後藤仁 「かすりあみ 創作ニット展」


日時:4月9日~13日 午前10時~午後5時

場所:くまもと工芸会館 2階企画展示室

内容:

「かすりあみ」とは
絣(かすり)とは、織る前にあらかじめ文様に従って染め分けた糸(絣(かすり)糸(いと))を用いて織り上げた織物で、経糸(たていと)と緯(よこ)糸(いと)で文様を作り出します。その工程は十数工程あり熟練した絣の職人さんたちが分業で行います。
かすりあみとはその絣糸を使い、編みの技術でその文様を表現した編物(ニット)のことをいいます。
編物(ニット)には経糸と緯糸の概念がありません。
かすりあみでは編み目の大きさと染の間隔(ピッチ)でその文様を作り出します。そのようにして編んだニット製品は同じ絣糸を使っていても、織物とは全く違う独自の世界観を持ったものに出来上がります。
これが、後藤仁がご提案する創作ニット「かすりあみ」です。

作品展コメント
かすりの技法で繊細に染めたかすり糸、自然由来の成分で染めた草木染の綿糸などの、和の素材や色彩で一点ずつ編み上げた独自の世界観を持った創作ニット作品展です。

後藤 仁(ごとうひとし)プロフィール
1971年 生まれ
1993年 家業であるニット業に従事 
全国の百貨店でニット作品展を開始する
2012年 「かすりあみ」を提案
2014年 熊本市にアトリエ兼店舗「エーニット」を構える

 

お問い合わせ
後藤 仁
〒860-0848 熊本市中央区南坪井町8-5-1F エーニット
Tel / Fax. 096-320-8801

「NPO 法人 こどもの教育 環境プロジェクト」“ 紙 ・ 植物 ”展示会

 


 

日 時:4 月25 日(金)~27 日(日) 10:00 ~ 17:00

場 所:くまもと工芸会館 2F 企画展示室 (入場無料)
        熊本市南区川尻1 丁目3-58 電話 096(358)5711


「環境問題などを考える中で、今、私たちにできることは何でしょうか?」きっとひとりひとり答えは違うのではないかと思います。当NPO法人では、「未来のこどもたちのために」をテーマに、紙や植物を大切にする活動を通して、“人の命・動物の命・植物の命・物の命”を大切にすることの大切さを広めていこうと考えております。

内 容
展示&販売“紙・植物”講座で作っている品物
他にも、○ モンペ ○ 手作りのメモ帳 ○ 小物入れ ○ 牛乳パックで作った
椅子等、多数展示しておりますのでお友達をお誘いして遊びにきてください♪

講 師:筒井 レイ子 氏・田邊 美知子 氏・木尾 順子 氏 ほか「環境問題などを考える中で、今、私たちにできることは何でしょうか?」きっとひとりひとり答えは違うのではないかと思います。当NPO法人では、「未来のこどもたちのために」をテーマに、紙や植物を大切にする活動を通して、“人の命・動物の命・植物の命・物の命”を大切にすることの大切さを広めていこうと考えております。


お問い合わせ先 NPO 法人 こどもの教育
田邊 美知子 宅 ☎096(357)5045 FAX096(357)5145

着物服・古布小物・古布染めの作品展


会期                                                                   
平成26年 4月16日(水)~20日(日)
午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後3時まで)

場所  
熊本市くまもと工芸会館
熊本市南区川尻1丁目3-58

主催  
松家ノ子、水田商店、かおるこ、四着飛白 さくらこ

 日本の伝統美である着物。現代も受け継がれている技術・技法は数多くありますが、継承されていない技もあります。展示会では先人たちの技術の結晶、古布を使った作品や材料など約500点を展示・販売いたします。多くの方々に古布独特の“織と色彩”をご紹介いできればと思います。また、会期中、タペストリーや刺し子の体験教室を開催します。

【 出品 】 
◇松家ノ子 / 墨染、柿渋染生地、ユーモアな小物及び材料
◇水田商店 / 古布着物(珍品もあります)
◇かおるこ / 古布で創った帽子・服物
◇四着飛白 さくらこ /着物服及び着物のリメイク相談・古布ハギレ・刺し子糸
          
○「鬼の人形付タペストリー」づくり体験教室
4月17日(木)・19日(土)各日12:00~15:00
定員:先着5名(当日受付)、体験料:3,000円
持参物:裁縫道具

