平成30年 川尻精霊流し


 

 

日時 平成30年8月15日(水)、小雨決行

主催 川尻精霊流し実行委員会  096-358-6892

会場 熊本市南区川尻 加勢川左岸 (新町橋上流400メートル)

内容 午後5時~ 精霊流し舟の受付 (*注意)
   午後7時~ 精霊流し
   午後8時~ 花火大会(打ち上げ花火 1,000発、他)

 

 

*注意  
1、精霊舟の注文(7月17日~8月15日)は、川尻精霊流し実行委員会で受け付けます。
2、精霊舟流しには、参加料(舟の回収料)が必要となります。料金は舟の大きさによって異なりますので、お問い合わせ下ださい。
3、精霊流し、花火大会会場には駐車場がありません。

 

 

 

 立体切り絵展と体験教室

 


 

 

日  時   平成30年8月29日(水)~9月2日(日)

       午前9時 ~ 午後6時 (最終日は午後5時まで)

 

会  場   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主  催   丸山 幸子

 

 

内  容   

 「立体切り絵」は、切り絵を施した紙を立体的に組み立てて作ります。今回の展示会では、講師の丸山幸子氏と受講生たちが、南区川尻の名所や熊本城をテーマに創作した作品と3D俳句フォトなど約50点を展示します。(一部販売)

 また、プロカメラマン間嶋和男氏が撮った川尻名所の写真や今年1月の大慈寺俳句大会で詠まれた永田満徳氏の俳句をあわせて展示します。さらに、期間中、切り絵の体験教室を開きます。

 

 

≪切り絵体験教室≫

日 時:8月29日(水)~9月2日(日) 

①10:00~12:00 ②14:00~16:00

※最終日は午前のみ実施

受講料:中学生以上 … 1,000円/1作品  小学生 … 500円/1作品

 

 

入  場   無 料

 

お問い合わせ 切り絵教室講師 丸山 幸子 090-5051-9615

坪井お茶の間交流センター 岡崎 096-344-4372

 

ものづくり・匠の技の祭典 2018

※公式サイトはこちら

 


 

 

 

日 時 平成30年8月8日(水) ~ 10日(金)
    午前10時 ~ 午後6時まで(最終日は午後5時まで)

 

主 催 東京都

 

会 場 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5-1
    東京国際フォーラム ロビーギャラリー(地下1階)


内 容
 今年の「ものづくり・匠の技の祭典2018」は、東京府開設から150年の節目にちなみ、「伝統と革新」をテーマに掲げ、伝統的な技とその革新、最先端の技術が見られ、体験、もでき、肌で感じ取る内容となっています。
 くまもと工芸会館は毎年この祭典へ参加し、今年で3回目となります。今年は、熊本を代表する郷土玩具肥後こまの製作実演、体験を行い、熊本の工芸品の理解を深めて頂こうと思います。また、肥後象がんや木の葉猿、彦一こま、おばけの金太、肥後まり、肥後てまりに加え、昨年人気のあったまな板や葦ペンを展示・販売いたします。

 


入場料 無 料

 


出 品

○熊本市くまもと工芸会館・・・・ 収蔵品のこま(展示のみ)
○竹原 栄太郎・・・・・ 肥後こま、チョンカケゴマ
○永田 禮三・・・・・・ 木の葉猿
○井芹 眞彦・・・・・彦一こま
○厚賀 新八郎・・・・・おばけの金太
○山隈 政子 水野 停子・・・・・肥後まり
○鶴田 美知子・・・・肥後てまり
○大住 裕司 麻生 翼 坂元 光香・・・・・肥後象がん
○田中 一男・・・・・まな板
○吉村 好明・・・・・葦ペン

 

 

民具・骨董展

 


 

 

日  時   平成30年8月15日(水)~19日(日)

       午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時まで)

 

会  場   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主  催   民具・骨董 おく邑(むら)

 

        

内  容   日本古来の漆の重箱やお椀、そして古布の着物やハギレなど約200点を展示・販売します。男の子の祝いで使用した矢旗や大島紬の着物、縮緬、古布、パッチワークの小物など日常品を数多く出品します。また、旧細川刑部邸で使用されていた筒描を特別出品します。

 

入  場   無 料

 

お問い合わせ 民具・骨董 おく邑

       熊本市南区川尻4丁目6-48  TEL 096-358-6408

 

2018年 熊本トムキャッツ作品展

 


 

 

1.日 時   平成30年 8月25日(土)~26日(日)

        午前9時 ~ 午後5時

 

2.場 所   熊本市南区川尻1丁目3-58

        熊本市くまもと工芸会館

 

3.主 催   熊本モデリングクラブトムキャッツ

 

4.展示機数  約100点

 

5.内 容   飛行機プラモデルを趣味にしている愛好家の会“熊本モデリングクラブトムキャッツ”は、1983年から活動しています。今年は「多発機」をテーマに、会員が精魂込めて作った模型飛行機約100点を展示します。また、熊本県外のクラブ員の作品をあわせて出品します。

 

 

6.入 場   無 料

 

≪お問い合わせ先≫

熊本トムキャッツ 石崎 義春

TEL 090-5931-5492

 

2018 くまもと工芸会館夏まつり

 


 

 

日 時 平成30年8月10日(金) ~ 12日(日)

    午前10時 ~ 午後3時半まで

 

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

内 容 

 くまもと工芸会館の夏の恒例行事となった「くまもと工芸会館夏まつり」。今年は、小・中・高校生を対象とした工芸品づくりに加え、川尻を舞台とした朗読音楽劇「御船手物語」と紙芝居屋ぐれっちの公演があります。くまもと工芸会館に来て、夏の思い出を作ってください。

 

 

1)工芸品づくり体験

 

◆午前の部:10:00~12:00  午後の部:13:30~15:30

◆対 象:小・中・高校生  

◆8月5日(日)午前9時から受付開始

※竹の水鉄砲づくりは、10:00、11:00、13:30、14:30 の4回です。

 

 

2)朗読音楽劇

     

出演:朗読と邦楽の会・グループ縷々(るる)

会場:2階企画展示室

日時:8月10日(金)午後1時半~午後3時半

演目:御船手物語、邦楽

入場料:無料

※7月5日(木)より入場整理券を配布いたします。

 

3)紙芝居

 

出演:紙芝居屋ぐれっち

会場:2階企画展示室

日時:8月11日(土)、12日(日)

①午後0時20分~

②午後3時40分~

演目:どんぐりおばけシリーズなど

入場料:50円(小学生未満無料、1公演内であれば再入場可能)

 

 

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。