2018 ナイトイベント 月あかり

~うさぎの遊園地~

 


 

 

日 時 平成30年 9月22日(土) ~ 24日(月・振休)

 

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

入場料 無 料

 

 

内 容  熊本市くまもと工芸会館恒例の秋のナイトイベント「月あかり~うさぎの遊園地~」。工芸会館の中庭に明るく輝く満月(竹工芸家が製作した直径1.5mの月)の下で、メリーゴーランドやシーソーで遊ぶウサギの家族、そして今年は、空中を散歩するウサギが仲間入りします。このウサギたちと竹あかりが、秋のひと時をメルヘンの世界へと誘います。

会期中は、毎日ヴァイオリンやギターなどの音楽演奏会と若手博多人形師たちが製作した「博多人形妖怪展」(2階展示室)を開催いたします。

 

 

1.月あかり会場 

○9月22日(土) ~ 9月24日(月・振休) ・午後6時 ~ 午後8時

 

 

2.コンサート 会場   

・午後7時 ~ 午後7時40分

○9月22日(土) ・・・デュオベルソン / ヴァイオリンとフルート

○9月23日(日) ・・ ブルーローズ  / オカリナと歌

○9月24日(月・振休) ・・ MSKYギター四重奏団 / ギター四重奏演奏

 

 

 

第四界 博多人形妖怪展

 


 

 

日  時  平成30年 9月19日(水)~24日(月)

      午前10時 ~ 午後5時

      ※9月22日(土)~24日(月)は午後8時まで

         

主  催  博多人形若手作家有志一同

 

共  催  熊本市くまもと工芸会館

 

場  所  熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

内  容   国指定伝統的工芸品の博多人形づくりを担う若手職人たちが、顔や手、足など身体全体で表現した作品は、妖しく恐ろしい「妖怪の世界」です。

「博多人形妖怪展」は、回を重ねるごとに作品がより独創的で工夫された内容となり、河童、蛇女、一つ目小僧、雨降り小僧、鍾馗、鬼、ぬらりひょん、猫女などの高さ約5㎝のミニ妖怪をはじめ、不気味で、ちょっと可愛い妖怪約80点を展示・販売します。

 

出 品 者  梶原 正二、永野 繁大、宮永 誉、田中 勇気、他

 

入  場  無 料 

 

 

今昔着物と古布展

 


 

 

日  時   平成30年9月12日(水) ~ 17日(月・祝)

       午前10時 ~午後5時 (最終日は午後3時まで)

 

会  場   熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主  催   ククル 中島 貴利

 

 

 

内  容 染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わりながら、時代の流れと共に変化してきました。今回の展示会では、久米島紬をはじめ、大島紬・久留米絣・結城紬など日本各地の染織の着物などを中心に展示します。

 また、明治から昭和初期にかけての絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、さらにアンティーク着物から現代に至る着物、帯まで約500点を展示即売します。

「手間と思いを込めた手づくりの温かみのあるものたち」そこには年を経て色あせても、失われない深い味わいがあります。ぜひご覧ください。

 

入  場   無 料

 

【 連絡先 】    

ククル 中島 貴利  

福岡県太宰府市宰府5-16-18

TEL 092-555-3323

携 帯 090-4999-1352 

 

 

秋の宵を楽しむ 磁器とあかり展

 


 

 

 

日 時 平成30年9月1日(土)~10月21日(日)午前9時 ~ 午後5時                                      

主 催 熊本市くまもと工芸会館

 

会 場 熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容 秋の宵のひと時を磁器と和のあかりで楽しみませんか。天草の高浜焼や波佐見焼、有田焼、鍋島焼など九州の磁器が勢揃いします。

 また、西嶋和紙(山梨県)の凸凹模様の卓上ランプをはじめ、竹や木、かずら、ひょうたんなどの美しいあかりが秋の宵を彩ります。さらに、お彼岸に欠かせ ない和ろうそくや創作キャンドルなどをあわせて出品します。

 

入場料 無 料

 

 

出 品   

◆磁 器

○天草白磁器 … 高浜焼 寿芳窯 / 熊本県 

○有田焼 … 有限会社 大日窯 / 佐賀県  

○鍋島焼 … 鍋島虎仙窯 / 佐賀県

○波佐見焼 … 永峰製磁株式会社 / 長崎県 

 

◆照 明

一般社団法人くまもと工芸協会 / 熊本県

   ○木 工 … 島田 敏和 

   ○竹工芸 … 沖 靖幸、園田 陸海

   ○かずら … 村上 由美子

                    

○生野(ぐみの)らんぷ … ニョマン・サカ、松本 雅代 / 熊本県

○水俣和紙 … 水俣浮浪雲工房 金刺 潤平 / 熊本県

○西嶋和紙卓上ランプ … なかとみ和紙の里 / 山梨県

  

◆キャンドル

○上村 敏子、内野 隆 / 一般社団法人くまもと工芸協会 / 熊本県 

 

◆和ろうそく

○株式会社 小大黒屋商店  大津 伊平  / 福井県

 

             

 

 

 

西郷(せご)どんと熊本市」パネル展

 

 


 

 

1.主催:熊本市文化振興課  

 

2.会場:熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

                  電話096-358-5711

 

3.会期:8月7日(火)~10月21日(日)、午前9時~午後5時

  休館日:毎週月曜日、月曜が祝日の時は翌火曜日(但し、10月9日を除く)

 

 

4.内容:明治10(1877)年、日本最後の内戦といわれる明治新政府軍と西郷隆盛率いる薩摩軍が激突した西南戦争。薩摩士族を中心とした薩軍、熊本協同隊ら1万5千と政府軍5万5千人が、その大半を熊本の地で戦った。2月22日、薩軍は熊本城の総攻撃から段山の戦い、高瀬、田原坂、横平、吉次峠で激戦を繰り広げ、政府軍と薩軍併せて1万4千人余りが亡くなった。今回は、熊本市文化振興課植木分室が所蔵する西南戦争に関した特別パネル展です。

 

 

5.展示物:西郷隆盛と敬天愛人

      西郷どんと熊本

      西南戦争時の進退路図

      熊本戦地図と西南戦争史跡

      川尻での戦い図など

 特別展示:四斤山砲と砲弾(実寸大のレプリカ)

                          お問い合わせ先

                          熊本市くまもと工芸会館

                          096-248-4884

 

 

 

 

平成30年 川尻精霊流し


 

 

日時 平成30年8月15日(水)、小雨決行

主催 川尻精霊流し実行委員会  096-358-6892

会場 熊本市南区川尻 加勢川左岸 (新町橋上流400メートル)

内容 午後5時~ 精霊流し舟の受付 (*注意)
   午後7時~ 精霊流し
   午後8時~ 花火大会(打ち上げ花火 1,000発、他)

 

 

*注意  
1、精霊舟の注文(7月17日~8月15日)は、川尻精霊流し実行委員会で受け付けます。
2、精霊舟流しには、参加料(舟の回収料)が必要となります。料金は舟の大きさによって異なりますので、お問い合わせ下ださい。
3、精霊流し、花火大会会場には駐車場がありません。

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。