○刺し子教室
4月19日(土)12:00~16:00
体験料:無料 

【お問い合わせ先】
松家ノ子 谷口 美智子
TEL 090-2088-2366

春 の あ か り 展
~ キャンドルと和ろうそく ~


 

会 期 
平成26年4月1日(火)

    ~5月31日(土)
午前9時~午後5時まで                           

主 催
熊本市くまもと工芸会館

会 場 
熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容 
創作キャンドル作家上村敏子氏は、心と身体を癒す作品づくりに取り組んでいます。今回の展示会は上村敏子氏の『春』をテーマにした創作キャンドルと和ろうそくをコラボレーションした作品展です。和ろうそくは、山形県鶴岡市の『花紋燭』と言われる御所車や蓮華などを顔料で描いた絵ろうそくと米ヌカから採取した蝋で作った滋賀県の米ろうそくなど約100点です。

  

  
出 品
【 創作キャンドル 】 
○上村 敏子 (一般社団法人くまもと工芸協会会員)
1961年生まれ
1990年  キャンドルクラフト協会に入会
村上信子氏、横島憲夫氏に師事する

【 和ろうそく 】
○有限会社松本商店(兵庫県伝統的工芸品)

○有限会社大與(滋賀県伝統的工芸品)

○富樫ろうそく店(山形県ふるさと工芸品)

第二回 小代焼春陶祭

 


 

1.会  期 平成26年 2月18日(火) ~ 23日(日) 
午前10時 ~ 午後5時

2.会  場 熊本市南区川尻1丁目3-58
熊本市くまもと工芸会館

3.主  催 小代焼窯元の会

4.内  容 小代焼の12窯元の初窯出しの作品を一堂に集めた作品展を開催。
小代焼の自由奔放な掛け流し、そして素朴で温かみのある様々な作品
約2,000点を展示・販売いたします。
会期中、格安のお楽しみ福袋と開懐世利六菓匠のオリジナル和菓子と
お茶の接待を小代焼の器を使ってご用意します。
皆様のお越しをお待ちしています。

【 小代焼窯元の会 】

平成14年   小代焼窯元の会発足          
平成15年   国の伝統的工芸品の指定を受ける

会  員

小代焼 ふもと窯    井上 泰秋
小岱焼 しろ平窯    城島 伸明
小岱焼 末安窯     末安 英介・洋介
小代焼 太郎窯     福田 安
小代焼 中平窯     西川 講生
小代 瑞穂窯      福田 るい
小代本谷 ちひろ窯  前野 智博
小代焼 岱平窯     坂井 博樹
松風焼 野田窯     野田 義昭
小代焼 一先窯     山口 耕三
小代焼 たけみや窯  近重 眞二
小代焼 松橋窯     長木 實

春光 ~ 新規会員展 ~


会 期 平成26年 3月 4日(火) ~ 30日(日)
     午前9時 ~ 午後5時まで                                   

主 催 熊本市くまもと工芸会館

会 場  熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容
 一般社団法人くまもと工芸協会の平成25年度新規会員の作品展です。木材に美しい文字を刻した額(刻字)をはじめ、草木染の糸で丁寧にかがった肥後まりや緑川に自生する葦を使って創った葦ペン。そして、手織りのテーブルセンターやタペストリーなど約30点を出品いたします。


出 品  一般社団法人くまもと工芸協会会員

○松岡 桑琳(刻字) 20140304-4M
1966年生まれ
日本刻字展無鑑査
熊日書道展入選、他多数入選
熊本県文化懇話会会員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○水野 停子(肥後まり) 20140304-3M
1945年生まれ
1996年 肥後まり講座を受講
1998年 肥後まりの会の会員となる

 

 

 

 

 

 

○長田 照恵(機織り) 20140304-1M
1957年生まれ
1979年 熊本県蚕糸会館の工房で織りを学ぶ
2009年 沖田松子氏に織りを学ぶ
2010年 織姫伝承塾で学ぶ

 

 

 

 

 

 

○吉村 好明(葦ペン) 20140304-2M
1954年生まれ
1998年 葦ペン緑川を考案
2006年 熊本県優良新商品審査会 民工芸 
       日用品部門 金賞受賞

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。