西南戦争と川尻 ~ 錦絵に見るその時 ~


 

 

主 催   熊本市くまもと工芸会館

 

場 所   熊本市くまもと工芸会館 2階企画展示室

 

展示会   平成30年1月25日(木)~2月4日(日)
      午前10時~午後5時(1月29日は休館日です)

 

講演会   日 時  2月3日(土)午前10時30分~
      内 容  西南戦争と川尻(熊本博物館学芸員、中原幹彦)

      日 時  2月4日(日)午前10時30分~
      内 容  川尻町民の行動と苦悩(瑞鷹副社長、吉村圭四郎)

 

協 力   熊本県
      熊本市
      熊本県立図書館
      鹿児島県立図書館
      北海道立図書館
      熊本博物館
      くまもと文学・歴史館
      陸上自衛隊北熊本駐屯地
      神風連資料館
      熊本日日新聞社
      熊本三州会
      無動山 延壽寺
      拝聖院
      瑞鷹株式会社
      熊本市南部地域歴史研究会
      川尻文化の会    
      西 輝喜(川尻文化の会名誉会長)
      田代正之(高知大学名誉教授)
      白石 肇(熊本市南部地域歴史研究会)

 

 

 


1.企画内容 

 明治10年、明治新政府軍と西郷隆盛率いる薩軍が激突した西南戦争は、熊本城から南に8キロメートルに位置し、交通の要所として古くから栄えていた川尻町をも巻き込みました。北上を開始した薩軍にとって避けることのできない「通り道」にある川尻町は、「薩軍本営」、「薩軍の後方支援基地」、また薩軍兵士の「野戦病院」、「戦死者の収容」、「緑川の戦い」に続いての「官軍の本営」と半年近くの間に、目まぐるしい動きを強いられ、戦火から川尻を守った鎮撫隊の誕生と隊長上田休の処刑も悲しい出来ごとです。
 くまもと工芸会館では、その当時の川尻の状況を貴重な錦絵(20点)と県政資料、ジオラマ等で検証する展示会を1月25日(木)から2月4日(日)に開催します。また、2月3日(土)と4日(日)には、①西南戦争と川尻 ②町民の行動と苦悩と題して、熊本博物館学芸員と歴史研究家による特別講演会を行います。
*展示コーナーには、スマートフォンを利用した説明システムもあります。

 

 

 

 

2.展示会場

明治初期ゾーン
  ・明治初期の熊本の状況(地図・パネル)
  ・明治維新と士族(佐賀の乱、秋月の乱、萩の乱と神風連の乱)
   *神風連(敬神党)等の不平士族の乱が西南戦争の導火線。
  ・西南戦争(薩軍の進路、転戦年表パネル、写真)
   *特別展示:四斤山砲、小銃(レプリカ)、砲弾、小銃弾

 

西南戦争ゾーン
  ・西南戦争の始まり(花岡山砲台跡、熊本城戦の錦絵)
  ・熊本城を中心とした薩軍と政府軍の進路図(4㎡のジオラマ)
  ・川尻から政府軍、薩軍(熊本協同隊を含む)に従軍した人もいる(錦絵)
  ・川尻の戦い(家屋の被災状況と見舞金、錦絵、公文書)

 

救難の町ゾーン
  ・町を挙げて救護に当たったお寺や民家、収容者数(川尻町史)
  ・薩軍傷病兵の看護に当たった「ゆきとせつ」の献身的な看護
  ・川尻町等での罹災家屋(被災調査、見舞金申請等の公文書)
  ・薩軍戦死者の埋葬と慰霊祭(延壽寺の薩軍埋葬記録、慰霊祭、
   県内の薩軍戦死者の慰霊碑等の写真、北海道に残る薩軍河尻墓標録)

 

上田休と川尻鎮撫隊
  ・町民の救済に当たった川尻鎮撫隊の隊長上田休は、川尻を戦火から守りながら処刑された。
  (写真、九州臨時裁判所判決文、上田休の人柄、他の鎮撫隊員の判決)

 

西南戦争のまとめ
  ・西南戦争全体をまとめた平成18(2006)年発刊の熊本日日新聞の特集記事(全紙4枚)。
  ・日本赤十字社発祥の原点とされる政府軍、薩軍負傷兵を分け隔てなく看護した
   鳩野宗巴ら11名の医師団の活動。

