樹脂粘土の花 クレイアート作品展


日  時    平成27年9月30日(水) ~ 10月4日(日)
         午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後3時まで)

場  所    熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1-3-58

主  催    アートスタジオ 一華 


 
内  容     樹脂粘土を使って『植物』の美しさを繊細に表現したクレイアートの作品展。クレイアートは、ひとつひとつの花びらや葉っぱを樹脂粘土で丁寧に創り上げていきます。長い時間をかけて1つの作品が出来上がるのです。今回の展示会は、コスモスやススキなどの秋冬の植物の作品約150点を展示します。
また、出品作品の一部を販売いたしますので、皆様にお越し頂きたいと思います。

入  場    無 料

連絡先     石崎 妃十弥
        熊本市南区御幸笛田3-3-85
         TEL 090-1165-0901

肥後の竹工芸と玩具展


 

会 期   平成27年10月29日(木)~11月10日(火)
         午前10時 ~ 午後6時(最終日は午後3時まで)

主 催   はかた伝統工芸館

共 催   熊本市くまもと工芸会館

場 所   はかた伝統工芸館 1階 企画展示室
         福岡市博多区上川端6-1

内 容   はかた伝統工芸館とくまもと工芸会館の交流事業は、今年で4回目を迎えます。今回の展示会は、熊本の伝統的工芸品のからくり人形おばけの金太をはじめ、竹でつくった篭や箸、女性に大人気の竹のバッグなど約100点を展示・販売します。また、会期中、熊本の職人の工芸品づくりの実演を行い、普段見られない職人の技を来場者に見て頂きたいと思います。

        

 

 

 

 

 

 

 ≪ 出 品 ≫ 

一般社団法人 くまもと工芸協会会員 16 人
          ○肥後てまり / 鶴田 美知子 
            伝統の模様から創作模様を刺繍糸でかっが製作
          ○肥後まり / 山隈 政子、水野 停子
            13の模様を草木染めで染めた綿糸で製作
          ○おばけの金太 / 厚賀 新八郎
            おばけの金太は、加藤清正が熊本城の築城に携わった足軽の金太がモデルと言われる
○木の葉猿 / 永田 禮三
            型を使用せず粘土をこねて素焼きするひねりの芸術と称され、素朴で愛らしい玩具
○彦一こま / 井芹 眞彦
            傘、頭、胴、台の4つのこまに分解できる玩具のたぬき
○肥後こま / 竹原 栄太郎
            人間の五臓を色で表現し絵付けした伝統こま
○木目込人形 / 福田 博子
            胴体の生地に節目を入れて、人形の顔にあわせた衣装の西陣織を埋め込み製作
○陶人形 / 池田 尚子
            陶人形作家の独自感性でつくった現代風陶人形
○まねき猫 / 河津 君代
            色々な表情をした福を招く張子の猫 

○竹工芸 ・・ 山田 庸介、桑原 哲次郎、岡部 弥生
             沖 靖幸、東 香織、宮本 一男(尺八)

 

トレーシングペーパークラフト 作品展
 ~ 和モダン ~


 

会 期   平成27年10月28日(水)~11月1日(日)
       午前10時 ~ 午後5時(最終日は午後4時まで)

場 所   熊本市くまもと工芸会館
      熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催   江口 裕子(はっぴーたいむ主宰)

内 容    トレーシングペーパークラフトとは、厚手のトレーシングペーパーに美しいレース模様を針で穴をあけ、浮彫加工などをして製作したペーパーアートです。
今回の展示会は、「和モダン」をテーマにした作品を中心に、トレーシングペーパーが織りなすレースの美しさを表現した作品約150点を展示・販売します。
また、IPCA(インターナショナル・パーチメントクラフト・アカデミー)認定講師の上田紀代子氏の作品出品や来場者が無料で体験できる教室(製作時間約30分)もあわせて行います。

         展示会の売上金の10%は東日本大震災「LIGHI
   UP NIPPON」へ寄付させて頂きます。


               ≪お問い合わせ先≫
                江口 裕子
                 熊本市西区高橋町2-8-5
                  ☎090-9795-1823

 

