トルコのキリム展

 


 

 

 

日時:令和2年6月23日(火) ~ 6月28日(日)

   午前10時 ~ 午後6時

         ※23日は午後1時~6時

     28日は午後4時まで

 

 

会場:熊本市くまもと工芸会館

   熊本市南区川尻1丁目3-58

 

 

主催:エンシジ・ムラート  

 

 

 

 

 

 

 

内容: キリムは「つづれ織り」の技法で織られたトルコの毛の織物です。特徴は色や模様など織師の技法と発想の豊かさで、敷物をはじめ、寝具やインテリアとして幅広く使われています。今回の展示会では、大きなサイズの敷物からクッションやバッグ、小物など約1,000点を展示・販売します。また、年代物のアンティークキリムも多数出品します。

 

 

入  場   無 料

 

 

 

 

【 連絡先 】    

エンシジ・ムラート

福岡市西区今宿東1-14-2

TEL 092-806-3049

 

 

肥後象がん展 ~ 四季の移ろい ~

 


 

日 時:令和2年4月15日(水)~26日(日)午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)

            ※延期(会期未定)いたします。

 

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無 料

 

 

 

 

内 容:くまもと工芸会館では、一般社団法人くまもと工芸協会会員の肥後象がん職人の作品展を開催します。肥後象がんは、平成15年に国の伝統的工芸品に指定された熊本を代表する工芸品です。藩政時代は刀の鍔づくりだったという肥後象がん技法は、明治期の廃刀令により、刀から装身具の製作へと移行し、昨年の「2019女子ハンドボール世界選手大会」の受賞用メダルのように、作品の幅をますます広げています。

 今回の展示会では、「四季の移ろい」をメインテーマにした作品約100点を展示・販売し、会期中は肥後象がんづくりの実演と作品の説明等を行います。

 

 

 

1.出展(品)者 

        〇一般社団法人 くまもと工芸協会会員

           河口 知明、東  清次、大住 裕司、坊田 透

           稲田 憲太郎、坂元 光香、麻生  翼

        ○特別出展

         ・松永 淳子

 

 

2.肥後象がんづくりの実演スケジュール

4月15日(水) 大住
4月16日(木) 麻生
4月17日(金) 東
4月18日(土) 麻生
4月19日(日) 松永

4月20日(月) 休館日

4月21日(火) 稲田
4月22日(水) 麻生
4月23日(木) 稲田
4月24日(金) 松永
4月25日(土) 坂本
4月26日(日) 坂本

 

 

 

 

 

 

食卓を彩る 陶磁器展

 


 

日 時:令和2年5月26日(火)~6月28日(日) 午前9時 ~ 午後5時

 

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無 料

 

 

 

内 容:私たちの生活に欠かせない食器。食器は私たちの食卓に彩りを添えててくれます。今回の展示会では、「飯碗と皿」を中心に県内外の陶磁器を一堂に集めます。

 国指定の伝統的工芸品の小代焼や粘土に草花を押して型を取り、焼成後に彩色を施す蒼土窯、そして、滑らかで美しい白磁の砥部焼や会津本郷焼など約100点を出品します。

   素朴で土の温もりを感じさせる陶器、ガラスのように硬質で滑らかな磁器をお楽しみ頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

1.出展(品)者

     ○熊本県  一般社団法人 くまもと工芸協会会員 4人

                 ・近重 眞二(小代焼 たけみや窯)

                 ・岩本 久美恵(千金甲窯)

                                 ・前田 和(蒼土窯)

                                 ・下村 雅子(工房 あねもね)

 

                                 ・工房 樹機 / 天草の磁器

 

     〇愛媛県   東窯 大東 アリン / 砥部焼

 

     〇福島県   草春窯 「工房 爽」 / 会津本郷焼

 

 

 

 

 

首里城再建 応援企画  琉球の民工芸品展

 


 

 

日 時:令和2年7月29日(水)~8月16日(日)

            午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後3時まで)

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無 料

 

 

 

 

内 容:令和元年10月、琉球の歴史的シンボルで、沖縄県民の心の支えである首里城は、正殿をはじめとする多くの棟が全焼するという痛ましい火災に見舞われました。

 当会館では、首里城の修復再建を応援するため、沖縄の民工芸品を一堂に集めた展示会を企画し、沖縄の民工芸品と物産品を販売します。出品作品は、沖縄県の伝統工芸品の琉球びんがたや首里織をはじめ、壺屋焼、与那国織、読谷山花織、八重山ミンサー、琉球漆器、琉球ガラスなど沖縄を代表する工芸品約200点を展示・販売します。

 また、さとうきびで作った純黒糖や沖縄の海水で作った塩の販売もあわせて行います。当会館では、この展示会の益金を首里城の再建に役立てます。

 

