「南部生きがい作業所秋期展示会」


日 時  平成25年10月19日(土) 9時30分 ~ 午後5時
                20日(日) 9時30分 ~ 午後4時

主 催  南部陶芸教室

目 的  陶芸及び雑貨作品の展示即売会

内 容  

今年の3月に南部生きがい作業所設立30周年記念の展示会を開催し、好評を博しました。今回も皆様に喜んで頂ける作品展を開催します。出品作品は皿や碗、雑貨など約800点を展示・販売します。

入 場  無 料
      

お問い合わせ先
南部生きがい作業所   南部陶芸教室 江上 壽治  TEL 096-358-1721

「2013 工芸品フェスタ」


工芸品を愛する方々へ感謝の気持ちを込めた年に一度の感謝祭です。国指定伝統工芸品の肥後象がんや小代焼をはじめ、川尻刃物、竹工芸など約1,000点を通常販売価格の2割引でご提供します。また、会期中、工芸会館ならではの催し物が盛りだくさんです。

会 期  平成25年10月25日(金)~27日(日) 午前10時 ~ 午後5時

場 所  熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

主 催  熊本市くまもと工芸会館

入 館  無 料

        

催 し 物

◆10月25日(金)~27日(日)午前10時 ~ 午後4時

・工芸品萬(よろず)相談所 / 工芸家たちが工芸品に関するご相談を受けます
                    ※お一人様1点まで(先着順)

 

・包丁研ぎサービス / 薄刃包丁のみ1本400円で研ぎます
                ※お一人様2本まで

・家庭用まな板削りサービス / 800円(両面・1枚)
                     ※各日30人様、お一人様1枚まで(先着順)
                     ※まな板は後日お渡し

・くじ引き / 工芸品を3,000円以上購入された方が対象

◆10月25日(金)~27日(日)午後1時~ 
  お宝オークション / 工芸家の押入れに眠っていたお宝をオークション!

◆10月26日(土)正午 ~
  尺八とお琴の演奏会

「久留米かすり 藍華 田中絣工房展」


 

会期:平成25年10月2日(水)~6日(日)
   午前10時~午後5時

場所:熊本市くまもと工芸会館
   〒861-4115 熊本市南区川尻1丁目3-58

主催:田中絣工房 田中 寛

内容:
国の伝統的工芸品に指定されている久留米絣は、藍の色合いと木綿でつくられた手触りの良さが特徴です。生地は洗えば洗うほど柔らかくなり、柄も色鮮やかになります。出品作品は手織りの着物や洋服、そしてバッグや帽子など約150点を展示・販売いたします。
入場:無料

お問い合わせ:〒833-0052 福岡県筑後市高江442-1
       田中絣工房 田中 寛
       電話0942-52-4423

月あかり ~ うさぎのワルツ ~



期 間    平成25年9月19日(木)~21日(土)
        午後6時~午後8時 (※ライトアップ型のナイトイベントです)          

主 催    熊本市くまもと工芸会館
会 場    熊本市くまもと工芸会館 中庭特設会場

入場料    無料
 
内 容    
中秋の名月をテーマにしたライトアップ・イルミネーション型のナイトイベントです。くまもと工芸会館中庭一面に水を張り、色とりどりの優しい灯かりと反射で幻想的な空間を演出します。会場では竹工芸で作った直径2mの満月(LED5000球を使用)をはじめ、様々な工芸品の灯かりで彩ります。更に今年はまばゆく映し出される中秋の名月と共に12匹のうさぎ達が水面を飾ります。光と水の煌きに囲まれた秋の夜長をお楽しみ下さい。

※2013年は9月19日(木)が十五夜となります。

「今昔着物と古布展」


 *内容

日本の染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わってきました。

今回は、結城紬・大島紬、他、日本各地の染めと織りの着物を中心に展示いたします。

また時代も明治から昭和初期のもの、絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、着れる着物・帯からリメイク用着物まで約300点を展示即売。

手間と思いを込められた手づくりの温かみのあるものたち。

そこには年を経て色褪せても、失われない深い味わいがあります。

ぜひご覧下さいませ。

 

*場所 くまもと工芸会館 二階企画展示室「創」

    熊本市川尻1丁目3-58

    TEL 096-358-5711

 

*期日 9月25日(水)~29日(日)

     10:0017:00(最終日15:00迄)

 

*連絡先 福岡県太宰府市宰府5-16-17

ククル 中島貴利  ☎090-4999-1352

福をよぶ 縁起物展


 

会 期   平成25年 9月 3日(火)~10月20日(日)
主 催   熊本市くまもと工芸会館
場 所   熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館
内 容   

縁起物をテーマにした伝統工芸作品展。熊本の職人が創作した「招き猫」や「七福神の木目込人形」をはじめ、群馬県の七転び八起きの福だるまで有名な「高崎だるま」や香川県の素朴で可愛い「宮内張子」など約70点を展示いたします。

出 品  押 絵 ・・ 浜田 和江(一般社団法人くまもと工芸協会) 
      木目込人形 ・・ 福田 博子(一般社団法人くまもと工芸協会) 
      招き猫 ・・ 河津 君代(一般社団法人くまもと工芸協会) 
      刻 字 ・・ 松岡 桑琳(一般社団法人くまもと工芸協会) 
            手描き友禅 ・・ 内空閑 円子(一般社団法人くまもと工芸協会)
       つまみ人形 ・・ 永井 節子(香川県伝統的工芸品)
       宮内張子 ・・ 太田 幹子(香川県伝統的工芸品)
      信楽焼 ・・ 信楽陶器工業協同組合(国指定伝統的工芸品)
      高崎だるま ・・ 大門屋物産株式会社(群馬県ふるさと伝統工芸品)

 

平成25年 9月11日(水) ~ 22日(日)

             午前10時 ~午後5時まで (最終日は午後4時まで)

                           ※9/19(木)~21(土)は午後8時まで

                   

主 催    熊本市くまもと工芸会館

 

会 場    熊本市南区川尻1丁目3-58

熊本市くまもと工芸会館

 

入 場    無 料

 

内 容     昔から縁起物とされ、除災招福のお守りとされてきたひょうたんの作品展。本展はひょうたんの焼き絵や透かし彫りの他、加工していない素瓢など約100点を展示いたします。また、普段私たちが見ることができない江戸時代のひょうたんなども合わせて展示いたします。

         

出 品    ●NPO法人全日本愛瓢会 熊本県支部

          ひょうたんづくりの愛好、普及活動を行い、文化芸術の向上に関する事業を行う。なお、同会は秋篠宮文仁殿下が総裁を務めている。

 

●富山県伝統工芸品 立山ひょうたん 

立山ひょうたんには、器、花器など様々な作品があり、立山町では特産化をすすめている。立山ひょうたんが富山県の伝統工芸品に指定されたのは、立山町では古くから、成人になった証としてひょうたんにお酒を入れて雄山神社(登頂)にお供えし、成人を祝ったことが由来となっているからです。

 

 

 

        ●ひょうたん美術館 / 茨城県 

        鎌倉時代から江戸時代のひょうたんやひょうたんの皿や掛け軸、火鉢、徳利などの工芸品を数多く所蔵する。

                

 

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。