2015 工芸品フェスタ


伝統工芸品を愛用される方々へ感謝の気持ちを込めた、年に一度の大感謝祭。このイベント期間中、一般社団法人くまもと工芸協会の会員70人が製作した全工芸品を通常販売価格より廉価で販売します。  
国指定伝統工芸品の肥後象がんのアクセサリーやネクタイピンをはじめ、川尻包丁、肥後てまりなどの郷土玩具、竹工芸、革工芸など実用性と美しさを兼ね備えた工芸品約1,000点を出品いたします。
さらに、大人気の包丁研ぎや家庭用まな板削りの割引サービスをはじめ、「大鯛どっこいに挑戦!」や「工芸職人のお宝バーゲンセール」など催し物が盛りだくさんです。

会 期  平成27年10月23日(金)~25日(日)
            午前10時 ~ 午後5時

場 所  熊本市南区川尻1丁目3-58  
熊本市くまもと工芸会館

主 催  熊本市くまもと工芸会館
  
入 館  無 料

催 し 物


   ◆10月23日(金)~25日(日) 午前10時 ~ 午後4時

・包丁研ぎ割引サービス / 薄刃包丁のみ1本400円(通常600円)で
研ぎます。  ※お一人様2本まで
・家庭用まな板削り割引サービス / 800円(両面・1枚)
               ※各日30人様、お一人様1枚まで(先着順)
※まな板は後日お渡し
・大鯛どっこいに挑戦! / 工芸品を3,000円以上購入された方が対象
・工芸家のお宝バーゲンセール / 工芸家の押入れに眠っているお宝を大廉
価で販売
・和菓子の実演・販売 / 開懐世利六菓匠による和菓子の実演・販売

   ◆尺八とお琴の演奏会
      10月24日(土)午後12時 ~
        尺八:宮本 一男  お琴:井上 洋子

 

九州の刃物とまな板展


 

平成27年11月18日(水) ~ 23日(月・祝)  
午前10時 ~ 午後5時まで (最終日は午後4時まで)                                      


主 催    熊本市くまもと工芸会館

会 場    熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容
 九州各地に伝わる伝統技法でつくられた包丁や鋏、まな板を一堂に集めた作品展を開催します。出品作品は、地金に鋼(ハガネ)を挟む、割り込み鍛造の熊本県の川尻包丁をはじめ、福岡県の伝統工芸品の博多鋏、国産のイチョウや榧(カヤ)の木を加工したまな板など約150点を展示・販売いたします。また、包丁やまな板の特徴、製作工程などの資料を合せて展示します。

入 場   無 料

 

 

 

 

 

 

 


川尻包丁とまな板

出 品 

≪包丁・鋏・鎌など≫                
○熊本県
・川尻刃物 ・・ 林 昭三 (熊本県伝統的工芸品)
・手打刃物 ・・ 隈部刃物製作所 (熊本県伝統的工芸品) 
・人吉球磨刃物 ・・ 鋸刃物鍛冶 岡秀 (熊本県伝統的工芸品) 
           樺山鍛冶工場 (熊本県伝統的工芸品)
           栗須鍛冶工場 (熊本県伝統的工芸品) 

 


○福岡県
・高級打刃物 ・・ 盛弘鍛冶工場
・博多鋏 ・・ 高柳商店 (福岡県知事指定特産工芸品)


○佐賀県
・佐賀刃物 ・・ 吉田刃物株式会社


○鹿児島県
・種子(たね)包丁・種子(たね)鋏(ばさみ) ・・  有限会社池浪刃物製作所


○長崎県
・松原刃物 ・・ 田中鎌工業有限会社 (長崎県伝統的工芸品) 


○大分県
・中津中村刃物 ・・ 中村刃物          


○宮崎県
・手打刃物 ・・ 水元刃物製作所


 ≪まな板≫  
○熊本県   島田 敏和 / イチョウのまな板
○鹿児島県  有限会社岩下銘木店 / イチョウのまな板
○宮崎県   熊須碁盤店 / 榧(かや)のまな板

 

 南部陶芸作品展


 

 


会 期   平成27年10月10日(土)・11日(日)
       午前9時半 ~ 午後5時(最終日は午後4時まで)

場 所   熊本市くまもと工芸会館
      熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催   南部陶芸教室 生きがい作業所

内 容    熊本市南区川尻にある南部陶芸教室の45人の生徒さんたちが、半年がかりでつくった作品の展示会です。私たちの生活にかかせないお茶碗や皿、湯呑みなどを中心に約1,030点の作品を展示します。皆様、お気軽に作品展へお越しください。

               ≪お問い合わせ先≫
                山住 邦彦
                 熊本市北区武蔵ヶ丘1-1-44
                  ☎096-339-7395

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。