 

出展(品)者 

        〇工芸品

         ・首里織 … 那覇伝統織物事業協同組合

         ・壺屋焼 … 壺屋陶器事業協同組合

         ・伝統的工芸品「与那国織」 … 与那国町伝統織物協同組合

         ・琉球ガラス … PGO glass art okinawa

                  再生ガラス工房てとてと

         ・琉球郷土玩具 … 琉球玩具製作所こくら

           ・琉球漆器 … 琉球漆器事業協同組合         

                           ・琉球びんがた … 琉球びんがた事業協同組合

                           ・八重山ミンサー … よりあい織物工房

                           ・読谷山花織・読谷山 ミンサー  … 読谷山花織事業協同組合

        

        ○物産品

         ・沖縄黒糖 … 沖縄県黒砂糖協同組合

         ・日本最西端 与那国島の塩 … 与那国海塩有限会社

 

              

         

       

 

              

 

 

春のあけぼの ~ 新規会員展 ~

 


 

日 時:令和2年5月26日(火)~6月28日(日) 午前9時 ~ 午後5時 

           

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無 料

 

内 容:2019年度の一般社団法人くまもと工芸協会の新規会員作品展です。日本の伝統技術で、釘を使用せずに木の板を組み合わせて製作する指物職人の作品と粘土やワックスの原型に、砕いたガラスと糊を混ぜて焼成してつくるパート・ド・ヴェール工芸作家の作品を出品します。

 木工作品は精密につくった箱物を中心に、またパート・ド・ヴェールは様々な色ガラスを組み合わせた皿や小物入れなど、出品者の技術と個性を表現した作品の数々をご覧頂きたいと思います。

 

 

出展(品)者

 

     

                  ○本田俊徳 / 木工芸

       生年月日  1951年生まれ

       住 所  熊本市

         【略歴】   1989年 … 松本清二氏に師事し木工芸を学ぶ

 

         【賞歴】   2017年 … 第35回西部伝統工芸展 入選

                  2018年 … 第36回くらしの工芸展 入選

 

 

 

     ○田中(たなか) 久美子(くみこ) / パート・ド・ヴェール

       生年月日  1956年生まれ

       住 所  熊本市

        【略歴】    1977年 … 京都精華短期大学美術科絵画コース卒業

                2009年 … ガラス彫刻ワタベ(東京都)へ師事

                                                2011年 … フードパル熊本工房村にイル・チェーロ開設

 

        【賞歴】    2012年 … 第33回筑後市美術展工芸部門

                                                                              毎日新聞社賞 入賞

                2017年 … 第35回くらしの工芸展 入選

 

 

2020 ハンドクラフト フェアー IN 川尻

 


 

1.会 期  令和2年2月13日(木)〜15日(土)

                       午前10時〜午後5時まで(最終日は午後4時まで)

 

2.会 場  熊本市くまもと工芸会館 熊本市南区川尻1丁目3−58 

                             

3.主 催  くまもとハンドクラフトの会

 

4.内 容        熊本県内外で活動するハンドメイド作家17団体の作品を集めた展示会。つまみ絵や手作りの帽子やバッグ、アクセサリー、小物など約100点を展示・販売します。期間中、つまみ細工などの体験教室(無料・数量限定)や2月15日は着付け&ヘアーメイクショーを行います。

 

 

5.出 品  

つまみ絵・つまみ細工 / 代表 巽 秀逸

着つけ屋 -紬-(和雑貨・リメイク品等) / 石坂 陽子

手遊びや -小夜-(手作りバッグ) / 大塚 美佐子

野乃香(布小物・アクセサリー) / 野田 香代

もりママビーズ(ビーズ・アクセサリー) / 森 和子

JUNO(ジュノ) 手づくり帽子 / 馬原 順子

グラスアートY&Y(グラス・シルエットアート・小物) / 藤本 陽子、加賀 由美子

ちくちく堂(おべべ屋雑貨)さおり織・和雑貨 / 石坂 美穂

布あそび工房 -春うらら- / 浦崎 典子

にゃんころりん(ビーズ・アクセサリー) / 郷 みちこ

花 和(アロマワックスバー制作) / 前田 なおみ

ソフト整体㈱ビレモ / 中島 基彰

熊本陶器㈱ / 井芹、太田

日本ミツバチ(100%天然はちみつ) / 代表:櫛島 正、深浦 良子 

手づくり小物 / 田代 有美

原田調整店(染色補正、着物しみ抜き) / 原田 美智子

Nice to Stanp You(スタンプポートレート) / 小山田 将監

       

≪お問い合せ≫

セラピー21 櫛島

TEL 096-358-3193

           

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。