ねんどの花作品展


20130327-1M

会 期   平成25年3月27日(水)~31日(日) 午前10時 ~ 午後5時(最終日は3時まで)

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   アートスタジオ一華 石崎 妃十美

 

内 容

アートスタジオ一華の講師と受講生たちの作品展を開催します。出品作品は、チューリップやパンジーなど春のお花を中心に造形した作品です。アートスタジオ一華が丹精込めて創った美しい粘土の花約150点を展示・販売いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしいたします。

 

お問い合わせ

連絡先 アートスタジオ一華 石崎 妃十美

TEL 096-370-7069

今昔着物と古布展

 

 


20130320-1M

会 期   平成25年3月20日(水)~24日(日) 午前10時 ~ 午後5時(最終日は3時まで)

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   ククル

 

内 容

日本の染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わってきました。

今回は、結城紬・大島紬・黄八丈・久米島紬・琉球紬・紅型など日本各地の染織の着物を中心に展示いたします。

また明治期の筒描をはじめ、絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、着れる着物・帯からリメイク用着物まで約300点を展示即売。

手間と思いを込められた手づくりの温かみのあるものたち。

そこには年を経て色褪せても、失われない深い味わいがあります。

ぜひご覧下さいませ。

お問い合わせ

 

連絡先 福岡県糟屋郡宇美町宇美3152-10

ククル 中島貴利  ☎092-932-3755

クラシカル・エレガンス

きものの布の服・ものたち展


 

会 期   平成25年3月13日(水)~17日(日) 午前11時 ~ 午後5時

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   アトリエ ハナノキ

 

内 容

染め織の美しい絹の布で創られたワンピースやバッグの作品展。

大正から明治時代のモダンで多様な柄の作品約50点を展示・販売

いたします。箪笥に眠っている着物や帯など、あなたの好きなデザ

インでお仕立致します。皆様の不要になった着物をお持ち下さい。

 

お問い合わせ

アトリエ ハナノキ 本田 芙貴子

熊本市東区戸島西5-10-22

TEL 080--1761-0442

南部生きがい作業所 展示即売会


 

会 期   平成25年3月8日(金)~10日(日) 午前10時 ~ 午後5時

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   南部生きがい作業所 展示即売会

 

内 容

南部生きがい作業所は、高齢者が生産的、創造的活動に参加することで老後の生きがいを高め、生活を健康で豊かにする目的で設立されました。

今年は南部生きがい作業所設立30周年を迎え、記念イベントとして、器や花器などの陶器の他に、木工や竹細工、絵画など約200点を展示・販売いたします。景品付きセールや記念品提供などの催し物も行ないます。皆様のご来場をお待ちしています。

 

お問い合わせ

南部生きがい作業所 南部陶芸教室

江上壽治 TEL 096-358-1721

日本伝統工芸 若葉流つまみ絵展


 

会 期   平成25年3月5日(水)~6日(木) 午前10時 ~ 午後5時

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催   日本伝統工芸若葉流つまみ絵熊本本部

 

内 容

薄絹を用いて短冊、色紙等に立体感のある絵画を芸術的に表現し、貼り合わす技法の手芸展です。花櫛、かんざし、薬球等に用いられ、繊細なデザインと染色、パネルとの調和に心を配りつつ、現在感覚を取り入れながら多様な表現と高度な技術を追求した作品約50点を出品いたします。

 

【お問い合わせ】

セラピー21 櫛島

TEL 096-358-3193

肥 後 の 雛 人 形 展


 

20130122-4M

会  期   平成25年 1月22日(火) ~ 3月 3日(日)             
              午前9時 ~ 午後5時         

主  催    熊本市くまもと工芸会館             

場  所    熊本市くまもと工芸会館 1階 常設展示場            

内  容    熊本の工芸家たちが『雛人形』をテーマに、作品展を開催いたします。  布(染色)やビーズ織りの美しいタペストリーを始め、牛革や陶器のお皿、そして、繭で創ったかわいらしい雛人形など約100点を展示いたします。     


【 出 品 者 】            

【一般社団法人くまもと工芸協会】        

・福山 修一    / 木工

・岩本 久美恵  / 千金甲窯

・前田 和     /  蒼土窯

・福田 博子   /   木目込人形

・浜田 和江   /   押絵

・内空閑 円子 /   手描き友禅

・高津 明美  /    染色(布)

・福永 幸夫  /    藍染

・和田 鈴子   /   七宝

・丹  美保子 /   ステンドグラス

・出  玲子  /    革工芸

・野々口 千晶 /  ビーズ織り

 

【やまが門前美術館  / 繭人形】

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。