8月のイベント・展示会

◇2F企画展示室


◇1F常設展示場


◇1F実演・体験


     ● 8月の日替わり実演・体験スケジュール ※体験一覧表はこちら

 9月のイベント・展示会

◇2F企画展示室


◇1F常設展示場


◇1F実演・体験


     ● 9月の日替わり実演・体験スケジュール ※体験一覧表はこちら

SOJO Design & Art   2018 SoDA×川尻

崇城大学芸術学部 芸術学専攻博士後期課程
及び美術専攻修士課程有志による8人展


 

日 時 平成30年 7月11日(水) ~ 21日(土)  ※17日(火)は休館日

    午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後3時まで)                                      

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

内 容 崇城大学芸術学部の「芸術学専攻博士課程、美術専攻修士課程」の有志8人による展示会です。今年は、日本画や洋画、彫刻など平面・立体合せて約30点を出品します。

 

入場料   無 料

 

出品者   芸術学専攻 博士後期課程 安森 大樹

          

      美術専攻修士課程

        ○日本画  …  鬼木 莉歩、中村 妃菜、水城 崇智

        ○洋 画  …  中島 知宏、廣津 卓郎、植田 将文

        ○彫 刻  …  山下 智愛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久留米かすり  藍華  田中絣工房展


 

 

日  時   平成30年7月4日(水)~8日(日)

       午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時まで)

 

会  場   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主  催   久留米かすり 田中絣工房

 

   

 

内  容   

 田中絣工房は、徳島産の藍で一本一本糸を染め、伝統的な着物から現代の生活様式に合った洋服や小物などをひとつひとつ丁寧に作っています。今回は約150点の手織り作品を展示・販売します。

 久留米かすりの色合いと手織りならではの風合いを皆様にお楽しみ頂きたいと思います。

 

入  場   無 料

 

お問い合わせ 

田中絣工房 代表 田中 麻実子 筑後市高江442-1 

TEL 0942-52-4423 FAX 0942-48-8355

 

2018 夏 の 風 物 展


 

日 時 平成30年7月3日(火)~8月31日(金)

    午前9時 ~ 午後5時                                  

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58

    熊本市くまもと工芸会館

 

内 容 今年の「夏の風物展」は、暑い夏に一服の清涼感を醸し出す様々な工芸品を集めました。透き通るような美しい音色で心を和らげてくれる南部風鈴、吸水性や放熱透湿性に優れた小千谷縮(麻織物)の洋服や帽子、日傘、また、「朝顔」をテーマにした肥後まりなどくまもと工芸会館がセレクトした県内外の工芸品約50点を出品します。

 

 

 

入場料   無 料

 

   

 

出 品   

○一般社団法人 くまもと工芸協会会員

 肥後象がん … 坂元 光香

 陶 器 … 前田 和(蒼土窯)、下村 雅子(工房あねもね)

 肥後まり … 水野 停子 

 竹工芸 … 藤谷 幸也

 七宝・彫金 … 鷹端 璃未

 肥後革ローケツ染 … 梅林 富美子

 

○イ草のござ … 社会福祉法人清香会 / 熊本県

 

○一勝地曲げ(弁当箱) … 淋工房 淋 正司 / 熊本県

             

○砥部焼 … 砥部焼窯元 森陶房 / 愛媛県

 

○小千谷縮 … 水田株式会社 / 新潟県

 

○南部風鈴 … 南部鉄器協同組合 / 岩手県

 

   

 あなたに贈る いっぴん

~第3回おとこ達の職人技展~

(特集 猫に捧げる工芸品)  


      

日 時  平成30年 6月20日(水) ~ 6月24日(日)

     午前10時 ~ 午後5時まで (最終日は午後4時まで)                                     

主 催  熊本市くまもと工芸会館

会 場  熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

入 場  無 料

内 容

 くまもと工芸協会の男性職人(33人)の工芸品づくりの実演と道具、そして逸品の数々を集めた職人技展です。今年のテ-マは、「母や妻、娘そして恋人へのプレゼント」と「猫グッズ」です。男性職人たちが、日々苦労を掛けている女性陣へ、また、恋人へ贈る「いっぴん」に挑みました。工芸職人たちが丹精込めて製作した秀作を展示・販売します。さらに、私たちの心を癒してくれる「猫ベッドなどの猫に捧げる工芸品コーナー」設け、オーダーも受け付けます。ご来場の方へは、コーヒーのサービスもありますので、お気軽にお越しください。

また、期間中は工芸品づくりの実演(毎日2種類以上、体験可能)と、川尻包丁の刃物職人による家庭用包丁の研ぎ(薄刃系、一人2本まで)を特別価格(1本500円)でいたします。

 

     

 

 

出 品  一般社団法人くまもと工芸協会会員(33人)

・肥後象がん

 河口 知明、東 清次、大住 裕司、坊田 透、稲田 憲太郎、麻生 翼

・木工・木彫

 島田 敏和、青木 定夫(能面)、大津山 量、田中 一男

・陶  芸

 近重 眞二(小代焼)、前田 和(蒼土窯)

・竹工芸

 藤谷 幸也、桑原哲次郎、沖 靖幸、園田 陸海、宮本 一男(尺八)

・刃  物

 林 昭三(川尻刃物)、隈部 寛(手打ち刃物)、琉子 雅紹(川尻刃物)

・ガラス工芸

 福山 秀市(とんぼ玉)、野口 圭(とんぼ玉)、岩下 圭介(ステンドグラス)

・布、革工芸

 福永 幸夫(藍染)、久保田 豊(革工芸)

・他工芸、民芸

 厚賀 新八郎(おばけの金太)、永田 禮三(木の葉猿)、井芹 眞彦(彦一こま)

 厚賀俊男(おばけの金太)、竹原 栄太郎(肥後こま)、吉村 好明(葦ペン)

 内野 隆(キャンドル)、上田隆一(金継・修復)

 

 

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。