和風の癒し展 & 苔玉作り体験会


 

 

和風の癒し展 & 苔玉作り体験会

日 時:平成29年9月29日(金)~10月1日(日)午前9時 ~ 午後5時 
※29日は午後1時から、最終日は午後4時まで

会 場:熊本市くまもと工芸会館 熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催:和風の癒し家

内 容:生活空間に和風の創作インテリア作品を飾ってみませんか。見る人の心を癒す植物と和風の飾り台を組み合わせたインテリア作品を展示・販売します。
 さらに、9月30日(土)午前11時~正午に、インテリア苔玉作りの体験教室を開催し、ものづくりの楽しさを体感して頂きます。参加料は980円、定員は10人(来場先着順)で当日お持ち帰りが出来ます。
       
入 場:無 料

 

連絡先 
手島 洪
熊本市中央区黒髪6丁目26-25
TEL 096-343-6410

ナイトイベント 月あかり ~うさぎの遊園地~


 

 

日 時:平成29年9月22日(金)~24日(日)午後6時 ~ 午後8時

主 催:熊本市くまもと工芸会館

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

入場料:無 料

 


 熊本市くまもと工芸会館恒例の秋のナイトイベント 月あかり~うさぎの遊園地~は、工芸会館の中庭に明るく輝く大きな満月(LED4500球使用)の下で、メリーゴーランドやブランコで遊ぶ約25羽(匹)のうさぎたち、そして、水面に浮かぶ蓮の竹あかりが、幻想的な風景を演出します。
 会期中は、ヴァイオリンやギターなどの音楽の演奏と若手博多人形師たちの「博多人形妖怪展」(2階展示室)を開催します。

 

 

≪ 月あかりコンサート ≫午後7時~午後7時40分

○9月22日(金)フルートアンサンブル ティアラ/ フルート四重奏
○9月23日(土)アンサンブル クレス/ 弦楽四重奏
○9月24日(日)石橋 正一  / ギター演奏

第参界 博多人形妖怪展


 

日 時:平成29年 9月20日(水)~24日(日)
    午前10時 ~ 午後5時
    ※9月22日(金)~24日(日)は午後8時まで
         
主 催:博多人形若手作家有志一同

共 催:熊本市くまもと工芸会館

場 所:熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58
     
内 容:若手博多人形師たちが創った妖怪の作品展を開催します。日本各地に昔から伝わる様々な妖怪たちが工芸会館に大集合します。夜になると人に襲いかかるという「がしゃどくろ」や雨の中を楽しそうに駆け回る子供の妖怪「雨降り小僧」など約80点の妖怪を展示・販売します。

            

出品者 博多人形作品
梶原 正二、下川 貴士、田中 勇気、永野 繁大、宮永 誉、光石 貴、野田 祐輔、鶴田 かなこ、藤野 由貴子、他

 

入 場:無 料 

 

お問い合わせ
梶原人形工房 
TEL 092-804-3224  
http://www.tsuchinohana.jp/

             

 

 

今昔着物と古布展


 

日 時:平成29年9月13日(水) ~ 18日(月・祝)
   午前10時 ~午後5時 (最終日は午後3時まで)

 

会 場:熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

 

主 催:ククル 中島 貴利  

 

内 容:日本の染織物は、昔から人々の暮らしに深く関わっています。今回は、大島紬、久留米絣、結城紬など日本各地の染織の着物などを中心に展示します。
 また、明治から昭和初期にかけての絣・縮緬・錦紗等の古布はぎれ、現代の着物、帯からリメイク用着物まで約300点を展示、販売。
  手間と思いを込めた手づくりの温かみのあるものたち。そこには年を経て色あせても、失われない深い味わいがあります。ぜひご覧ください。

 

 【 連絡先 】    
ククル 中島 貴利  
福岡県太宰府市宰府5-16-18
TEL 092-555-3323
携 帯 090-4999-1352

 

 

宝箱 × 肥後モデリングクラブ 合同展示会2017


   

日 時:平成29年9月2日(土)~3日(日) 
         9月2日(土)午前11時 ~ 午後6時
          9月3日(日)午前 9時 ~ 午後5時

会 場:熊本市くまもと工芸会館  熊本市南区川尻1丁目3-58

主 催:キャラクターモデリングクラブ宝箱

内 容:熊本県内の模型サークル、宝箱と肥後モデリングクラブ(HMC)が、合同展示会を開催します。ガンダムなどのロボットを中心に、SF映画などにでる宇宙船やフィギュア、車関連の模型を出品します。また、「自分はこんなものをつくったよ!」という方の模型持ち込みは、歓迎します。自分の作品を皆に見てもらい、楽しい模型談義をしましょう。
 さらに、会期中、プロモデラー・CGモデリング・商品企画等で活躍されている小林和史氏が、来場されます。「メカトロ・ウェーゴ」のデザインの生みの親小林和史氏に、自分で製作したウェーゴ模型を見て頂きましょう!
       
入 場:無 料

連絡先
宝 箱  池田 090-9409-8490
HMC  中原 090-4489-8614

 

※画像は同会場で開催された過去の展示会のものです

 

 

七宝焼と彫金展


             

 
 
日 時:平成29年9月1日(金)~10月22日(日)午前9時 ~ 午後5時

主 催:熊本市くまもと工芸会館

会 場:熊本市南区川尻1丁目3-58  熊本市くまもと工芸会館

内 容:七宝焼と彫金の歴史は古く、日本でつくり始めたのは、七宝焼が6~7世紀、彫金が3世紀頃と言われています。現在も職人たちがその伝統技術を受け継ぎ、新しい生活様式にあった作品づくりに取り組んでいます。
 今回の展示会は、県内外の七宝焼や彫金職人たちの作品を集めた作品展で、江戸時代後期に始まった尾張七宝の花器(愛知県)や仏教文化と繋がりが深い薩摩彫金の皿(鹿児島県)、また、佐賀県の彫金などのアクセサリー、小物約100点を出品します。

入場料:無 料

 

 

出 品


熊本県   / 一般社団法人くまもと工芸協会員
         七宝焼 ・・ 和田 鈴子
         七宝・彫金 ・・ 鷹端 璃未
         彫 金 ・・ 麻生 翼

佐賀県   / 彫 金 ・・ はなたがね 有馬 武男

鹿児島県  / 薩摩彫金 ・・ CuArt

愛知県   / 尾張七宝 ・・ 名古屋七宝協同組合

 

 

 

金太のつぶやき

私たちの暮らしの中で生命を吹き込まれ育まれてきた熊本の伝統工芸品。その伝統工芸品は、時代を超えて芸術性を増し、国境を越えて人々の心に優しさと安らぎを与えています。また、日本の四季が、「創造」と「感性」の豊かさを育み熊本の工芸品に彩りを持たせてきました。海路交通が盛んな時代、海の玄関口であった肥後(熊本)の川尻は、必然的に工芸が生まれる土地柄にあり、その伝統を今日まで継承している町です。川尻のまちづくりの観光スポット「くまもと工芸会館」では伝統工芸普及のために工芸逸品の展示販売と各種工芸教室を開催しています。皆様方の新鮮で創造豊かな感性を「くまもと工芸会館」でぜひ創作してください。