 

 

 

 

 

 

2018 かわしり 春ものがたり

※PDF版はこちら


 

期 日

睦月ものがたり  平成30年 1月25日(木)~ 

如月ものがたり  平成30年 2月 1日(木)~ 

弥生ものがたり  平成30年 3月 1日(木)~ 3月4日(日)

 

 

1.睦月ものがたり

・西南戦争と川尻 ~錦絵に見るその時~  ※入場無料

 1月25日(木)~2月4日(日)10:00~17:00

西南戦争当時の川尻町の状況を貴重な錦絵と県政資料で検証した展示会。

また、学芸員と郷土史研究家による講演会を開催。

(会場:くまもと工芸会館)

 

 ・お菓子ふれあい絵巻 ~春の陣~ (開懐世利六菓匠)

 1月27日(土)・28日(日)

工芸菓子や盆景の展示、和菓子づくりの実演と販売、お茶席などを設ける。

また、28日午前11時、「木村政彦」の講演会を開催。

(会場:大慈禅寺)

 

2.如月ものがたり

 

・和菓子づくりの実演・販売と体験教室

 2月3日(土)、4日(日)

・和菓子づくりの実演・販売 / 10:00~16:00

・和菓子づくりの体験教室 /  時間:午前の部11:00~、午後の部13:30~

(会場:くまもと工芸会館) ≪定員各30人、材料費未定≫

 

西南戦争と川尻 ~錦絵に見るその時~ 特別講演会 ※入場無料

 2月3日(土)・4日(日) 各日午前10:30~

・西南戦争と川尻(講師:学芸員 中原幹彦) 

・川尻町民の行動と苦悩(講師:瑞鷹副社長 吉村圭四郎)

(会場:くまもと工芸会館)

 

 ・第六回 小代焼春陶祭 (小代焼窯元の会)※入場無料

2月7日(水)~ 12日(月・祝)

10:00~17:00 (最終日は午後4時まで)

国指定の伝統的工芸品小代焼11窯元による初窯出し作品の合同の展示・販売会。

(会場:くまもと工芸会館)

 

 ・夢づくり体験学習 (城南中学校区さわやか推進協議会)

2月10日(土) 9:45~12:00

熊本市中学生地域交流推進事業の一環で、川尻小・城南小の児童たちが、ものづくりに挑戦。

*当日の一般参加は出来ません。

  

川尻史跡めぐり (熊本市南部地域歴史研究会) ※参加無料

 2月11日(日)、12日(月・祝)、17日(土)、24日(土)

/ 定員:各30人  ・10:00~   ・13:30~  

内 容 : 町並みを散策しながら、国指定史跡群(船着き場跡・御船手渡し場跡)等を川尻史跡案内人のガイドで見学。(要予約 受付:くまもと工芸会館)

 

2018 ハンドクラフト フェアー IN 川尻 ※入場無料

2月16日(金)~ 18日(日)

10:00~17:00 (最終日は午後4時まで)

熊本県内外で活動しているハンドメイド作家たちの展示・販売会。

(会場:くまもと工芸会館)

  

・川尻をどり (川尻をどり実行委員会) ※入場無料

 2月17日(土) 14:00~15:00  

子供たちによる本格的な日舞おどりの公演。川尻のお囃子、舞踊教室の子供たちが総出演。

(会場:くまもと工芸会館)

 

・筑前博多の伝統工芸品展 (くまもと工芸会館) ※入場無料

 2月21日(水)~ 25日(日)

10:00~17:00 (最終日は午後4時まで)

福岡県の国指定伝統的工芸品、博多人形や博多織などの伝統的工芸品の展示・販売会。

(会場:くまもと工芸会館)

 

 ・川尻米蔵跡見学会&史跡めぐり(熊本市南部地域歴史研究会・熊本市)※参加:無料

 2月25日(日)10:00~ / 30人 / 1回 

修復工事中の国史跡川尻米蔵跡の内部や川尻の史跡を熊本市文化振興課職員、川尻史跡案内人の説明で見学。 

(要予約 受付:くまもと工芸会館)

 

