第6回 おとこ達の職人技展
~ 地震、水害、コロナと対峙して ~

 


 

 

 

日 時:令和3年6月30日(水)~ 7月4日(日)
    午前10時 ~ 午後5時(最終日は午後4時まで)

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無料

 

 

内 容
 近年、全国各地で地震や水害などの災害が発生、また、新型コロナウイルスが蔓延、工芸作家たちはこの苦難と闘っています。今年の「おとこ達の職人技展」は、くまもと工芸協会の男性会員が、「地震、水害、コロナと対峙して」をテーマにした工芸品づくりに挑戦します。
 インテリアに利用できる木の梯子や緊急事態に備えて携帯できる笛、工芸家同士のコラボ作品などおとこ達の職人技が光る工芸品約70点を展示・販売致します。
 会期中は、工芸家の作品づくりの実演(毎日1種類)と川尻包丁の刃物職人による家庭用包丁の研ぎ(薄刃系、一人2本まで)を特別価格(1本500円)でサービスいたします。また、工芸品を3,000円以上お買い上げの方には、特製
の「アマビエ和手拭い」を贈呈いたします。


1.出展(品)者   

◎一般社団法人くまもと工芸協会会員(28人)

・肥後象がん:河口知明、東清次、大住裕司
       坊田透、稲田憲太郎、麻生翼(彫金)

・木工・木彫:島田敏和、大津山量、田中一男、本田俊徳(木工芸)

・陶芸:近重眞二(小代焼たけみや窯)、前田和(蒼土窯)

・竹工芸:藤谷幸也、桑原哲次郎、沖靖幸、園田陸海、宮本 一男(尺八)

・刃物:隈部寛(手打ち刃物)、琉子 雅紹(川尻刃物)

・ガラス工芸:岩下 圭介(ステンドグラス)、福山 秀市(とんぼ玉)

・革工芸: 久保田豊

・他工芸:厚賀 新八郎(おばけの金太)、永田 禮三(木の葉猿) 

     竹原 栄太郎(肥後こま)、厚賀 新太郎(おばけの金太)
     福永 幸夫(藍染)、吉村 好明(葦ペン)

 

 


 

2.工芸品づくりの実演

 

実演日:6月30日(水)~7月4日(日)

 

 

内容:肥後象がん、陶芸、竹工芸など

 

 

久留米かすり 藍華 田中絣工房展

 


 

 

 

日 時:令和3年6月15日(火)正午 ~ 20日(日)
    午前10時~ 午後5時
    ※初日は正午から、最終日は午後4時まで

 

主 催:藍華 田中絣工房

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

 

         

 

内 容:
 久留米絣は、手括り藍染の手織り技術で製作する木綿絣です。絣の模様は緻密で、幾何学や絵画の美しい模様が特徴です。木綿を天然の藍で染め手織りした作品は、素朴で風合いの良い作品に仕上がります。
 今回の展示会では、着物用反物や洋服、小物など約150点を展示・販売致します。

入場料:無料

 


【 連絡先 】
筑後市高江442-1
田中絣工房 
TEL 0942-52-4423
FAX 0942-80-5328

 

 

【熊本市くまもと工芸会館 臨時休館のお知らせ】

※2021年4月25日付

 


 

 

 熊本市くまもと工芸会館は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月26日(月)から当面の間、臨時休館いたします。それに伴い、関連イベントも中止とさせていただきます。 皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。詳細は、以下のサイトをご参照ください。

熊本市新型コロナウイルス感染症情報サイト

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う市有施設及び市主催イベント等への対応について

 

 

 

2021 くまもと工芸会館教室展

 


 

 

日 時:令和3年6月9日(水) ~ 13日(日)
    午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後4時まで)

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

 

入場料:無料


内 容
 この展示会は、くまもと工芸会館事業「年間工芸教室」と「後継者育成事業」で、伝統工芸品づくりを学んだ受講生たちの作品展です。肥後象がん、陶芸、竹工芸、肥後こま、熊本友禅など合わせて7教室の受講生が作った作品約80点を出展します。肥後象がんのアクセサリーや竹の花器、音符がデザインされた陶器など自由な発想でつくった楽しい作品をご紹介します。
 また、年間工芸教室を卒業した後も工芸品づくりに取り組んでいる方々の秀作も特別展示・販売いたします。

 

出展(品)者 
1.年間工芸教室

 

  

○肥後象がん教室 / 講師 : 東 清次、稲田 憲太郎

 


  ○陶芸教室    / 講師 : 下村 雅子

 

 


  ○竹工芸教室   / 講師 : 岡部 弥生、沖 靖幸
   

 

2.後継者育成事業


  ○肥後こま教室  / 講師 : 竹原 栄太郎

 


   ○熊本友禅教室  / 講師 : 塩澤 禅

 

 

第3回 古布リメイク作品展

 


 

 

日 時:令和3年 6月2日(水) ~ 6日(日)  ※5月から会期変更となりました
    午前10時 ~ 午後5時 (最終日は午後3時まで)

 

主 催:古布工房 りんどう

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

 

内 容
 日本の伝統技術でつくられた着物の良さをそのまま活かした洋服やバッグ、帽子など約400点を展示・販売します。現代風にアレンジした洋服や小物などご紹介し、日本の織物の魅力を再発見して頂きたいと思います。会場へはお気軽にお越しください。


入場料:無料

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク特別企画
みんなで工芸品づくり

 


 

日 時:令和3年 5月 2日(日) ~ 5日(水・祝)
    午前10時 ~ 午後3時

 

主 催:熊本市くまもと工芸会館

 

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58 熊本市くまもと工芸会館

 

 

 

 

内 容
 くまもと工芸会館では、ゴールデンウィーク特別企画として、子どもたちが工芸品づくりの楽しさや喜びを体感できる「みんなで工芸品づくり」を開催します。
 今年は、木を使って作るこまや貯金箱、昆虫をはじめ、革、土、ガラスなど様々な材料を使っての「もの作り」に、挑戦して頂きます。イベント期間中は、毎日2種類の工芸品づくりが出来るくまもと工芸会館で、楽しい時間を過ごしましょう!

 


工芸品づくりの体験内容

体験時間:①10:00~11:30 ②13:30~15:00
定員:午前・午後 各5人
対象:小学生 ~ 高校生
受付:4月25日から電話受付開始(先着順)

 

日・曜

内  容

講師名

材料費(円)

特 記

5/2(日)

肥後こま

竹原栄太郎

600

 

革のキーホルダー

玉永 久美子

800

 

5/3(月)祝

木の貯金箱

島田 敏和

800

 

ステンドグラスの小物入れ

秋永 尚子

1,000

持参物:エプロン、綿の手袋

5/4(火)祝

木の枝の昆虫

大津山 量

500

小学3年生以下は保護者同伴

マグカップ(陶器)

下村 雅子

1,000

 

5/5(水)祝

消しゴムハンコ

松岡 桑琳

500

 

ヘアーアクセサリー

鷹端 璃未

1,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。