 料

 

 【 連絡先 】

 パーチメントクラフト ~プレズィール~

 金子 美香

 熊本市南区川尻1―4―50

 携 帯 090-7292-7846

 

 

休館日変更のお知らせ

 

10月に「第6回日仏自治体交流会議」が熊本市で開かれます。会議出席者の視察受け入れのため、休館日の変更を行います。

 

10月8日(月・祝日)を休館とし、

10月9日(火)を開館といたします。

 

  大変ご迷惑をお掛けいたしますが、皆様のご理解とご協力をお願い申しあげます。

熊本市くまもと工芸会館 館長

 

 

 

2018 ナイトイベント 月あかり

~うさぎの遊園地~

 


 

 

日 時 平成30年 9月22日(土) ~ 24日(月・振休)

 

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

入場料 無 料

 

 

内 容  熊本市くまもと工芸会館恒例の秋のナイトイベント「月あかり~うさぎの遊園地~」。工芸会館の中庭に明るく輝く満月(竹工芸家が製作した直径1.5mの月)の下で、メリーゴーランドやシーソーで遊ぶウサギの家族、そして今年は、空中を散歩するウサギが仲間入りします。このウサギたちと竹あかりが、秋のひと時をメルヘンの世界へと誘います。

会期中は、毎日ヴァイオリンやギターなどの音楽演奏会と若手博多人形師たちが製作した「博多人形妖怪展」(2階展示室)を開催いたします。

 

 

1.月あかり会場 

○9月22日(土) ~ 9月24日(月・振休) ・午後6時 ~ 午後8時

 

 

2.コンサート 会場   

・午後7時 ~ 午後7時40分

○9月22日(土) ・・・デュオベルソン / ヴァイオリンとフルート

○9月23日(日) ・・ ブルーローズ  / オカリナと歌

○9月24日(月・振休) ・・ 石橋 正一 / ギター

 

 

 

今昔着物と古布展

 


 

 

日  時   平成30年9月12日(水) ~ 17日(月・祝)

       午前10時 ~午後5時 (最終日は午後3時まで)

 

会  場   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主  催   ククル 中島 貴利

 

 

 

内  容 染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わりながら、時代の流れと共に変化してきました。今回の展示会では、久米島紬をはじめ、大島紬・久留米絣・結城紬など日本各地の染織の着物などを中心に展示します。

 また、明治から昭和初期にかけての絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、さらにアンティーク着物から現代に至る着物、帯まで約500点を展示即売します。

「手間と思いを込めた手づくりの温かみのあるものたち」そこには年を経て色あせても、失われない深い味わいがあります。ぜひご覧ください。

 

入  場   無 料

 

【 連絡先 】    

ククル 中島 貴利  

福岡県太宰府市宰府5-16-18

TEL 092-555-3323

携 帯 090-4999-1352 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。