川尻漫才キッズ×よしもと住みます芸人 ドリームライブvo.(川尻商店街連合会) 

 2月25日(日) 

九州の住みます芸人と地域の子供達による漫才ライブ

(会場未定・定員・入場料未定)

 

 

3.弥生ものがたり

・花の輪・人の輪 -みんなの花展-  

 3月3日(土)~4日(日) 10:00~16:00

小原流熊本南支部会員による花の展示会。

(会場:くまもと工芸会館)

 

川尻米蔵跡見学会&史跡めぐり (熊本市南部地域歴史研究会・熊本市)※参加:無料

 3月3日(土)10:00~ / 30人 / 1回 

修復工事中の国史跡川尻米蔵跡の内部や川尻の史跡を熊本市文化振興課職員、川尻史跡案内人の説明で見学。 

(要予約 受付:くまもと工芸会館)

 

 

「うららコンサート」 (川尻小学校音楽部) ※入場無料

3月3日(土) 10:30~12:00

川尻小学校音楽部の発表コンサート。ルネサスSKY吹奏楽が特別友情応援。

(会場:くまもと工芸会館)

 

 

 

臨時郵便局 (日本郵便㈱川尻郵便局) 

 3月4日(日)11:00~14:00(受付終了 13:30)

瑞鷹新酒蔵出し市で購入した新酒等をゆうパックでの発送受付を行う

(会場:瑞鷹新酒蔵出し市会場) 

 

 

瑞鷹新酒蔵出し市 2018 (瑞鷹新酒蔵出し市実行委員会)

 3月4日(日)11:00~14:00(受付終了 13:30)

「瑞鷹新酒蔵出し市」は、かわしり春ものがたりのフィナーレを飾る一大イベント川尻を満喫できる食と風土の祭典。

(会場:瑞鷹新酒蔵出し市会場) 

 

 

番外編

・川尻お寺deフェスタ(川尻お寺deフェスタ実行委員会)※PDF版はこちら

 3月11日(日) 

川尻のお寺が協力し、各お寺の本堂や境内を開放して精進料理、ワークショップなどの驚きと感動を創出する。 (川尻町一帯)

(受付:未定 問い:未定)

 

 

もっこすファイヤーと一緒に川尻寺めぐり(川尻商店街連合会) 

 3月11日(日) 

吉本芸人(もっこすファイヤー)の案内で川尻と杉島のお寺をめぐる。

(参加費:未定)

    

 

※「かわしり春ものがたり」の詳細は、くまもと工芸会館へお尋ねください。

くまもと工芸会館 TEL 096-358-5711

2018 桃の節句展


 

日 時 平成30年1月10日(水)~2月28日(水) 午前9時 ~ 午後5時          

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

内 容 桃の節句は、女児の健やかな成長を願い雛人形を飾ってお祝いをします。また、男女一対の紙人形を川や海へ流す流し雛の風習が、残っているところもあります。今回の展示会では、県内外の作家が創った雛人形と雛飾り約50点を出品します。現代の住宅にあったコンパクトサイズの雛人形を中心に、木や布、粘土などの素材を用いた個性あふれる作品をお楽しみ頂きます。また、桃の節句には、桃の花を供え祀ることから、桃の花をデザインした布花やてまりなどもあわせて出品します。

 

入場料 無 料

 

 

出 品 

熊本県  / 一般社団法人くまもと工芸協会員 7人

        陶 器 ・・ 岩本 久美惠(千金甲窯)前田 和(蒼土窯)

        押 絵 ・・ 浜田 和代

                        七 宝 ・・ 和田 鈴子

        七宝・彫金 ・・ 鷹端 璃未

        革工芸 ・・ 出 玲子

        肥後革ローケツ染 ・・ 中野 るみ子

       

                     まゆ人形 ・・ やまが門前美術館

          

佐賀県   有田焼 ・・ 株式会社 有田陶芸

                  ちりめん細工 ・・ 重松 眞弓

 

山口県   大内塗 ・・ 有限会社 中村民芸店

 

鳥取県   流しびな・木工立ちびな ・・ 信夫工芸店

 

 

手づくり竹細工 合同教室展


 

 

日 時  平成29年12月16日(土)・17日(日) 午前10時 ~ 午後5時(最終日は午後4時30分まで)

