東北の手仕事 展

-生き抜く東北の職人技-


20130327-1M

会期 2013 年4 月3 日(水) -7 日(日) 10:00-17:00 ※最終日-15:00 

 

【店主のお話会】 4 日(木) 11:00~(約60 分) 無料

      テーマ 「生き抜く東北の職人技」

 

会場 熊本市 くまもと工芸会館 

〒861-4115 熊本県熊本市南区川尻1-3-58

Tel (096)358-5711 アクセス:川尻駅から徒歩5 分

 


【青森・秋田・岩手・山形・福島・宮城の手仕事】250 点以上
木工(ブナコ、曲げわっぱ、桜皮細工ほか)

漆芸(津軽塗、七七子塗、浄法寺塗、川連塗 )
鉄器(南部鉄)
籠(山ぶどう、あけび、クルミ、イタヤカエデ、竹など) 手提げバッグ、ラックなど
刺し子、裂織 、ホームスパン、硝子細工、陶芸、雄勝硯、染め織
東北のきもの(紙布の帯、もじり織、シナ布、紅花染、長井紬、米琉紬、白鷹紬、天鷺ぜんまい紬、からむしの着尺他)

20130327-1M

 

主催 暮らしのクラフトゆずりは 【住所】〒018-5501 青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486 番地
【TEL】0176-75-2290 【FAX】0176-75-2295

春萌 ~ 生け花と陶芸 ~


 

会 期   平成25年 4月2日(火) ~ 29日(月)

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  1階常設展示場

 

主 催   熊本市くまもと工芸会館

 

共 催   華道 草心流

 

内 容

一般社団法人くまもと工芸協会の陶芸家と草心流の華道家がコラボレーションした作品展を開催します。この展示会は、陶芸家が創った個性あるれる花器に草心流の華道家たちがどのように花をいけるかがとても楽しみな作品展です。出品作品は華道家たちが花を生けた花器以外にも底の浅い水盤や投入用の花器など約20点を展示・販売いたします。

 

 

出品者

○一般社団法人くまもと工芸協会

一般社団法人くまもと工芸協会は、平成21年に工芸品の振興と後継者育成を目的に設立した団体です。現在、65人の工芸家たちが在籍しています。

 

・近重 眞二 (小代焼 たけみや窯)

・岩本 久美恵 (千金甲窯)

・沢田 一葉 (陶房テラ ロッサ)

・江藤 繁紀 (竜田窯)

・道下 喜一 (ひまわり工房)

・前田 和 (蒼土窯)

・下村 雅子 (陶房テラ ロッサ)

 

○華道 草心流

昭和51年に板垣草心氏が創流し、草花の自然な姿を大切にした心癒される生け花を目指しています。

 

・教授 板垣 草人

・教授 田中 草美

・教授 橋本 草露

・教授 小山 草由

・教授 加藤 草雅

・華道 草心流 田中社中

日本のまり展


20130417-3M会 期   平成25年 4月17日(水) ~ 28日(日)

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   熊本市くまもと工芸会館

 

内 容

伝統的な紋様でつくられた上品で華やかな日本のまりを一堂に集めた作品展を開催いたします。熊本の伝統工芸品の肥後てまりや江戸時代から受け継がれてきた模様を色鮮やかな絹糸でつくる紀州てまりなど約200点を展示・販売いたします。そして、特別展示品として、藤原鎌足を祭る奈良県の談山神社のけまり祭の蹴鞠を出品いたします。

                      

出品者

○肥後てまり / 鶴田 美知子 (熊本県)

○肥後まり  / 熊本国際民藝館 (熊本県)

○熊本い草てまり  / 熊本い草てまりの会 (熊本県)

 

○柳川まり  / 柳川まり保存会 (福岡県)

○琉球手まり / 琉球手まり保存会 代表 宮城 玲子 (沖縄県)

○讃岐かがりてまり / 讃岐かがりてまり保存会 (香川県)

○和紙てまり・藍てまり / かんべの里和紙てまり工房 (愛媛県)

○愛知川びん細工手まり / 愛知川びん細工手まり保存会 (滋賀県)

○紀州てまり / 紀州てまり趣味の会 (和歌山県)

○松本てまり / 松本てまり保存会 (長野県)

○加賀花てまり / 加賀花てまりの会 (石川県)

○須坂の手まり / 古田 のり (長野県)

○栃尾てまり / 栃尾てまりの会 代表 林 千代 (新潟県)

○鶴岡御殿まり / 上野御殿まり教室 (山形県)

○本荘御殿まり / 由利本荘市御殿まりを愛する会 (秋田県)

 

○蹴 鞠 / 談山蹴鞠工房 (奈良県)

春のアクセアリー展 ~ 花咲く春にあう ~


 

会 期   平成25年3月5日(水)~31日(日) 午前10時 ~ 午後5時(最終日は3時まで)

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  1F常設展示場

 

主 催   熊本市くまもと工芸会館

 

内 容

一般社団法人くまもと工芸協会会員による『春』をテーマにしたアクセサリー展を開催いたします。展示会には、平成24年度新規会員の麻生翼氏の肥後象がんと彫金をコラボレーションした作品を始め、女性に人気の高いとんぼ玉やビーズ織り、そして布花のアクセサリーなど約100点を展示いたします。

 

出   品

・麻生 翼 (肥後象がん・彫金)

・野々口 千晶(ビーズ織り)

・野口 圭(とんぼ玉)

・福山 秀市(とんぼ玉)

・森 由美(布花)

ねんどの花作品展


20130327-1M

会 期   平成25年3月27日(水)~31日(日) 午前10時 ~ 午後5時(最終日は3時まで)

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   アートスタジオ一華 石崎 妃十美

 

内 容

アートスタジオ一華の講師と受講生たちの作品展を開催します。出品作品は、チューリップやパンジーなど春のお花を中心に造形した作品です。アートスタジオ一華が丹精込めて創った美しい粘土の花約150点を展示・販売いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしいたします。

 

お問い合わせ

連絡先 アートスタジオ一華 石崎 妃十美

TEL 096-370-7069

今昔着物と古布展

 

 


20130320-1M

会 期   平成25年3月20日(水)~24日(日) 午前10時 ~ 午後5時(最終日は3時まで)

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   ククル

 

内 容

日本の染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わってきました。

今回は、結城紬・大島紬・黄八丈・久米島紬・琉球紬・紅型など日本各地の染織の着物を中心に展示いたします。

また明治期の筒描をはじめ、絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、着れる着物・帯からリメイク用着物まで約300点を展示即売。

手間と思いを込められた手づくりの温かみのあるものたち。

そこには年を経て色褪せても、失われない深い味わいがあります。

ぜひご覧下さいませ。

お問い合わせ

 

連絡先 福岡県糟屋郡宇美町宇美3152-10

ククル 中島貴利  ☎092-932-3755

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。