今昔着物と古布展

 


 

 

 

日 時:令和2年9月9日(水)~13日(日)
    午前10時 ~午後5時 (最終日は午後3時まで)

 

会 場:熊本市くまもと工芸会館 熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催:ククル 中島 貴利

 

  

内 容: 日本の染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わってきました。今回の展示会は、日本各地の染織の着物(結城紬・久留米絣・大島紬など)を紹介します。
 産地と時代の移ろいを見ることで、人々の暮らしと着物の変還が分かります。北陸・東北地方では、木綿の栽培が出来なかったため、木綿の代わりに麻の織物がつくられました。そこには手仕事の「用の美」がありました。
 また、明治から昭和初期にかけてつくられた絣、縮緬、錦紗等の古布はぎれやアンティーク着物から現代の着物、帯など約500点を展示即売。手間と思いが込められた手づくりの温かみのあるものは、年を経て色褪せても失われない深い味わいがあります。是非ご覧下さいませ。


入  場   無 料

 


【 連絡先 】
中島 貴利
福岡県太宰府市宰府5-16-18
TEL 092-555-3323
携 帯 090-4999-1352

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。