会 場  熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催  藤谷竹細工教室、沖竹細工教室

 

 

 

内 容  くまもと工芸会館で竹工芸を学んでいる藤谷教室の17人と沖教室の14人が、丹精を込めてつくった手提げ籠や花器、しょうけ、ザルなど約100点を展示・販売します。竹細工を手に取って見て頂き、生活の中に取り入れて楽しんで頂きたいと思います。
 また、期間中、「マジック竹筒」(有料)の体験教室を行い、ものづくりの楽しさを体感して頂きます。

 

≪マジック竹筒づくり体験教室≫


日 時:12月16日(土)・17日(日)午前10時~正午、午後1時~午後3時
定 員:各日20人(先着順)
参加料:500円(材料費込)

連絡先 本田 幸一 TEL携帯090-2503-4850

 

2017 熊本の女性工芸作家展 
~ Xmasの贈り物  ~ 

                         ※PDF版データはこちら


 

 

日時:平成29年12月1日(金)~10日(日) 午前10時~ 午後5時まで(最終日は午後4時まで)

 

主催:熊本市くまもと工芸会館

 

会場:熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

 

内容:今年は、「震災復興‼ふるさと熊本」をテーマに、阿蘇、熊本城などの自然や動物、建築物をデザインした作品づくりに取り組みました。そして、「貴方の好きな工芸品」と題して、来場者の方々に、『気に入った作品に投票』して頂きます。一番人気の高かった作品を選ばれた方の中から、抽選で1名様には、ビッグプレゼントをいたします。さらに、この期間中「クリスマスプレゼント」をテーマに、「日替わりの工芸品づくり(1日・1種類・有料)」を行い、ものづくりの楽しさを体感して頂きます。また、熊本市の大学などに留学されている外国人に、工芸品づくりを体験して頂き、日本文化をより深く理解して頂きます。

 

≪日替わり工芸品づくり≫

●日  時    ・・ 12月1日(金)~12月10日(日)
              10:00~16:00 (受付時間:14時まで)
●作品テーマ   ・・ クリスマスプレゼント
●材料費      ・・ 300円 ~ 3,000円
●工芸品の種類  ・・ 刻字、竹工芸、七宝、布花、肥後象がん、
              肥後てまり、キャンドル、肥後革ローケツ染、革工芸
●定  員    ・・ 各日5人(先着順)

 

 

 

入場料    無 料

 

出 品  / 一般社団法人 くまもと工芸協会会員 27人

肥後象がん・彫金 ・・ 坂元 光香
陶 芸 ・・ 岩本 久美恵、下村 雅子
刻 字 ・・ 松岡 桑琳
玩 具 ・・ 鶴田 美知子(肥後てまり)、山隈 政子(肥後まり)池田 尚子(陶人形)、河津 君代(まねき猫)、水野 停子(肥後まり) 
布工芸 ・・ 沖田 松子(機織り)、高津 明美(染)、浜田 和代(押絵)、上野 良子(機織り)、長田 照恵(機織り)
竹工芸 ・・ 岡部 弥生、東 香織
ステンドグラス ・・ 秋永 尚子
七 宝 ・・ 和田 鈴子、鷹端 璃未(七宝・彫金)
肥後革ローケツ染 ・・ 牧野 利枝、梅林 富美子、中野 るみ子
革工芸 ・・ 出 玲子、玉永 久美子
かずら ・・ 村上 由美子
キャンドル ・・ 上村 敏子
布 花 ・・ 森 由美

 

 

 

波うさぎ教室展 ~古布・紙と遊ぶ~


日 時 

平成29年11月22日(水)~26日(日) 
午前10時 ~ 午後5時(最終日は午後3時まで)

 

会 場  

熊本市くまもと工芸会館

熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催  

波うさぎ 川口 照美

 

内 容  

 波うさぎ教室も熊本地震で大きな被災を受けました。今は、古布創作人形や一閑張り、干支(戌)などの作品を皆で楽しく創っています。今回の展示会では、皆様に明るい色彩や古布の魅力を楽しんで頂きたいと思います。ご家族やお友達をお誘いの上、ご来場ください。

 

 

連絡先  

波うさぎ 川口照美  携帯 090-9656-8708

      

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。